ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
                            img695_20110518144819.jpg      

  さてネオパンSSによって現世に戻ってきた(たんなるフィルム好感及びレンズ交換だとも言うらしい)。赤外撮影は「ベロフレックス28mm」という正体不明の国産レンズ、今度は「SMCタクマー55mm」というペンタックス製のレンズ。
 
 ネオパンSSというのはたしか僕が生まれる前からあったはず。それが改良されつつ今に至るという。僕のイメージしていたモノクロはこのネオパンSSの写り(レンズも関係あるかも)だったのか、とネガをスキャナーで取り込んでみて思ったこと。まあそれはいいとして、とっととツーリングの続きを書くとしよう。

 時間はまだまだある。とりあえずまた曽島に渡る。単独行はやはり素晴らしい、時間の使い方、ルートは貴方任せ、そして単独行ならファルトに如かずというのを改めて実感する。とそんなことを考えながら、出撃場所に戻ることに。今回はこれで上出来だ。最悪鹿久居島で止めようかとおもっていたので、まあ90点でしょう。


    img688.jpg     img691_20110521165719.jpg    img714.jpg

 漕いでは撮って漕いでは撮って(単焦点レンズなので近寄ったりしないとならないから時間がかかるのだ)で結構時間がかかる。ツアーや集団で漕ぐのならコンデジがやはり良いだろうが、すでにコンデジだけには戻らない体になってしまったのは困ったものだ。

    img715_20110521165719.jpg    img722.jpg    img724_20110518122509.jpg

 本土と曽島間を本土よりの工場群を見上げながら漕いで、後は北上。まあ正直何度も来ている日生、書くことないんだよな・・・というわけで数枚の写真を。モノクロはやはり良いものだ。

 到着は3時頃、リハビリには程よい風、天気はもう一つだったが、とりあえずは少しは漕げるくらいに回復できたことを確認。それにしてもカヤックというのは楽しいものだ。久しぶりに「溶けていくストレス」というのを感じた。そして水上旅のよさも。後は体調完全回復というところだがさてどうなることやら。今年は水質の良い場所に例年以上に癒されたいものだと思っている。ほんと疲れているのだ。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
No title
もしかして、この日はカラーが撮れる装備は持っていかなかったのですか?
かなり症状が進んでますね。
いいことです(笑)
2011/05/18(水) 18:16 | URL | Oe #mQop/nM.[ 編集]
No title
単独行はやはりいいですね。

自分のペースで全てが進められるところが好きです。

自由にさぼれますし。
2011/05/19(木) 00:42 | URL | サスケ #-[ 編集]
No title
私は昨日日本海にいって朝もやと太陽の高度でちょうど逆光になり納得する写真が撮れず。安全の為には朝一で難所を通りたいがいい写真を撮ろうと思うと角度的に昼から・・ 安全を取るか写真を撮るか?更に基本は一期一会のカヌーを変えていいところは何度でもにするか? まだまだ悩みは尽きません。とにかく東西南北の目標までいってから思い出の場所を巡ろうかなと思ってます。
2011/05/19(木) 12:51 | URL | 鸛 #-[ 編集]
Re: No title
Oeさん、この日はコンデジ及びカラーネガフィルムもっていきませんでした。赤外モノクロとモノクロの2本のみです。

 行きなれた場所なので、これでよいかと、という感じでいきました。なかなかいいですね、モノクロフィルムのみというのも。

 しかし困ったものです、既にデジタルよりフィルムカメラが3倍以上楽しいと感じています。そしてRB67で一旦打ち止め予定が、防湿庫を整理してみると後1台いけそうな・・・・・・いつか欲しいと思っていた

 「コンタックスAX」さていついってしまうか、時間の問題です・・。
2011/05/19(木) 23:59 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: No title
サスケサン、単独行はやはり良いものです。

ツーリング途中でここぞという場所を見つけたらそこでのんびり過ごしたいと思いつつ漕いでいることもよくあります。

グループツーリングならこれは許されませんが、単独行なら問題なしですね。
2011/05/20(金) 00:03 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: No title

 コンデジならともかく、これから、特に単独行時は夏場以外は持っていける限りもって行こうと思っています、フィルムカメラ。勿論難所越え等時にはもっていかなくて、漕ぎに専念しようかと思いますが。

 しかしフィルムで撮った写真を後で見ると(といっても殆ど僕の場合はデジタル化した画像ですが)、その時の情景が浮かび上がってくるのは素晴らしいものです。
2011/05/20(金) 00:06 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。