ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この土曜日、神戸の最低気温1℃。風強く、体感温度は氷点下といったところでした。ついに初雪、今年の冬は寒くなりそうです。屋上に上がって、船体布を洗うのも「億劫」になりそうです。

 それはそうと、何故かアクセス数がいきなり「10万」増えました。なんでかなあ?もちろんインチキではありませんよ!直し方が分からないのでほっときます。とりあえず今のアクセス数から10万引いたのが正しい数字です。まあ正直どうでもいいんですが。

 あと紅葉の季節が過ぎたので、とりあえずテンプレートを一旦元に戻しておきました。またその内変えようかと。

                 DSC_0069.jpg

 
写真は一眼レフデジカメの初夜景撮影。特殊な三脚使って撮りましたが、ぶれました。シャッター押した時のぶれという奴ですね。セルフタイマー使おうかとも思ったのですが、とりあえず今回はいいやということで。まあレリーズを近いうちに手に入れる予定なので、それで問題ないかと。深く考えずに撮った写真ですが、なんか気に入っています。神戸の夜景は「100万$」、この写真の夜景は「500$」くらいにしておいてください。

 次回カヤックと絡めて書く予定なのですが、一眼レフデジカメの初「外撮り」に行ってきました。いやあ、ほんと楽しかったです。ちょっとしたアクシデントがありまして、普段なら気落ちするところも、これのお陰で楽しめました。

 しかし一眼レフカメラという趣味は非常に「危険な」趣味です。なぜなら困ったことに、
当分は 

AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II

               af-s_dx_18-200mmf35-56g_ed_vr_2.png
 
 
レンズでいいや(本体と一緒に購入、キットレンズ、ニコン純正)と言っていた自分が、一月もたたないうちに
 
 
 単焦点レンズ  「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
  
                af-s_dx_35mmf18g.png 
                  
 実売価格2万円台前半という価格にもかかわらず、ズームレンズを相当上回る画質と明るさ、そして軽くコンパクトで持ち運びが楽という評価

 
 超広角レンズ 「シグマ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM」 

                Pphoto_8-16_45-56.jpg
 
 現在魚眼レンズを除いて最も焦点距離の短い広角ズームレンズ、最強の画角、これでしか映せない世界がそこにある、でもちょっとF値暗いよなあ

 
 と、この2本のレンズに「非常」に興味を持ってしまいました。一月前の僕のように、全く知識が無いと何を言っているのか分からないと思いますが、面倒くさいので説明はしません(笑)。危険と書いたのは要するに「貴方の財布」が危険なんです・・・。

 このレンズ達を僕の所有艇で説明しますと、
 
 AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR IIは「これ一本でとりあえず大体のことは出来る」といった感じのレンズ。本格的なシーカヤッキングを除いて、大体のことが出来ると言えば、三号艇アルピナ2-430。

 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gは「持ち運び楽で軽量コンパクト、そして単焦点という「焦点距離を変えれないという性質」を、「使う場所限定」というふうに勝手に変換?すると、やはりこいつでしょう、五号艇パフィンスポーツ。

 「シグマ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM」は、これでしか映せない世界がそこにあるですから、もうお分かりかと。ご存知四号艇カサラノ。カサラノはまさに「こいつでしか分からない世界がここにある」という特異性をもつファルトです。

 ええと、ますます分からなくなってきたかもしれませんね。まあとりあえずは一眼レフデジカメをカヤックで綺麗な写真を撮る為に手に入れたのですが、早くも独立した趣味となりそうな予感です(一眼デジカメはもともとカヤックで撮る為に手に入れたのがその理由です、というよりもそうなってしまった、そんな感じがします。気がつけばうっかり単焦点レンズを手に入れていそうな、そんな感じがします、いや確信しています。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
禁断の単焦点レンズ!F値は大事ですよ(笑)
まあでもASA変えれるし今のは性能いいから・・
2010/12/26(日) 11:37 | URL | 鸛 #-[ 編集]
ようこそ、単焦点の世界へ。。。

35/1.8は、何かと良いレンズだと思います。その昔、人間の目に一番近い画角であり、フレーミング等の勉強になると進められていたサイズです。
以前、「ズームレンズの落とし穴・・・」がどうだとかコメントさせて頂きましたが、遠くをアップで写すのが望遠系の役割だと固定観念をいつまでも持っている方が多い様です。ズームレンズだと、目の前にある被写体を何ミリのレンズでシャッターを切り表現したいのかを考えずに、「ぐい~ん」とズーミングしてフレーミングを整えてしまいます。単焦点だと、使用したいレンズのサイズを先ず決めて、カメラマンが主要被写体に近寄ったり離れたりしてフレーミングを整えます。
焦点距離(画角)の違いで、主要被写体が同じサイズでシャッター切っても、かなり違う表現に写ります。
いくら高級な機材を揃えても、写真はカメラマンの技量で決まる一例です。
長々と書きましたが、現代では雑誌等で解説されてるかもですね。。。

