ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 小説でもドラマでも映画でもいいんですが、「ちょっとややこしい奴」が帰ってきたときに使われる事のある言葉です。何故かこの言葉が好きだったりします。大概その対象人物は「暗黒街の大物」「トラブルメーカー」「悪党」だったりしますが。 さて私は何者でしょう?(笑)

   やっとこさ戻ってきました、こちら側に。ほんの少し「いい写真」が撮りたいが為に手を出した「デジイチ」から始まり(まだこの時点ではそこまではまってはいなかった)、二眼を手に入れ「フィルムカメラ界」に入り込み、次は「フォールディングカメラ」そして35mm版の一眼レフをいただき、最後はあの「ライカ」それもバルナック型・・・。参考までの写真を。


    IMGP3335.jpg    IMGP3340.jpg    IMGP3332.jpg
 
 それ以外にも防湿庫やカメラバッグ、スキャナー、フィルムや主にフィルムカメラ関係の備品等、本も20冊ほど(雑誌を含む)、フィルムもブローニと35mmをカラーモノクロそれぞれ・・・・総金額はまあ気にしないでおきましょう。お陰様でどうやら相当長く続く、もしかすると一生物の趣味になるかもしれません。


 一応新しく手に入れたカメラを簡単に紹介

 ツァイス・イコン「スーパーイコンタⅣ型」

      DSC_0127.jpg     DSC_0125.jpg     DSC_0130_20110215171507.jpg

 フォールディングカメラ(蛇腹カメラ?)中の「王」と称された高級カメラです。因みにこのⅣ型は1950年代に作られたものです。 もともとこれの小さいタイプである「スーパーセミイコンタ」を検討していたのですが、中古カメラ店にて触らせてもらった時に「意外と軽く、たたむと相当コンパクト」だったので、迫力があるこちらに変更することに。何故か重くて実用性が・・・なんて書いている本もありましたが、思っていたより軽めです(800gだったかな)。

 一度目にすると忘れられない優美なスタイルとたたむとダウンジャケットのポケットに入るくらいの小さなサイズになるのはいいですね。ついでに書いておくと、フォールディングカメラは状態のいいものがあまり無く(特徴である蛇腹もこの機種は強いほうらしいのですが)、基本的に穴が開いている奴が多かったり、レンズが当たり前のように曇っていたりしたのが多かったです。たまたまそういう状態の物にあった可能性もありますが、それにしても探すのに苦労しました。

 蛇腹カメラはクラシックカメラとしてはあまり人気は無いとのことで、値段も安め。僕の独断と偏見ですが、安くクレームの可能性が(蛇腹にあいている穴はなかなか分かりにくい)高そうなこのカメラ、売れたところで利幅もたいしたこと無いの で、とりあえず置いているけど、整備せずにほったらかしなんて店がそこそこあるように思われますが、さてどうでしょう?

 渋く使って楽しいこのスーパーイコンタ、フィルムも手動で巻くのは当たり前ですが、自動巻き止めではないので、巻きすぎると「コマ」をそんします。120ブローニで8枚撮れますが、ついつい行き過ぎて5枚しか撮れなかったことも。シャッターフィルム巻上げとは連動せず一回ご とにチャージがしっかり必要。絞りやシャッター速度、ピントも勿論マニュアル。まさに「フルマニュアル」機といったところです。


           img105.jpg     img114_20110219020039.jpg 

 写りについては、カラーは「ヤシカマット124G」と似ているような気がしますが、モノクロはよりコントラストがはっきり出ているような気がします。モノクロはかなり私好み。流石は「オプトンテッサー」、まるで伝説の美女「メデューサ」の瞳が空間を石化したような(ちと大げさ)、ということにしておきましょう。一応書いておきますと、メデューサはもともと美女だったのですが、あのすけべの「ゼウス」がちょっかいを出したが為、嫉妬深いヘラに恐ろしい姿に変えられてしまった「悲劇」の美女です。因みに神戸の「ヒラノカメラ」にて購入。
 

 ミノルタ「SR-T101」 (一番上の写真左側中の一番左)

