ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 さて久々にツーリング記録でもと思ったのだが、ふと本棚に「この本」があったので、書いてみます。

 その名も「英国陸軍式 男の必修科目270」 著者?はなんと「英国陸軍」です。
   
   P1010611.jpg

 
 現在の日本男児には男が足りない・・・と良く言われますが(いやそんなことないか)、参考までに真の男になるにはどうすればいいのか?と思い、手にとってみた次第・・というわけでもありません。まあ面白そうなので拝見したといったところです。そしてびっくり・・なんと「カヤックの操作」が「男の必須科目」にあげられているではないですか!

 そうか、男になるにはカヤックに乗れなくてはいけないのか!?がまあそれはいいとして、陸軍式なのに何故写真のカヤックが「ワイルドウォーター艇」なのでしょう?軍事目的で最適なカヤックは「ファルトボート」であるのは言うまでもありません。大東亜戦争時にもしようされたのは知る人ぞ知る事実です。そもそもワイルドウォーター艇を作戦に使用するには

 「荷物がろくに積めない」  
 「川の近くでの作戦でしか使えない」
 「こけて流され、気がついたら敵の目前の可能性もある」  
 「乗りこなす為には相当の修練を積まないといけないのだが、カヤックだけに時間を費やすわけにもいかないだろう」

 まあとっさに考え付いただけでもこれだけの疑問が浮かびます。

 さてもう一つカヤックに関することが書いています。そう、なんとロールです。ロールできないと「男ではない」というのか! 男になるにはロールが必須というならやはりいつかマスターしなければならないなあ、と少しだけ思わないでもありません。

 がそもそも軍需物資満載のタンデムファルト(軍事利用には最適と思われる)で相棒と息を合わせてのロール、それも安定性ではこの上も無い状態(重量により相当沈んでいるだろうし、そもそもタンデムのファルトの安定性自体が凄く高いのは言うまでも無い)で、その艇が沈する状態とは恐らく一線級のプロシーカヤック乗りでも行こうとは思わない状況でロールは出来るのか?という疑問がわいてきます。

 カヤックに関することではないのですが、それ以外に「地図を読む」「作戦を練る」という軍隊での必須科目も挙げられていますが、「玉葱の皮を涙を流さずに剥く」とか「ライオンを飼いならす」とか、どう考えても軍隊での必須科目及び男になる為の必須科目ではないような・・・。まあなかなか面白い本です。

 最後にこの本の恐るべきなのは「英国王室公」ということです。もしかすると「エリザベス女王陛下」もご閲覧されているかもしれない?

 と考えるとなかなか「すごい」本なのかもしれません。
 
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
No title
多分、それしか写真がなかったのでしょう。
うちもOPENの時にディベロッパーが書いたイラストがレーシング艇でした。店とは全然関係ないのですが手近にそれしか資料がなかったからといってました。
作った人はカヌーならなんでも同じにみえるのでしょう。
2011/09/29(木) 11:16 | URL | 鸛 #-[ 編集]
Re: No title
鸛さん、やはりそんなところでしょうね。

しかしカヤックの操作が男の必須科目とは、面白いものです。

そもそもこの本を本当に真面目にかいたのか?まあ面白い本なのでいいですが。
2011/09/30(金) 17:15 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。