屋上からの夜景、良いですね。長時間露光で電車の灯りが帯になって写ったりしたら、カメラ雑誌に出てきそうです。。。

2010/12/26(日) 13:00 | URL | naka #-[ 編集]
写真趣味は、確かに金銭的には危険ですね。油断していると、100万くらいは、すぐに散財してしまいます。
カヤックツーリングには、なぜだか広角の方を多用しますね。街撮りだと、余計なものがたくさんあるので、超広角は使いにくいのですが、水辺はきれいな景色がひたすら広がっている場合が多いので、超広角で閉じ込めるように撮影したいですね。
ただ、一眼レフ用の交換レンズは、設計に制約があり、レトロフォーカス型になってしまい、広角であればあるほど、歪曲収差が避けられないことが大きな欠点です。ミラーのないカメラなら、設計上の制約が少ないので、小さくて歪みのないレンズを作ることが出来るのですが。。
デジタル処理で、歪曲を軽減してくれればいいんですけどね。

レンズの開放F値ですが、まじめに作られた開放F値が暗いレンズは、かなり高性能です。

ただ、一眼レフの場合は、開放F値が、ファインダーを見た時の気持ち良さに直結するのが、悩ましいところですね(笑)


僕は、アルピナ2-430しか乗ったことがないのですが、写真撮影に、向いている艇、向いていない艇というのは、あるのでしょうか?
僕は、その点がカヤック初心者ゆえに、よく分かりません。
写真撮影には、1次安定性があることが、絶対条件ですか?



2010/12/26(日) 13:46 | URL | Oe #mQop/nM.[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/12/27(月) 09:15 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
鸛さん、F値の「1」違い程度なら、どうってことないや、と考えていた時期もありました・・・・。
これだけ違うとは。まあ感度を上げる方法もありますけど、それでも全然違うなあ。

単焦点発注寸前です。
2010/12/27(月) 11:45 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
nakaさん、単焦点の世界へ、早くも?ふみこみます。

> 35/1.8は、何かと良いレンズだと思います。その昔、人間の目に一番近い画角であり、フレーミング等の勉強になると進められていたサイズです。

安い割にはなかなかの性能という評判と、実際家電ショップで使ってみて決めました。まだ発注はしてはいませんが。単焦点レンズの入門にもお勧めとか。



> 以前、「ズームレンズの落とし穴・・・」がどうだとかコメントさせて頂きましたが、遠くをアップで写すのが望遠系の役割だと固定観念をいつまでも持っている方が多い様です。ズームレンズだと、目の前にある被写体を何ミリのレンズでシャッターを切り表現したいのかを考えずに、「ぐい~ん」とズーミングしてフレーミングを整えてしまいます。

 ええと、実はズームはそんなもんだと思っていました。違うのですね。


>単焦点だと、使用したいレンズのサイズを先ず決めて、カメラマンが主要被写体に近寄ったり離れたりしてフレーミングを整えます。
> 焦点距離(画角)の違いで、主要被写体が同じサイズでシャッター切っても、かなり違う表現に写ります。
> いくら高級な機材を揃えても、写真はカメラマンの技量で決まる一例です。
> 長々と書きましたが、現代では雑誌等で解説されてるかもですね。。。


 nakaさんにコメントいただいて、実際ネットで調べてみました。おっしゃるとおり、自分の足で動いて、自分の撮りた場所から、角度から撮るので、腕が上がるというように書いていました。勉強になります。ありがとうございます。カメラの性能やレンズじゃなく、「やはり最後はカメラマンの腕での勝負、いいですねこういうのは。デジタル一眼買ったばかりでなんですが、やはり最後はアナログ(腕己の腕)というのはいいです、本当に。


 またイシケンさんがおっしゃっていた、ズームレンズがカヤック上からの撮影に向いているのは、陸上より相当移動が制限される条件の下、被写体にある程度近寄って撮影すると時間がかかりすぎるので、グループツーリングでそれをやると、いつの間にかおいていかれた単独行になってしまってたなんて事にもなりかねないのと、ソロで漕いでいても、時間をどこまで撮影にかけられるかという問題があるので、ズームが便利なんだとそういうふうに僕は解釈しました。

 まあしかしレンズを交換できるというのが、そしてコンデジとここまで違うのかというのに素直に感動しました。

> 屋上からの夜景、良いですね。長時間露光で電車の灯りが帯になって写ったりしたら、カメラ雑誌に出てきそうです。。。

 レリーズ既に購入済です。長時間露光やってみようかと思っています。ほんといろいろ出来て楽しいですね、一眼レフは。
2010/12/27(月) 12:12 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 写真趣味は、確かに金銭的には危険ですね。油断していると、100万くらいは、すぐに散財してしまいます。

