ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 香住でのカヤック行で夏の日本海の良さを再認識したので8月15日は再度日本海は美浜から常神を漕いできました。前日に美浜のビジネスホテル宿泊、朝から漕いで常神までいき、そこで西日本S会と合流させていただくことに。前半は単独行、後半はグループツーリングになりました。確実に合流する為に出撃艇は壱号艇の「シーショア」を選びました。では漕行記を。


 15日の朝、ホテルを出てカヤックをカートに乗せごろごろ北方向の浜(松原海水浴場)まで歩いていく途中の神社で航海の安全を祈願する。


 浜に到着すると、海はべた凪、カサラノでもアルピナ2-430でも、SS-1やクイーングースですら問題ない状況。まあ確実性ならシーショアということで艇の選択は間違いではないが。ちなみにこの松原海水浴場はコンクリートの地面がありフォールディングカヤックの組み立てに良く、海際までもすぐ近くでなかなかの出艇地である。


 海水に2度ほど浸かりクルーダウンしつつ艇を組み立て、荷物を積み、出発。時刻は午前8時少し前。 酷暑日にはクールダウンできる浜が目の前にある場所から出艇、これが夏の「掟」となりそうだ。
 


 もうひとつ考えたのは、冷蔵庫で冷やした氷水を持って行き、頭からかけて組み立てる、暑くなった再度かけるという方法。これは今度やってみよう。クールダウンしながら組み立てるよりは効果も落ちるだろうが、これなら出艇場所の制限が少なくなる。


 IMGP1186.jpg  IMGP1189.jpg  tunakami.jpg




 話をもとに戻して、取り合えず目の前に見える岬に向けてシーショアを漕ぐ。水質は非常に良く、今日の旅の期待がいやがうえにでも高まる。常神半島の裏側(東側)は水質が高いと評判なので楽しみだ。(地図上の線の色違いは分かりやすく色分けしているだけで、いつもどおり漕行ルートを示しています)


 IMGP1193.jpg    IMGP1196.jpg  IMGP1197.jpg


 岬を回っても相変わらずべた凪、微風。景色と水面をみながらののんびりパドリング。暑いのでたまに手をとめて水をかぶる。動力船も少なく、シーカヤックを満喫。


       IMGP1198.jpg   IMGP1202.jpg

 左手には三方五胡への入り口が見える。右手は水平線。


 IMGP1205.jpg  IMGP1206.jpg  IMGP1210.jpg

 今度の岬は、岩と岩の水路上になった場所をくぐりつつ越える。べた凪ゆえに何の問題もない。そこを越えると左手には日本海らしい雄大な景色、水質も一段と良くなり、ため息が漏れそうなほど。シュノーケリングをされいる方もちらほら見かける。今回は水中マスクを持ってきているので合流した後に楽しもう。
 


      IMGP1215.jpg   IMGP1219.jpg 



 ずっとのんびり調子で奇麗な海をこいでいると岬の先端に赤い岩を発見。不思議な岩だなと思いながら近づいて撮影。そこをまわると目の前にとんがり山が。最初は「常神半島の先端はこんな地形だったかな」と思ったが、御神島だった。どうやら岬一つ間違えていたらしい。あまりにも景色と水質が良く意識がどっかにいってたのか?カサラノの処女航海がいかに余裕が無かったか改めて認識。


      IMGP1220.jpg   IMGP1231.jpg



 御神島を目の前に望む常神半島の先端部で、小さな浜を見つけたのでそこで上陸してクールダウン。のんびりシーカヤックできる幸せを噛締め?つつ海水につかりつつ御神島を眺める。15分ほど後、常神へ向かう。


 そろそろS会のメンバーも出艇準備を終えている頃だろう。


 
 

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
こんばんは~。お邪魔します。
写真で見るだけでも美しいですな。
来月楽しみ。
それまでにどっか一回ぐらい下りに行きたいが、忙しい。
昨日は海水浴行ってきました。
こないだの栖原海岸より奥の西広海岸。西広海岸から出艇してる人もいるみたいやね。昨日はいてなかったけど。
2007/08/27(月) 19:01 | URL | すみ #-[ 編集]
ええやろ
常神はええよ、ほんまに。かなり奇麗だ。来月ほんまに楽しみやね。
シーカヤック欲しくなるよ。

 西広海岸は遠浅の浜なのと組み立て場所が土なのでファルトボートにはそんなに適してないのね。ただリジットならいいかも。

 まあ川にいけなくても充分満足できまっせ、常神で。あとはいい天気を祈るだけ。
2007/08/27(月) 23:14 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/41-b2c08738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。