ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カヤックコウノトリに寄らせていただく前に、実は近江今津から船に乗って竹生島へ行き、「弁天様」のご尊顔を拝し奉る予定だったのだ。しかし近江今津の定期船乗り場に行ってみたら「冬季休業」・・・・・「THE END」。しかし今日はデジタル一眼レフのニコン「D90」初外撮である。弁天様へのご挨拶はその内、とりあえず今津近辺歩いて適当に撮影、それから京都駅まで行き、駅車内、人ごみの中で撮影(羞恥心をなくす為)、その後カヤックコウノトリに行き、店内撮影させてもらうことに。

         DSC_0058.jpg  

 なんとなく一眼で撮った写真は「輝いている」様な気がする。まあコンデジからすると、画像は相当上だ。640×480ではそんなに僕には違いが分からない場合もあるが、大きい画像では明らかである。楽しすぎるぞ一眼レフよ。 それはともかく、今までは「サムネイル」で画像をアップしていたが、これからはたまにはそのままアップしてみて「変化」を付けてみよう。


     DSC_0042.jpg     DSC_0046.jpg     DSC_0049.jpg    

 店内では冬場のカヤッキングに便利なドライスーツ、ドライパンツ、ドライトップがお買い得値段で、ずらりと並ぶ。後はパドルが結構リーズナブルな値段になっていた。さて店内での河野さんとの話で印象深かったものを書いてみる。

 

 アルピナ450(仮名)

 「そういえば「ルピナ450って結局販売されるんですか」?と僕。

 「フジタさんに聞いてみよう」と河野さん。

 それに対してフジタさんは、「・・・・・」。

 ただ今鋭意検討中。恐らく販売にはなるだろうとなんとなく僕なんかは期待しているがさて。出ると勝手に仮定した場合、やはりターゲット価格は、アルフェックのエルズミア480の値段「238,000円」という所だろう。実売価格がこれ前後なら「かなり面白い」事になりそうだ。後は重量。さて16kg以下に抑えられるだろうか?できれば「軽量コンパクトでスピードの出る」ファルトのシーカヤック誕生となるが如何?

 450cmで幅60cm、日本の沿岸ツーリングならこれで大丈夫でしょ?というサイズ。日本人向けだな。結構興味を持っていたりするのだ、実は。それはともかく、来年1月23日に工場見学及び木津川ツアーがあるので、その時に試乗できたら「インプレッション」を書くとしよう。


 カメラはなかなかにメジャーな趣味なのだろうか?

 河野さんとはカメラの話などしたこと無かったのだが、実はかつて銀塩カメラで野鳥を撮ってたとの事だ。超望遠レンズにテレコンバータつけて、えらい本格的である。知らなかったなあ。因みにこの頃はズームレンズ等無かったらしい。超望遠の単焦点レンズで24枚撮って、内1、2枚いい写真が取れれば御の字とのこと。全滅の時もあり・・・・・ウーン、僕はデジタルにしとこう。ついでに超望遠はズームでいいかな。

 話の中で感度について何故かかみ合わない・・・・感度が低くて殆ど写らなかった事もなんて話が。感度なんてダイヤル回せば上がるんだけどと思っていたら、銀塩の場合、フィルムを変えなければ駄目なのね・・・。デジタルは簡単に上げられるんだけど・・・ついでにノイズ除去についても年々上がっていて、高感度でも結構綺麗だったりするのだが。因みにこの頃は「トライX」「ネオパンSS]というカメラを使っていたとか。カメラじゃないけど、今は既に生産中止になったパソコンの「MSX]やNEC「PC-6601」なんかを思い出してしまった。記憶媒体は「テープレコーダー」だったなあ、あの頃は。今の子供なら発狂しそうなほど読み込みに時間がかかったもんだ。それはそうと最近昔の事をよく思い出す。「おっさん」になってきた証拠だ。若いものにはまだまだ負けん!という気概はもっているのだが、いつまで持つのやら、怪しいものである。

 ニコン「D90]を手に入れて、ネット上の情報を漁りまくっているのだが、溢れんばかりの情報量で「たまらんなあ」というのが素直な感想である。ファルトとは段違いの情報量に嬉しいやら悲しいやら。ファルトに関しては、僕は言うなれば「飢えた犬」みたいなものだ。よだれをたらしながら「情報」というえさを求めてさ迷い歩く・・いや「飢えた犬」は格好悪いので「餓狼」ということにしておこうか(笑)。ありすぎるくらいの情報、ファルトの世界では「夢のまた夢」というのが現実である。