 実はカヤックコウノトリの河野さんからプレゼントしていただきました。
 その金属ボディーは「凶器」となりかねない頑丈さ。うっかり振り回したら、その辺のヤンキーごときは「一撃粉砕」してしまいそうな・・まあ頑丈そうです。そして発売当時(40年前前後?)新方式の露出計を搭載で相当話題になり売れたらしいです。今でも結構ネットで見ますし、人気があるみたいです。ついでに、というより人気が出た理由の一つが「ロッコールレンズ」。ネット上で写真を見ましたが、かなりシャープで現代的な写りをしてました、この当時既に。しかしこの機種の僕にとっての魅力はそのシャッター音。結構大きいです。その響きがなかなか心地よく、「カシーーン」なんて必殺の一撃の如く響き渡ります!なかなか面白いです。それ以外にもいろいろいじってみたましが、まさにこれぞ「機械」とも言うべき構造をしていて、フィルム入れなくても楽しめたりします。

 ただフィルム装填がなれないとやや面倒で、1度目はフィルムを駄目にし、2度目はちゃんと入れたつもりが、しっかりと巻けていなくて、24枚撮ったつもりが、全くフィルムは巻き上げられて折らず、「撮ったつもりが24回のからシャッターだった」という結果になってしまいまし た。3度目は何とか問題なく出来ています。さてどんな写真になるのか楽しみです。


 ライカDⅢ+キャノン50mmF3.5(一番上の写真左側中の一番右)

 いわずと知れた「ライカ」で、バルナックタイプの1934年製です。もともとライカを避けるつもりが、いろいろ調べていくうちに気がつけばライカにたどり着いてしまったといったところです。それで渋い奴を探していると黒のDⅡとDⅢがひっかかり、Ⅱには無いスローシャッターとストラップ取り付け場所?があるⅢを選んだと言うわけです。

 フィルム装填がこれまたやや面倒でフィルムにも細工しないといけないのですが、装填してしまえば予想以上に使いやすく気に入ってしまいました。一応撮った写真を下に掲載。構図や被写体云々よりも取り合えず不具合が無いかの試写なので「出来栄え」はご勘弁を・・・。

    img096.jpg     img107.jpg     img111.jpg
 
 キャノンのレンズは「エルマー」タイプでまずまずの写りではないでしょうか。結構私好みの写りをします。

 噂には聞いていましたがやはりライカは魔力みたいなものがありますね。ただライカ狂にはならなさそうですが。 次に狙うはヘクトールの50mmか73mm、比較的安価な135、それとも別に35mmの他の広角レンズも欲しいものです。これも「ヒラノカメラ」にて購入。出来るだけ「癖玉」狙いで遊ぼうかと。と気がつけば「カメラ」ばっかりやないか・・というわけでカヤックの話に戻ります。

 最近カヤックに行こうとすると天気が悪かったりします。まさに「バチ」があたったというところでしょう。まあ今は申告のシーズンなので書類作成で忙しい為、とりあえずそれを先に片付けてから「すっきり」した後に再開するのでもいいんですが。今月20日にはグランストリームに寄せてもらう予定ですし。

 さてととりあえず?出撃できていないので、ファルトとカメラ(またか(笑)に関して「そのはまっていく感じ」を比較して2回に分けて書いて見ます。といっても僕のことなので、書いているうちに話が脱線するかもしれません。

 ファルトに「はまったな」と感じたのは以前にも書きましたが、シーショアで日生諸島初漕時です。大多府島に上陸した時の「じんわり感じる幸福感」は未だに鮮明に覚えています。「こんなにも楽しい事があるなんて」と思ったものです。

 カメラに関してはご存知の通りですが、既に一年は経っているんじゃないかと思ってしまうほど、ここ最近は「濃密な時間」を過ごしていました。デジイチだけでなく様々な銀塩カメラに手を出し、撮影だけでなく撮影までの手間隙を「クラシックカメラ」で楽しみ、時にデジイチのオートフォーカス+あっというまのデジタルデータ化の便利さにうなり、また撮影しても現像できるまでその「出来」がわからない銀塩カメラの「わくわく感」を味わい・・・・・いい加減に一旦熱病から覚めるために上記の用に「欲しい本体を短期間の内に全部購入」という結果に。

 またカメラ話が長くなってしまいましたが、ついでに中古カメラ店を回りまくった経験から何点か思ったことを書いてみます。最早ファルト専門ブログじゃねえとお叱りを受けそうです。まあいいですけど。


