ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
 
                       P1010028.jpg


 さて体調が戻ってみて、あれこれカヤック関係のブログを覗かせてもらっていると、皆さんセルフレスキュー及びロールにいそしんでいらっしゃる。たいしたものである、ほんと。ロール練習用に購入したイナゾーンが泣いている・・。一つ言い訳すると、実はただ今、車出撃できない状況なのだ。もともと使っていた車がエンジントラブルでついに駄目に。次に購入した車は良かったものの、何故か内の兄(当方の車は兄との共同使用なのだ)が狭いのが気に入らないので、別の車に変えたものの、その車はマニュアル車故に、僕は乗りたくないのだ。まあほんと車の運転好きの人ってのは、マニュアル車嫌いの人の気持ちが分からないものだと改めて思ったものだ。ロールは組立が楽になる秋口にでもやるとしよう、多分。

 ということで久々というよりも暑い季節(厳密に言うと海に浸かれる季節)というわけで、こいつである「一人サッカー」。W杯以来、そこそこサッカーにはまってしまった私、「どうせならカヤック使って無人島に行ってやったら面白いだろう」と思い立ち、去年3度ほどやったものだ。今年も体調も戻ってきたし、そろそろやろうかと思い、空気入れをサッカーショップ「KAMO」にいったら「ぎんぴか」のサッカーボールを発見、安かったので買ってしまった。これで3つ目だぞ、ボールは。

 
                     P1010025.jpg

 「カヤック」アンド「一人サッカー」という非常にマニアックな組み合わせの世界では、私は間違いなく第一人者である。後続の者達が仰ぎ見る偉大な人物、それが第一人者であるはずなのだが、「つらいときは私の背中を見なさい」という有名選手のせりふを「ぱくって」みて後ろを振り返ってみると誰も居ない。がよくよく考えてみると「究極の一人サッカー」といえなくも無い。まさに「絶対孤独一人サッカー」といったところか。それに気づいた時、仏教世界の観念でいうところの「輪廻転生」の世界から離れ「極楽」に旅立つ?が如くと思ったものだ。早くも究極の域に達したといえなくも無いか・・・・。

 まあこんな下らんことを恥ずかしげも無くこのブログでは書いているものの、それにしても意外とアクセスが落ちていないのはありがたいやら恥ずかしいやらである。徐々に更新は増やしていくので、もう少しお待ちくだされや・・・・。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する