ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   DSC_0152.jpg


 今回は「屋上からの景色」スペシャルバージョンでお届けします(笑)。
 写真はマンションのベランダから撮った神戸の夜景です。親しい知り合いの家にお邪魔しました。因みに、カメラ界の小さな巨人「レリーズ」を使用して撮影しましたが、3000円程度でこの働き、まさに「感服致しました」といったところです。

 
 アルピナ450


           IMGP0057_20110108143715.jpg     IMGP0058_20110108143715.jpg

 写真はフジタカヌーから届いたアルピナ450の現状・・・・・・全然進んでいない?と思いきや結構具体的な話が出てます。じらすようですが、詳しくは次回に書きます。今年のファルトシーカヤック戦線は熱くなりますよ!アルピナ450、予想以上の価格で販売されそうです(まだ販売決定ではないですが)。


 カヤックで一眼レフの秘密兵器

 アドバイスいただいたとおり、とりあえずはクーラーボックスに一眼レフいれて、あとタオルとアルピナ2-430に取り付ける「カヤックフィッシング用パドル置き」を使っていってみようかと思ってましたが、ネット上で「これはいけそうだ」というものを発見。早速注文しました。これについては、到着後、平日の朝にでも須磨にてテストする予定。請うご期待!?


 当初は

 今年から「折畳み自転車」での電車行(ある程度はカヤック出撃場所偵察に使う為)をやろうと思ってましたが、デジタル一眼レフを手に入れてしまったが為、それどころじゃなくなってしまいました。まあ熊野権現とイザナギ、イザナミの神々のお導きということで。

 以前載せたレンズ意外にもマクロレンズと超望遠レンズの2本、現在所有している2本とあわせて5本体制で臨もうかと思っています。それにカメラ本体と5本のレンズ、その他装備関係全部入れても余裕のある大型のリュックタイプザック、本格的三脚と足りないものの一気買い、別名「大人買い」に走りそうな自分が怖いです。まあ早いか遅いかの問題だけなので、早めに手に入れて習熟するのも良さそうです。でも楽しみは後に残すということを考えると、さてさてどうしようか?といったところです。正直金欠気味ですしね。

 今回はこんなところで
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
写真は、楽しくって仕方がない時期だと思います。夜景もいいですね。長時間露光で車のテールライトを撮ったりとか。僕は、いつか夜景を撮ってHDR画像を作りたいと思っています。

アルピナ450。。予想以上の価格っていうのは、予想以上に高いということですか?それとも、予想以上にリーズナブルってことですか?ちょっと気になります(笑)

撮影機材は、中古市場が充実していますね。新品価格と比べて、中古価格に割安感を感じることが出来るなら中古がいいかもしれません。
大阪は中古カメラ屋がたくさんありますね。ヤフオクもありますし。僕もよく利用しております。

いつか、アルピナ2-430で、写真撮影しながらのカヤックツーリング、ご一緒させてください。
2011/01/08(土) 23:20 | URL | Oe #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
 Oeさん、最初は「コンデジより画質良く、奥行きもある程度出せる、「カヤック用」デジカメのつもりで買いましたが、今は全く独立した趣味となってます。

 夜景、なかなかいいですね。HDR調べました。なかなか凄いものですね。場合によっては写真と絵の間のような画像になったりで面白そうです。

 アルピナ450は続編で書いたとおりですが、予想以上にフジタカヌー、気合が入っています。

 大阪にそんなに中古カメラを扱っている店あるんですね。大阪にはよく行くので、ちょっと覗いてみようかと思います。実は以前コメントにも書いたのですが「二眼レフ」に興味を持ち始めています。

写真撮影カヤッキング、是非今年の春にでもよろしくお願いします。こっそりOeさんが撮影されているところを凝視(笑)させていただきます。
2011/01/10(月) 12:15 | URL | てっさん #-[ 編集]
 大阪駅周辺には、たくさん中古カメラ屋があります。何も買わなくってもはしごだけで一日終わってしまいます。グーグルで「大阪 中古カメラ」で検索すると最初のサイトに紹介されておりますね。

 二眼レフ、これは奥が深いですね。僕も一台、持っております。てっさんが書いておられた、トイカメラではない二眼レフのデジカメは、発売されそうにありません(笑)

 今の時代ですと、フィルムを使うのなら、35mmではなく、ブローニー(中判)以上がいいですね。そういう意味では、二眼レフは良い選択です。カヤックからの撮影はまるで向いておりませんが(笑)

 二眼レフは電子化されておりませんので、フィルムが生産されている限り、てっさんと共に生涯を過ごせるカメラでもあります。

 あと、フィルムスキャナーがあれば、デジタルデータとして持つことも出来ますしね。スキャンに時間がかかるようですけど。

 二眼レフは、古今東西新旧のカメラから選ぶ事になりますが、古いカメラを調べていると、第二次大戦以降の国際情勢も同時に頭に飛び込んで来るのがおもしろいです。 
 
2011/01/10(月) 12:39 | URL | Oe #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
Oeさん、実はこの連休の一日使って、早速中古カメラ屋を回ってきました。

