ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
 さて何故か今頃2月20日の琵琶湖横断ツーリングについて書きます。グランストリームにお願いして、なんとなく大きく見える「ウィスパー」をお借りし、参加してきました。なんとなく大きく見えると書きましたが、厳密に言うと「明らかに大きく見える」ウィスパーでした。こいつはもしかすると「特注か」・・・・いや最早既に「ちょんばれ」・。それでは書いてみます。

 カメラにかまけて3ヶ月、久々にそこそこ距離を漕ごうとグランストリームのツーリングに参加。ううむ、なんか「懐かしいぞ」。しして置く琵琶湖の美しい景色が「まぶしい」ぜ。今日はレンタル、指定艇は「明らかに大きなウィスパーXP」。何故かハッチが3枚あるぞ。去年も乗せて貰ったので、こいつには2回目だ。

 今回のメンバーはユーザー男性2人と女性3人、そしてガイド役は勿論「大瀬」さんなので丁度男女比が同じだ。グランストリームがそうなのか、フェザーらクラフトユーザーがそうなのか、分からないが、フジタカヌーユーザやアルフェックユーザーに比べると、シングルに乗る女性ユーザーが多いのが特徴だ。

  IMGP3359.jpg     IMGP3362.jpg     IMGP3361.jpg

 それはともかく、グランストリームで準備を整えた後、出撃。ウィスパー2艇(TさんはXP、Yさんはノーマル女性陣)、K2(Kさんご夫妻)、私(ビッグウィスパー)、大瀬さん(ウィスパー)という連合艦隊。とりあえず湖上に出てから大瀬さんの注意。「なるべく離れずにいきましょう」。そのた「ローカルな風」についての注意などをお聞きし、一路長浜に向けて漕いでいく。とりあえずは竹生島へ。

 予報では風が殆ど吹かない事になっていたが、どう考えても「やや強い」といったところ。横や斜め横からの風をいなしながら(といっても当方のビッグウィスパーはラダーついているので降ろしっぱなしで問題なし)、リハビリ漕ぎ。ウィスパー乗りのTさんは、この状況で漕ぐのは初めてなのでちょっと大変そう。だが大瀬さんのバッグアップが控えているから問題ないのは言うまでもない。

     

  IMGP3383.jpg     IMGP3388_20110328144039.jpg     IMGP3397.jpg

 離れずに行くつもりがなんとなく「ちょっと離れているように見える」がまあ細かいことは気にしない。風と波に戯れながら1時間と少しかかって(正確な時間を失念)竹生島の横にある小さな島に上陸。何気にここは初めてだ。しかし竹生島にあれだけいた鵜が居ないのは冬場ゆえなのか?それはともかく、ここで昼食休憩。休憩している間にも風が更にアップ。波が大きくなってきているのが分かる。ウィスパーと違う感覚の「ビッグウィスパー」に空にで乗っていたので、「沈はしないだろうが、ちょと怖い」という感覚だったのだが、ここに着くまでには大体乗りなれていた。まあ後半も大丈夫でしょう。

  IMGP3395.jpg     IMGP3398.jpg     IMGP3403.jpg

 しかしそれにしても奥琵琶の雪景色は素晴らしいものだとつくづく思う。漕ぎながら見続けて飽きること無しであった。それはともかく、20数分の休憩後、出撃。とりあえずは姉川河口越えたところの公園?に向けて出撃。追い風は追い風だが、いやらしい斜め後ろからの風と波。大瀬さんは波に乗って凄い勢いで行っては帰ってくる。Kさんご夫妻はK2に自作セーリングでなるべく漕がない「ノンパドリング」ツーリング。Yさんは、流石にウィスパーを漕ぎまくっているようで結構余裕のツーリング、Tさんはちょっと大変そうだが何とか着いてきている。

 当方は体を久々のツーリングに慣らしつつ漕いでいるという感じ。前に後ろに行って写真を撮る。一度波乗りしたものの、最後に急旋回してしまい、うっかり沈しそうに。やばかったぜ。

        IMGP3418.jpg     IMGP3415.jpg         
   
 まずまずのペースで漕いで気がつくと姉川河口の公園に到着。ここで最後の休憩。ここまでくれば大丈夫。Yさんにいただいた暖かいお茶で一息ついて、長浜に向かって漕いでいく。30分少しで到着、艇を舗装された場所まで上げ分解・撤収。久々にまともなツーリングで結構充実感が遭った。そしてビッグウィスパー改め・・・・・コースタル・・・これも改め、フェザークラフト社が強者に捧げる新艇「ヘロン」(鷺の意)がついにそのヴェールを脱ぐ!

 と何故ここまで引っ張ったか?それは新艇の情報解禁が長引いた為だったりします。まあフェザークラフトユーザーの方にはすでにばればれだったりしていたとおもいますが・・。それはともか皆さんお疲れ様でした。特にTさんお疲れ様でした。

 次回から2回ほど裏話を含めて「ヘロン」について書きます。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
ついに発表されましたね~!

あと2回、楽しみです!
2011/03/28(月) 22:49 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
サスケさん、こんなに遅くなるとは。
やっとこさ解禁です。

コースタル改めヘロン・・フェザークラフトの本気艇ですね。
2011/03/30(水) 17:14 | URL | てっさん #-[ 編集]
上の左の写真いいですね。
やはりバックに冠雪の山々は味わい深い。
2011/04/01(金) 19:01 | URL | 鸛 #-[ 編集]
Re: タイトルなし

 鸛さん、奥琵琶湖は最高のフィールドのひとつですね。
 
 今年も花見は奥琵琶湖予定です。

 丁度10日あたりは桜の開花も丁度良さそうな感じですね。
2011/04/02(土) 17:20 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する