 やはり保証付きの店で

 ライカのスローシャッターが粘るので、見てもらいました。あっという間に治りました。保障期間内なので無償。ただダイヤルが重めなのでサービスでオーバーホールもやってくれることに(神戸・ヒラノカメラ)。保証無しの現状渡しなら一体幾らかかったのだろうかと思うとやはり自分で治す自身の無い人は保証付きがいいかと思います。となると店主自身が修理できるところがいいとなります。

 
 灯台元暗し

 結局「ヤシカマット124G」「スーパーイコンタ」「ライカDⅢ」は全て神戸の店で購入させてもらいました。マツミヤカメラとヒラノカメ

ラです。どちらも保証付きであることは言うまでもありません。何気に神戸の中古カメラ店はレベルが高い?

 
 デジタルカメラは

 「黒船」と呼ばれていますが、「明治維新」といった方が良いと僕なんかはおもいます。北海道に撮影に行った方の話を「こっそり」聞き耳をたてて聞いていましたが、今は殆ど全て「デジ一」とのこと。年配の方がどんどんデジカメに移行しているとのことです。意外と年配の方はフィルムにこだわる方が多いのかと思いきや・・・・デジ一は確かにいいですから。でもフィルムはフィルムで凄い魅力的なんですけど。両方やればいいんじゃないかと思うんですが・・。

 最近雑誌を見ると女性向けにもフィルムカメラ特集なんて組まれています。フィルムカメラ界の救世主になるやいなや?

 
 カヤックやカメラの精神的な効果?
 
 友達の集まりに行くと最近は「カヤックやるかカメラやるか」なんて言っています。 
 ファルトに乗ると「ストレス」が融けて行きます。
 カメラをやると「人に優しく」なります。これはびっくりでした。さほど人好きでもない私が、最近人に関心を段々持つようになってきました。そのうちポートレートも撮ってみたいものです。

 
 
ブローニーフィルムは男前! 

 
35mmフィルムより大きいです。そして巻き戻ししなくてよく、巻きっぱなし仕様、つまり行きっぱなし仕様・・・そうあれです。「電車でカヤック」と同じです。ついでにいうと6×6でも6×4.5でも6×7でも6×9でも大丈夫。かなりおおらかな奴ですね。ついでに歴史も古いし。なんか男前のフィルムです。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
あぁ・・・

やはりてっさんは、あっという間に遠くに行ってしまわれた・・・(笑)
2011/02/16(水) 09:44 | URL | かわピー #JalddpaA[ 編集]
 蛇腹の中判カメラは6×9になったのですね。フォーマットを大きい方が何かと有利なので、いいのではないでしょうか。
 ライカはM型ではなくバルナックにされたのですね。
 防湿庫、これはあった方が絶対にいいですね。2回くらいレンズにカビを生やすと修理代で買えてしまいますからね。カヤックで撮影していて、うっかり水没させても、これで乾けばいいのですが、そうならないところは残念です(笑)
2011/02/16(水) 21:17 | URL | Oe #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
> あぁ・・・
>
> やはりてっさんは、あっという間に遠くに行ってしまわれた・・・(笑)


 気がつけばフィルムカメラの世界に飛び入り、それも何故かクラシックカメラの世界にどっぷりです、かわピーさん。

 最近は中古カメラや巡りが楽しみとなっています。思えば絞り?被写界深度?シャッターチャージ?って何ですか?という時代が懐かしいです。
2011/02/17(木) 00:53 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>  蛇腹の中判カメラは6×9になったのですね。フォーマットを大きい方が何かと有利なので、いいのではないでしょうか。

Oeさん。スーパーイコンタの迫力に負けてしまいました。ついでに言うと状態がセミイコンタよりもやや良かったのもあります。大きめのフォーマットというのもいいものですね。ただ自動巻き止めでないので、写真のようにコマ間うまく区切れないのが難点ですが・・。

>  ライカはM型ではなくバルナックにされたのですね。

 実用のM型も考えましたが、比較的安価でそそる形のバルナックに行きました。M型もいつかもしかしたら、というところです。M6良さそうですね。調べました。実用としてはM型でも最高とかいてあるところもありますね。