 まさか二眼持っておられたとは。あの形もそうですが、6×6の特にモノクロを見て「グッ」ときました。古い物は意外と値段も安かったりしますね。でもはたしてしっかり動くのかってところでしょうか。
購入費より修理費が高くつく場合があると、ネットでもまた訪ねた店の店長も言ってました。

 二眼のデジカメ、出たら面白いでしょうが、二眼にする意味がなさそうなので出そうにないですね。
 トイデジニ眼のように、上のレンズはダミーならともかく。

 それはともかく何故か二眼ならモノクロがいいなと思っているので、早速ブローニフィルムのモノクロを調べています。
 
 二眼、電池も要らないらしいですね!いやほんとびっくりしました。まさにアナログの塊です。
 これを気にある程度、整備できるように本でも買おうか悩んでいますが、当方非常に不器用なのです・・・。

 戦前のものもあるのが凄いですね。ちゃんと動くか心配ですが。まあ買うとしたら実物見てからですので。それから壊れたらまあ仕方ないということで。

 因みにいろいろ調べてみての候補ですが、「リコーフレックス」「マミヤC220」「ローライフコード」とこの3種類(実際は型がいろいろあるらしいのですが)からとなりそうです。値段的にも、構造上も特に前者2つは単純で整備も楽、故障もしにくいとのことなので。

2011/01/11(火) 14:15 | URL | てっさん #-[ 編集]
早速、大阪の中古カメラ屋に行って来られたのですね。もしかして、カヤックで周ったのですか?(笑)

僕は、普段よく使うのは4×5(インチ)のカメラです。頭に布を被って撮影するカメラです。
二眼もたまに使います。僕が持っているのは、マミヤC330Fです。

二眼レフは、ローライ型とマミヤC型の二種類に分類されると言っていいでしょう。前者はレンズ交換出来ず、ボディはペコペコです。しかし軽量ですので、ハンドリングがいいです。名機もあります。手持ち撮影のスナップにも威力を発揮します。

マミヤC系はレンズ交換が出来たり、すごい近接撮影が出来たりといろいろな場面に対応出来ますが、重いです。フィルムの平面性もローライ型よりも優れています。マミヤCでも220であれば、330よりは軽いですけどね。

ローライ型、マミヤC型は、使う用途を同じには出来ないかもしれませんがどちらも魅力的です。

リコーフレックスニューダイア、ローライコード4型は、僕もいつか使ってみたいです。あと、チェコスロバキア製のフレクサレットというカメラも使いましたが、これもなかなかいいです。

それから、電池は確かに必要ありませんが、自動制御はまるでありません。露出はどのように決めますか?
デジカメを常に携帯して露出計代わりにするか、単体露出計を買うか、そのどちらも使わず、勘と経験で撮るか、いずれかになりますけど。


それから、モノクロフィルムですが。ISO400クラスならコダックの400TX、ISO100クラスなら、フジのアクロス100が、僕はお勧めです。特にアクロスは、もうこれ以上ないくらいの高性能なフィルムです。

撮影後、どのようにしますか?外注で現像しますか?プリントも外注ですか?

モノクロフィルムの場合、外注は現像代が高価なうえ、仕上がりが悪いです。モノクロフィルムは、ISO感度で撮影すると、良い結果にはなりません。しかし、外注だとISO感度の現像になります。減感、増感は、割り増し料金になるはずです。

そこで、、、

もし、ご興味があればですが、自分で現像すれば安いうえに、良い仕上がりを得ることが出来ます。難しいものではありません。

フィルムを現像するための初期投資は、うまく買えば1万円もあればいいでしょう。暗室は必要ありません。明るい部屋で出来る方法があります。現像のランニングコストは、フィルム1本あたり、数十円です。そのフィルムをスキャンしてPCで楽しむのが現在ではいいのかと思います。

さらにもっと奥深いところへ進む予定があるようでしたら、またご案内します(笑)










2011/01/11(火) 20:07 | URL | Oe #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
Oeさん、詳しい説明ありがとうございます。徒歩でふらふらと3件ほど行きました。
5件ほど回る予定が、2件店がなくなっていました。カヤックでは厳しそうですね(笑)。ドライスーツ着たまま中古カメラや入っていったら、店主がどんな顔をするか、面白そうですが。何故か相当まけてくれたりして・・・・。

>> 僕は、普段よく使うのは4×5(インチ)のカメラです。頭に布を被って撮影するカメラです。
> 二眼もたまに使います。僕が持っているのは、マミヤC330Fです。

 てっきり35mの一眼銀塩かと思っていましたが、なるほどそうだったんですね。
 でマミヤC330お持ちだったのですね。実は行った店においてあったので触らせてもらいました。
 重めですが、結構重厚感あってよかったです。220はより簡素なつくりとネットで見たので、
不調になっても何とかもしかすると整備できるかもしれなと思ったのと、単純ゆえに壊れにくいとネット上で書いてあったので好感を持ちました。 二眼レフは、ローライ型とマミヤC型の二種類に分類されると言っていいでしょう。前者はレンズ交換出来ず、ボディはペコペコです。しかし軽量ですので、ハンドリングがいいです。名機もあります。手持ち撮影のスナップにも威力を発揮します。

