ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 7月の連休は、日曜日だけ日本海は香住に行ってきました。予想通り暑い日、海水浴カヤッキングも予定通り、最後はちょっとありましたが、なかなかどうしていいツーリングでした。出撃艇は壱号艇シーショア。それでは何故か2回に分けて書いてみます。

 豊岡駅前の「Oホテル豊岡」に宿をとり、当日早朝の電車にて香住に向かう。香住到着は7時20分頃。これが最速。浜までは距離がしれているものの、早くも暑く汗が吹き出る。今日は予想通り暑い日になるだろう。漕いでは浸かる海水浴カヤッキングになることは言うまでも無い。

 香住はこのあたりの海を漕ぐ場合の出撃撤収場所としてはなかなかの適地である。コンクリの地面と駅からの距離が短く、海水浴シーズンではあるものの、人気は少なめだ。今回でここから出撃撤収は4度目位か。海に何度か浸かりつつ、とっとと組み立てて出撃だ。

           img239.jpg

 久々の日本海、水質は日本海にしてはまあまあだが、やはり透明度は結構ある。風も若干あり、気分よく漕いで一路西へ向かう。今日はある程度西漕ぎつつ、海水浴、3時頃までには香住に戻ってくる予定だ。15km程の行程。

            img241.jpg
  
            img266.jpg 


 湾を出て西に向かうとすぐさま雄大な景色が現れる。そしてロックガーデン、水質も更にあがり言うことなしだ。ついでにいうとここははじめて漕ぐので、さらにわくわく度がアップする。岩の間をすり抜け、岩場で盛り上がる波で遊び、そして今回もって来たカメラにはリバーサルフィルム(富士のベルビア100)を装填しているので、露出に気をつけつつ撮影する。 
                 

                  img258.jpg  


            img235.jpg
 

 香住のとなり、浜はイベントの最中か、マイクで話す大声が聞こえ人も多く騒がしいが、そこから向こうは殆ど人気が無く静かな海となる。がここから風がはたと止み、一気に熱くなる。水をかけながら漕ぐものの、頭が段々痛くなってきたので、そろそろ海水浴の為に浜に上がることに。漕ぎつつ適所を探すと、人気の全く無い大き目の浜を発見、その上には線路が見える。とりあえずここに上陸することに。


                img244.jpg 

 上陸後は思う存分海水浴だ。単独行ゆえに時間の使い方は己次第、時間はたっぷりありやりたい放題だ。まさに「小さな俺の王国」といったところ。遊覧船以外は殆ど船もみえず、時々電車が通るのみ。まだ上がりきっていない水温の海水で十二分にクールダウンしつつ遊ぶこと、40分ほど、再度出撃だ。目指すは「鎧」の集落。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
No title
この日も、カメラはいつものロシアの黒いやつですか?
カヤックの上から撮る時、海ですと、潮がかかる可能性が高いのですが、カメラはどうしてますか?
撮影する時、水平線をどの位置に持ってくるか、構図決定に僕はいつも悩んでしまいます。艇上撮影もなかなか難しいもんです。
2011/07/28(木) 23:57 | URL | Oe #-[ 編集]
Re: No title
 Oeさん、今回はミノルタ最後の銀塩カメラ αー70とタムロンアダプトール2レンズ09A(MF、ズーム35-70mm)で撮影しました。

 カメラは防水透湿性カメラ用バッグを使用していますが、流石に湿度が高すぎてバッグの中は結構湿っていました。水にぬらしたタオルで何度か拭きました。

 カヤック上からの撮影の場合、かなり適当に撮っています。水平線の位置、確かに悩みますね。やはり陸から撮るより随分難しいですね。
2011/07/30(土) 16:45 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。