 防湿庫、これはあった方が絶対にいいですね。2回くらいレンズにカビを生やすと修理代で買えてしまいますからね。カヤックで撮影していて、うっかり水没させても、これで乾けばいいのですが、そうならないところは残念です(笑)

 防湿庫、修理代を考えれば確かに良いかと思います。ちゃんとカメラ関係をまとめて安全に保管できるものいいですし、防湿庫からカメラを取り出す瞬間も少し快感です。

 水没・・・気をつけます。クラカメは海にはもって行く勇気が出ませんが、琵琶湖なら落とさない限り大丈夫そうですね。花見辺りでもしかしたらどれかを持っていこうかと。
2011/02/17(木) 01:00 | URL | てっさん #-[ 編集]
てっきりファルトの世界に戻ってきたのかと思いましたが、まだだったんですね。(笑)

しかし、フォールディングカメラなるものが有ったとは今まで知りませんでした。
2011/02/17(木) 21:03 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、20日にグランストリームにて復活予定です。カメラ沼恐るべしデス・・・ほんと。
フォールディングカメラ、渋いです。ファルトと違ってあっという間に撮影準備完了します。

 フォールディングカヤックでフォールディングカメラ、わたしとしては通らないといけない道です(笑)。
2011/02/18(金) 01:30 | URL | てっさん #-[ 編集]
いやー、ハマってますねー
凄いですね、カメラ写真への情熱。わずかの期間によくぞそこまで…(;^_^A

写真業界は純粋に写真が好きな人やカメラなんかのメカ好きな人など色々いますが両方みたいですね

ブローニーフィルムはまたマニアックです、自分もペンタ6×7で結構撮ってました
露出計を使ってばっちり写した中判ポジフィルムは驚異的に美しく、今だにたまに持ち出します、カヤックに乗せたこともありますよ(^o^;

蛇腹カメラはホースマンと言う奴を使ってたことがあります。フィルムはさらに大きくいわゆる大判と言う奴で4×5、シノゴというサイズ
まさにフルマニュアルカメラでしたが勉強にはなったような気がします

今はデジタルが99%ですがフィルムならではの質感はやっぱりいいです
久しぶりにポジ撮るかな
2011/02/18(金) 21:22 | URL | イシケン #IqMj.zRI[ 編集]
Re: いやー、ハマってますねー
> 凄いですね、カメラ写真への情熱。わずかの期間によくぞそこまで…(;^_^A
>
> 写真業界は純粋に写真が好きな人やカメラなんかのメカ好きな人など色々いますが両方みたいですね

イシケンさん、えらいことになってしまいました。写真やカメラをある意味「なめて」ました。極楽の底なし沼に落ちていくような感じです。やりたい事が山ほどあり、使ってみたいカメラやレンズもいくらでもあり、読んでいない本も・・・・。


> ブローニーフィルムはまたマニアックです、自分もペンタ6×7で結構撮ってました
> 露出計を使ってばっちり写した中判ポジフィルムは驚異的に美しく、今だにたまに持ち出します、カヤックに乗せたこともありますよ(^o^;

 そうだったんですか!中版カメラ、その内琵琶湖に持っていって撮るつもりですが、海はちょっと勇気無いです、正直。調子に乗って書きましたが、数十年前のカメラを潮で壊すのはやはりまずいかと。金銭的な事もそうですが、より以上になんとなく「冒涜」間が芽生えてきました。

 ポジフィルム、スキャンが確か出来ないとの事なので、手を出していませんが、今度使ってみてそのうちの何枚かプリントしてもらおうかと思います。



>
> 蛇腹カメラはホースマンと言う奴を使ってたことがあります。フィルムはさらに大きくいわゆる大判と言う奴で4×5、シノゴというサイズ
> まさにフルマニュアルカメラでしたが勉強にはなったような気がします

 ホースマン、そういえばネットで見たことあるような。4×5は迫力ありそうですね!
 そういえばこの間読んだ「カメラマガジン」という雑誌に8×10使っている写真家が書いていて、その写真の迫力に度肝を抜かれました。