 ローライタイプの軽さも魅力ですね。まだまだ情報集めて、中古カメラ店回ったりして、「我慢」出来なくなったら買います。


> リコーフレックスニューダイア、ローライコード4型は、僕もいつか使ってみたいです。あと、チェコスロバキア製のフレクサレットというカメラも使いましたが、これもなかなかいいです。

 フクレサット!ネット上で噂になってました、なかなかチェコ製も侮れないと。
 ほんといろいろあって悩みます。二眼専門店なんてあれば助かるんですけど、それじゃあ食べていけないですね。


> それから、電池は確かに必要ありませんが、自動制御はまるでありません。露出はどのように決めますか?
> デジカメを常に携帯して露出計代わりにするか、単体露出計を買うか、そのどちらも使わず、勘と経験で撮るか、いずれかになりますけど。

 露出に関しては、これもネットで見たのですが、大体とりあえずF8かF11で後は晴天か曇天かで適当にやろうかと思っています。2、3本のフィルムは操作や撮影の練習との兼ね合いも合って、捨てるつもりです。まあ体で覚えようかと思っています。


> それから、モノクロフィルムですが。ISO400クラスならコダックの400TX、ISO100クラスなら、フジのアクロス100が、僕はお勧めです。特にアクロスは、もうこれ以上ないくらいの高性能なフィルムです。

 フィルムはアクロスを使う予定です、しかしそんなに高性能だったんですね。5本セット単位で撃ってますね。この5本とも失敗覚悟で撮影してみてもいいかもしれません。


> 撮影後、どのようにしますか?外注で現像しますか?プリントも外注ですか?
>
> モノクロフィルムの場合、外注は現像代が高価なうえ、仕上がりが悪いです。モノクロフィルムは、ISO感度で撮影すると、良い結果にはなりません。しかし、外注だとISO感度の現像になります。減感、増感は、割り増し料金になるはずです。
>
> そこで、、、
>
> もし、ご興味があればですが、自分で現像すれば安いうえに、良い仕上がりを得ることが出来ます。難しいものではありません。
>
> フィルムを現像するための初期投資は、うまく買えば1万円もあればいいでしょう。暗室は必要ありません。明るい部屋で出来る方法があります。現像のランニングコストは、フィルム1本あたり、数十円です。そのフィルムをスキャンしてPCで楽しむのが現在ではいいのかと思います。

 Oeさんがおっしゃられていたフィルムスキャナーを購入してデジタルかを考えています。暗室はとても無理です。あと正直現像代も馬鹿にならないし、持って行くのも面倒くさいです。しかし外注すると質がもう一つというのは不思議なものですね。折角お金払ったのにこれかいな?といったところです。

 
> さらにもっと奥深いところへ進む予定があるようでしたら、またご案内します(笑)

 またその時がもしくれば・・そこまで入り込むどうかですが、アマチュアですので気楽に肩に力入れないで、楽しむことをモットーに使用かと思っています。

 Oeさん、もしかするとプロの方ですか?カヤックを所有されている方で結構写真のプロの方がいらっしゃいます。写真とカヤック、なにか相通ずるものがあるんでしょうか。

 しかしほんとカメラ・写真の世界はDEEPですね。

 それはともかく、アドバイスありがとうございました。
2011/01/11(火) 23:44 | URL | てっさん #-[ 編集]
クラシックカメラは、出会いのものですからね。我慢できなくなったときに、店頭にお目当てのものがあった時が、そのカメラとの縁ですね。

僕はプロではありません。写真は趣味です。

露出は、てっさんの方法で問題ないと思います。
晴れの日の日中、順光であれば、F16、シャッタースピードは感度分の1であれば、適正露出が来ます。

カメラの世界は、てっさんがおっしゃるとおり、いくらでも情報はあります。しかし、てっさんのブログがとても貴重ですよ。

それでは、楽しめるといいですね。
2011/01/12(水) 00:24 | URL | Oe #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
Oeさん、さてどの二眼が僕の元に来るか、楽しみです。後2つほど候補が増えました。
ミノルタオートコードcds、ヤシカマット124G。まあこの辺りが良さそうです。

ミノルタオートコードCDSはその写りと見た目に引かれました。ただ人気があるのでやや高めです。
ついでに言うと、行った中古屋には置いてませんでした。
 
 灯台下暗しとはよく言ったもので、神戸駅近くにマニアご用達の中古カメラ屋がありました。
 ちょっと覗いてきます。品揃えよく、修理も相当できるとの事です。いい奴あったらここで「決断」するのですが。

 順光・晴天でF16ですね!古い二眼レフはどうもある程度絞ることを前提に作られているんじゃないかと、ネットで書いてました。まあフィルムをある程度犠牲にすれば分かることですが。

 このブログ、病気にでもならない限り書き続けるつもりです。しかしもう少しファルトのブログが増えて欲しいものですね。

2011/01/13(木) 00:13 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。