 今回はこんなところで。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
フィルムですよ。貧乏なので白黒が安い時に買いだめルんです。
ズームもありましたが高い、暗いのでパス。ただでさえテレコンバーターつけるのでFが2段階落ちるのに。
私がウエイトリフティングしてたのは望遠レンズを流し撮りするため、F60/3000mmなんか今からは考えられない。カメラははまりこむと底なしですよ(笑)
2010/12/30(木) 14:37 | URL | 鸛 #-[ 編集]
竹生島、残念でしたね。僕も、近江今津から重たい三脚とアルミを担いで、船で行った事があります。その時は、一枚も撮らずに、荷物を運んだだけでしたが。。

超望遠は一眼レフの土壇場ですね。他の形式のカメラでは、超望遠は使えませんから。僕も、白鷺の営巣や白鳥を撮影していた頃があります。野鳥はすごく撮影枚数が多いので、デジタルが向いていそうです。
トライXやネオパンSは、白黒フィルムですね。両方とも、今はモデルチェンジしていますが、僕は今でも愛用しているフィルムです。
高感度域の撮影は、デジタルが向いていそうですね。ISO1600でも、最近のデジイチは、驚くほどきれいですね。

写真ブログは、すごくたくさん存在していると思います。デジカメのこと、クラシックカメラのこと、デジタル処理のこと、暗室のこと、ネタには困りません。

ファルトは、なかなかブログを続けるのは難しいですね。アルピナ450は、僕も興味深々です。このファルト、写真撮影にも使えるのかな。

カメラは、かなりメジャーな趣味だと思います。写真趣味と言っても、何をどこまでやるかが、問題ですけど(笑)
カヤックに乗った風景を撮影している人は、僕が知る限り、ほとんどいないと思います。それで撮り溜めた写真で個展をするといいのかもしれません。

写真は、他の多くの趣味と組み合わせる事が出来るのも楽しいところです。
2010/12/30(木) 17:51 | URL | Oe #mQop/nM.[ 編集]
アルピナ450。
非常に、気になります。。。

銀塩時代のISO感度変更。

私は、FUJIのベルビア(ISOー50)しか使用しなかった為、光量不足でシャッター速度が低い時、仕方なくカメラの感度設定を手動で2段程上げてシャッター速度を稼いでました。
デジカメはISO変更がワンショット毎に出来て、手振れ補正レンズなんぞがありで、三脚を持参しない事が多くなりましたよ。

それから、最近20代位の女子の間で、銀塩マニュアル機が流行っていますか? 
良く見かけるんです。。。
2010/12/30(木) 23:39 | URL | naka #-[ 編集]
Re: タイトルなし
鸛さん、明けましておめでとうございます。フィルムの事でしたか!どこのメーカーのカメラかと思ってましたよ。

一応ズームあったんですね。しかしF60って今では冗談のような世界ですね。

なんにしろ銀塩は大変ですね。フィルムがいらないので、取り捲れるしお金がかからないというデジタルは、気軽で良いです。
2011/01/01(土) 10:33 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
Oeさん、明けましておめでとうございます。
竹生島は失敗でした。まさかでした。

超望遠、優先度は低いものの、いつかは手を出してみたいと思っています。一度はでかいレンズ持って行って、カヤック上から無理やり、野鳥を取ってみようかと。手ブレで難しいとは思いますが。

> トライXやネオパンSは、白黒フィルムですね。両方とも、今はモデルチェンジしていますが、僕は今でも愛用しているフィルムです。
> 高感度域の撮影は、デジタルが向いていそうですね。ISO1600でも、最近のデジイチは、驚くほどきれいですね。

 そうだったんですね、フィルムだったんですね。ISOはデジカメでは簡単に設定できますね。銀塩でも当たり前と思っていましたが、どうやら違っていたのでびっくりしました。


写真ブログは、すごくたくさん存在していると思います。デジカメのこと、クラシックカメラのこと、デジタル処理のこと、暗室のこと、ネタには困りません。

 何故か二眼レフカメラが目に付きました。二眼レフデジカメ(トイデジは既に販売されています)のまともな奴が出たら、面白いと思っていたりします。クラシックなカメラは味があってよいですね。