Oeさん、ブログを見てますと、本当にそうですね。とりあえず僕はレンズはこの3本本で様子見のつもりですが・・・・。あとはそのうちそこそこの三脚をと。一応特殊な三脚はもってはいるのですが。


> カヤックツーリングには、なぜだか広角の方を多用しますね。街撮りだと、余計なものがたくさんあるので、超広角は使いにくいのですが、水辺はきれいな景色がひたすら広がっている場合が多いので、超広角で閉じ込めるように撮影したいですね。

 
 超広角の街撮りの弱点・・・余計なものが写り過ぎる、なるほどそういう短所があるのですね。超広角での景色、撮るのが楽しみです。まだ先の話ですが。家電ショップで8-16mm試しましたが、8mmと16mmの画角の違いに驚きました。たかが8mmの差は「されど」どころではなく、「全く」違っていました。来年のいつか手に入れたいかと。


> ただ、一眼レフ用の交換レンズは、設計に制約があり、レトロフォーカス型になってしまい、広角であればあるほど、歪曲収差が避けられないことが大きな欠点です。ミラーのないカメラなら、設計上の制約が少ないので、小さくて歪みのないレンズを作ることが出来るのですが。。
> デジタル処理で、歪曲を軽減してくれればいいんですけどね。

 
 ううむ、まだ私の知識では何故そうなのか?そして分からない擁護もあるので、全ては理解できないのですが、丁度レンズについての本を購入したので、それにいろいろ書いていますから読んでみようかと。しかし分からないことが多いので、それらを調べる事がなかなか楽しいものですね。



> レンズの開放F値ですが、まじめに作られた開放F値が暗いレンズは、かなり高性能です。
>
> ただ、一眼レフの場合は、開放F値が、ファインダーを見た時の気持ち良さに直結するのが、悩ましいところですね(笑)

 シグマの8-16mmもネット上ではなかなか評判は良いようです、超広角という特徴意外にも。
 そうなんです、単焦点の純正35mm、気持ち良かったです。あの値段であれなら、手に入れようと思う人も多いかと思いました。



> 僕は、アルピナ2-430しか乗ったことがないのですが、写真撮影に、向いている艇、向いていない艇というのは、あるのでしょうか?
> 僕は、その点がカヤック初心者ゆえに、よく分かりません。
> 写真撮影には、1次安定性があることが、絶対条件ですか?

 まだカヤック上から撮影はしていないのですが、やはり一次安定性が高い船なら

 撮影時にパドルから手を放している状態でも、ある程度大きな波が来ても沈はしないという点、あと一次安定性が低い艇にくらべて、ある程度の波でもバランスを取る必要が無い点が有利かと思います。普通の状態だとつ艇がグラグラ揺れにくいので、ぶれを回避?できる点も良いところです。

 それに加えてアルピナ2-430はオープンカヤックであるので、一眼デジを入れたクーラーボックスなどが置き易い点、スプレーカバー装着時も、デッキはフラットなので、この状態でも置き易い点が向いていると思います。実際近日中にそれで撮影テストがてら何処か漕いでこようかと思っています。

 ただタンデムで乗っていてのバウ側は要注意です。一眼レフデジカメの機種による防滴性能にもよるのですが、シングルで載っている時より、当たり前ですがバウ側に距離的な余裕がありません。そして重心がシングルの場合は中央なのが、タンデムは前後にあります。要するに人が乗っている場所ですね。2人の体重差もかかわってきますが、シングルより波をかぶりやすい状態になります。そして波に突っ込みやすい状態にも。

 ベタ凪の状態でも、大き目の動力船が起す引き波なんかは要注意です。この辺りも一度その内ブログに書いてみます。

 シングル使用で考えればやはりアルピナは非常に向いていると思います、カヤック上での撮影は。







2010/12/27(月) 12:39 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
かわピーさん、危険な世界に嵌ってしまいました。
脱出不可能な世界に。レンズだけでなく、フィルターやスピードライトその他についてもいろいろと研究中です。

とりあえずは単焦点レンズを。
金欠病注意報発令中です。


>上のプロフィールに、
>八台所有しているデジタル一眼で、日本全国何処へでも』
>という一文が追加される日も、そう遠くないことかと(笑)

 いや本体はとりあえず一眼でじとコンデジで。二眼デジで大きい奴出たらうっかり手を出すかもしれませんが(因みにおもちゃみたいな奴は二眼でもでてますね)
2010/12/27(月) 12:44 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。