ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
 6月5日の日生行について、やっと書くとします。リハビリツーリングの第二段といったところです。今回は480スペリオ乗りのS君と二人、彼の行ったことが無い日生のエリアに行くことに。出撃艇は参号艇アルピナ2-430。それでは書いてみます。
        
 今日も元気?にフィルム一眼の「REVUE」をもって来た。今年のツーリング記録は、全てモノクロでと思ったが、やっぱりやめておこう。それはそうと最近、京セラ(コンタックスブランド)の「コンタックスAX]という電子シャッター式一眼レフを手に入れたが、改めて「REVUE]のファインダーの見難さを認識。まあおかげさまで被写界深度目盛を読むようになったので、レベルアップに繋がったことを考えるとこれはこれでよかったかも。ついでに露出計不調により、より一層「ヤマカン」露出レベルもアップしたし。ついでに言うと「男単焦点」一本である。いい加減ズームレンズを探して手に入れたのだが、意外と単焦点一本でもなんとかなるものだ。

   img2712111.jpg    img277111.jpg    img2761111.jpg

 それはともかく、とりあえずいつもの場所から出撃、曽島に向かう。この間もそうだったが、今回も何故か船の数が少なく、比較的静かな日生だ。天気予報では晴だったが、しっかり曇っている。その分気温がやや低めで快適だ。しまったやはりモノクロだったか・・・。ついでに言っておくと、今回使ったカラーネガフィルムはやや赤みが強く出る傾向にある。


          img279.jpg    img281.jpg

 曽島までのんびり漕いでj早くもとりあえず上陸して一旦休憩。いやあほんと疲れてます、僕だけでなくS君も。S君のくたびれ具合を写真にばっちり撮ってしまった。

 さて時間的に余裕はあるが、のんびりしすぎなのもあれなので、10分程休憩後、一路日生の最深部へ向かう。西へ西へと漕ぎ、橋をくぐると、そこは湖のような日生最深部。島がそこそこの数点在し、初心者でも楽しみつつ漕げる場所といったところか。意外と曇りの日はいい雰囲気が出ていて良いものだ。

    img289.jpg    img295.jpg    img291.jpg


とりあえず南側の浜に上陸して昼食をとることに。地元の人が作業場から集落に向かって戻っていくのを海上から眺めつつ上陸。静かな場所での静かな営み・・・・なぜかこことうたれる物がある。私は精神的にもどうやら相当疲れているらしい。ということで早くもここで前半終了、後半へ続く。しかしあの「スラスラ」(一応)書いていたブログがこんなに書きにくくなるとは・・・人とはその精神状態に非常に左右されるのがよく分かった・・いやこれは当たり前の事か。しかしそれにしても今回は、写真と文章があまり合ってないなあ。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
No title
SくんのBlogのアドレは?
まさかまだとか・・・
2011/06/17(金) 17:37 | URL | 鸛 #-[ 編集]
Re: No title
 鸛さん、S君まだみたいです・・、催促しときます。
 いや僕も偉そうにいえない状況ですが。
2011/06/21(火) 16:50 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する