> ファルトは、なかなかブログを続けるのは難しいですね。アルピナ450は、僕も興味深々です。このファルト、写真撮影にも使えるのかな。

 アルピナ450はアルピナ2-430に比べれば向いてないとは思います。安定性はそこそこはあると思うのですが・・・。凪いでいれば問題ないとは思いますが。


>カメラは、かなりメジャーな趣味だと思います。写真趣味と言っても、何をどこまでやるかが、問題ですけど(笑)
> カヤックに乗った風景を撮影している人は、僕が知る限り、ほとんどいないと思います。それで撮り溜めた写真で個展をするといいのかもしれません。


 レンズ地獄に落ちないように(既に2本所持、候補3本ですが)気をつけます。カヤックからの写真、いろいろ聞きましたが、なかなか難しいようですね。上陸時はいい写真がとりやすいとの事ですが、水上からはそもそも被写体が限られるし。個展は・・・・・。


> 写真は、他の多くの趣味と組み合わせる事が出来るのも楽しいところです。

 確かにそれが凄い大きな長所ですね。旅とはセットになりそうです。



2011/01/01(土) 11:18 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
nakaさん、明けましておめでとうございます。

> アルピナ450。
> 非常に、気になります。。。

 工場見学時に載れそうであれば乗ってきます。レポートお待ち下さい。
 またフジタさんに経過でも聞こうかなと(河野さん経由ですけど)思っています。


> 銀塩時代のISO感度変更。
>
> 私は、FUJIのベルビア(ISOー50)しか使用しなかった為、光量不足でシャッター速度が低い時、仕方なくカメラの感度設定を手動で2段程上げてシャッター速度を稼いでました。
> デジカメはISO変更がワンショット毎に出来て、手振れ補正レンズなんぞがありで、三脚を持参しない事が多くなりましたよ。

 銀塩でもある程度は感度を上げれるんですね。手ぶれ補正は相当効いているとか。最初からそれだったので効果があんまり分かっていません。まあ補正のスイッチを切ってとってみれば分かるのでしょうが。三脚持参しなくていいのは機動力が上がってよいですね。

 カメラ屋だけでなく書店のカメラコーナーでも女性を見かけます。マニュアル機はやっているんでしょうか?
 
> それから、最近20代位の女子の間で、銀塩マニュアル機が流行っていますか? 
> 良く見かけるんです。。。
2011/01/01(土) 11:28 | URL | てっさん #-[ 編集]
ここ数年、写真趣味の女性は、増えております。
金属製の古いフィルムカメラは、彼女らに人気があるみたいです。彼女らの、お父さんが使っていたカメラかもしれませんし、アクセサリー感覚なのかもしれません。

 我が家には、僕の父親が小学生の頃に使っていた蛇腹のカメラがあります。60年くらい前のカメラですね。そのカメラで、僕は、僕の息子を撮った事があります。とても気の長い年月を経ていますが、そういうのって、とてもいいなって僕は思うのです。

 オリンパスのE-P1等、ミラーレスのデジイチも女性に人気がありそうですね。テレビCMも、そんな感じですしね。

 ファルトも女性が増えるといいのですけどね(笑)

 では、今年もよろしくお願いします。
 
2011/01/01(土) 14:54 | URL | Oe #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
Oeさん、なるほどやはりそうですか。昨日、書店に行ってきましたが、女性向けの本なども何冊かありました。確かにアクセサリー感覚かもしれませんね。


>我が家には、僕の父親が小学生の頃に使っていた蛇腹のカメラがあります。60年くらい前のカメラですね。そのカメラで、僕は、僕の息子を撮った事があります。とても気の長い年月を経ていますが、そういうのって、とてもいいなって僕は思うのです。

 
 蛇腹のカメラ、梅田のヨドバシカメラで見ました。未だに新しい奴が売っているとは思っていませんでした。親子代々というのは良いですね。うちの親父がどうやら「ニコン」のレンズもっているらしいので、ニコンならもしかするとマウントが合う可能性もあるので、ちょっと試してみようかと。写りがひどくても、それは「味」ということで。

>>オリンパスのE-P1等、ミラーレスのデジイチも女性に人気がありそうですね。テレビCMも、そんな感じですしね。
>
>  ファルトも女性が増えるといいのですけどね(笑)
>
>  では、今年もよろしくお願いします。

ミラーレス、以前検討したこともありましたが、どうせやるなら一眼レフだと。まあ正解でした。
女性ファルト乗り、増えたらいいですね、たしかに。まあしかしそれは難しいですけど・・・。

 こちらこそよろしくお願いします。またいつかご一緒してください。琵琶湖ならいつでも行けます。


 
2011/01/02(日) 11:09 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。