> 今はデジタルが99%ですがフィルムならではの質感はやっぱりいいです
> 久しぶりにポジ撮るかな

 フィルムカメラに手を出すと、デジタルの便利さもよく分かるようになりました。あまり書いていませんが、結構ニコンのD90は持ち出しています。まあしかし困ったものやら嬉しいやら、えらい趣味を始めてしまったようです。
2011/02/20(日) 00:00 | URL | てっさん #-[ 編集]
すごいハマリ様ですね。
ご無沙汰してます、ファルトにカメラにすごいハマリ様ですね、今度お会いしたらカメラ見せて下さいね。 河野さんにも言っておいたのですが手持の露出計使ってみませんか、使わないのがあるので差し上げますよ。(デジタルではないですが)セコニックSTUDIO DELUXEという露出計です。
ちょっと、写真を撮るのに刺激になるかと思うのでのぞいてみて下さい。
   ↓
http://www.47news.jp/araki/
2011/02/23(水) 14:31 | URL | ヒー #-[ 編集]
Re: すごいハマリ様ですね。

 こちらこそご無沙汰しております、ヒーさん。

 デジタル一眼だけで行く予定だったのです、当初は。ついつい本屋で二眼レフ関係の本を発見、興味を持つに至りました。フィルムはコストかかるし、撮ってもすぐに確認できないし、はまることは凪いだろうけど、とりあえずやってみようと思い手を出したら、このザマです。

 しかし全く後悔はないですが。

 露出計、ありがとうございます。実はそのスタジオデラックスが本日届きました・・・。クラシックカメラに合いそうなのと、相当勉強になるとの事なので昨日発注、今日到着。すいません。

 またそのうちカメラ持っていきます。10台くらいまででやめておきます。

 リンク先?じっくり見させてもらいます。ありがとうございました。

 

2011/02/23(水) 23:18 | URL | てっさん #-[ 編集]
ライカウイルス?
ライカウイルスの感染は、私のほうが先かな?
M2をだいぶ前からもっています。お気に入りのレンズは、ズマロン35mm2.8,リコーのGR21mm Lマウントなどです。
ちなみにヒラノカメラは家から歩いて10分です。ライカの21ミリファインダーを悩んで通ったことも(笑
2012/04/10(火) 03:04 | URL | kensei_kobe #klq26XPE[ 編集]
Re: ライカウイルス?
kensei_kobeさん、もう少しでかかりそうになりましたよ。お気に入りのレンズしかし渋いところですね。
当方もMタイプは検討していたのですが、ミノルタの一眼レフに興味が移って、その後は大判カメラ、今は現像、その次は引き伸ばし機でも購入してプリントと、そんな感じです。

 ライカレンズのお気に入りは、ニッケルエルマー50mm、ヘクトール135mm、スナップショットスコパー25mmというところです。そのうちズミタール50mmの戦後型が欲しいと思っています。その描写というよりも、あのちょっと「いかれた」フードをつけて使ってみたいからです。それはそうとライカのファインダーは「冗談」のように高いですね!

 ヒラノカメラ、結構近いのですね。というよりも当方の自宅とお住まい結構近いですね。これはそのうち艇を手に入れられたら是非ご一緒してください。
2012/04/12(木) 23:48 | URL | てっさん #-[ 編集]
近い?
自宅、近いと思います。最近買った車の写っている場所も、犬連れて、食べに行ったことがあるかも?
ミノルタは好きなメーカーです。M-rokkor28ミリと、ライツ純正のアダプターでW-rokkor21mmF4.5も持っています。
SRT101をミラーアップしてつけるやつです。ファインダーもありまっせ!今度貸しましょうか~(笑
2012/04/13(金) 17:47 | URL | kensei_kobe #klq26XPE[ 編集]
Re: 近い?

 kensei_kobe さん、そうでしたか。2人でやっている料理店です。背の高い方、頭てからしたハゲボウズがわたしです。

 ミノルタもってらしたのですね。ミラーアップして付けるタイプのレンズというのはマニアックですね!
 で実は当方のミノルタはαマウント(AFタイプ)の方なんです・・・。
 STFと100mmソフトレンズその他マウントアダプター利用でいろんなレンズつけて撮ってます。
 
 金環日食に向けて望遠レンズでも手に入れようかどうか迷っています。
 反射望遠レンズの500mmでAFタイプ検討していますがさてさてどうしようかと思っています。


2012/04/14(土) 16:46 | URL | てっさん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/09(水) 19:51 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。