ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いまさらこっそり更新!2日目の朝、断続的な眠りの為、爽快とはいえないものの、まずまずだった。暖かな日差しを浴び、昨日の残りものを朝食とし、片づけを終え、一路「浦富」海岸へ。それにしてもフィルムカメラとオールドレンズの優しい写りよ・・・・。

 網代港から出艇できるとの情報を得ていたのだが、結局分からず、港の隣に位置する海水浴場から出撃。トイレあり、組み立て場所も良く、悪くないが、港を横切らないと浦富海岸にいけないのが欠点だ。



                      
PA103375.jpg

 組立途中から風が徐々に強くなってきていた。いつでも撤退する心積りをS君に伝え、騒がしい海面を2艇が進んでいく。
 

                      
PA103371.jpg

 港を横切るとそこは浦富海岸。予想以上に素晴らしい場所だ。水質良し、入れる洞窟や通れる岩場多く、久々にシーカヤッキングを随分楽しめた。ただ写真は残念ながら「デジカメ」を忘れたので撮っていない。S君のを借りている。フィルムカメラには「ネオパンアクロス」というモノクロを装填していたので、S君の車においてきたのだ。ここなら「カラーネガ」か「リバーサルフィルム」か。どうもモノクロでここを撮ろうという気がおきなかったのだ。



                      
PA103378.jpg

 岩場を巡っていると、ツアーご一行に遭遇。後をつけていくと、網代港方面に向かっているので、次回の為に上陸して調べてみる。なるほどここから出艇していたのか!ということで次回からは港を横切らないで「おいしいとこどり」出来ることに。また夏場にでも来てみよう。


                      
PA103386.jpg
                           

 多くの岩場を通り、洞窟にはいり、ひっきりなしの遊覧船を避け、上陸休憩。そこで少し過ごした後、もう少し先を見に行くことに。が風が強くなってきて、波も高くなってきていたので、念のために撤退することに。波に戯れながら漕いで行き、とある岩場を通り越すと、一気に波が高くなる。陸地近くで浅い地形の為だろうから、沖合いに回避しようと思ったが、結構沖合いも荒れ気味。そうこうするうちに更に波風が強くなる。さてどうするか、ここから先ほど上陸した、網代港までどれくらいの距離があったかな?確かもうすぐだからいけるだろうという思いと、確信が持てないので撤退して先ほど休憩した場所辺りで折畳んで逃げるか・・・・・。8割方は問題なしに?いけるだろうという思いがあったのだが、確信が結局最後までもてなかったので、S君に撤退を告げる・・・・・・はあ敗北だ。

 荒れる波の中、先ほどの休憩地まで戻ってとりあえず休憩だ。しかしこのなんともいえない「いやな」感じはなんとしたことか!?今まで、荒れてきたので撤退というのは何度もしてきているが、今回は撤退の判断としては「大失敗」といるかもしれない判断だ。あれぐらい行けるだろうと思いつつも、結局撤退してしまったのは正直情けないというべきか、なんと言うべきか・・。まあ良くも悪くも今年の僕らしいというところだろう。

 そしてS君には申し訳ないが、ここから車を取りに行ってもらう。この海岸から車道へは登り道ハイキングをしなくては行けない。その間に当方は撤退準備をするわけだが、意外と多くの観光客が来て、話しをしていたので、結局S君が戻ってきたには殆ど片づけが済んでいない始末。知らない人にファルトをアピールするチャンスではあるが、きりが無いので途中から私は気づかないふりをしていましたよっと。

 撤収完了、そこから荷物を担いで汗水たらしながらハイキング、車道に出てS君の車に積み込んで、一路帰宅。車中ではプチ反省会・・・。

その後は諸般の事情で家まで送ってもらうことに。それにしてもS君は大変だ。カヤックの話のみならず、カメラの話、サッカーの話、そしてわけのわからん「南斗人間砲弾」の話。決して外交的ではない私であるが、その気になればいくらでも喋れるネタはあるタイプ?なので相手するのが大変なのである。

 それはともかく、終わってみると去年の熊野川に次ぐ「合宿」であったと思えるほど、なかなか良いツーリングだったと思う。日本海の兵庫県側から鳥取県東部はやはり凄いフィールドだ。また夏にでもくるとしよう。
 
 
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
No title
おおっまだブログ終わってなかったのか!
しかし流石にカラーフィルムなんですね。
2011/11/06(日) 19:19 | URL | 鸛 #-[ 編集]
ご無沙汰してます
ご無沙汰しております。

ずいぶん長い間ブログの更新がないので、
体調でも悪いのかと心配しておりました。

浦富は初めてでしたか?
私もお気に入りの場所です。
あれほどコンパクトに見どころが圧縮された場所はそうありませんよね。
またご一緒できればと思います。
2011/11/06(日) 20:57 | URL | ts #hCNrMfMo[ 編集]
居組から浦富いいですね居組から浦富、いいですね!
いつも見さしていただいています!
居組のレポから時間がたっていたのでまだか、まだかと待っていました。
私も9月に浜坂から網代まで漕いで素晴らしさに圧倒されました。
竹野から網代までは山陰線を上手く使うと楽しいところですね。

2011/11/07(月) 21:22 | URL | 沢味家 #/7f.T1B2[ 編集]
Re: No title
 鸛さん、今年はブログを休止しようかと思っていました・・・。
 
 まあなかなか忙しいです。それはともかく、フィルムは良いものです。
 デジタルだけでは満足できない体になりました。
2011/11/08(火) 10:26 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: ご無沙汰してます
 TSさん、ご無沙汰です。手術したと思ったら、殆どすぐに出撃・・・相変わらずの鉄人ぶりですね!

 浦富、はじめてです。3年ほど前から行こうと思いつつ、なかなかいけませんでした。
 予想以上に良い場所だったので、びっくりです。狭い場所に見所いっぱいですね。
 来年の夏場にでも再度行こうかと思っています。

 またその内よろしくお願いいたします。


2011/11/08(火) 10:29 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: 居組から浦富いいですね居組から浦富、いいですね!
 沢味家さん、はじめまして。
 前回から相当間が開きました。友達や知り合いからも突っ込み受けまくっていました。
 「いつ次回書くの?」と。

 今年は体調を崩してしまったのをきっかけに、気力も衰え気味、なんとかブログを続けているといったところです。

 本当に竹野辺りからこの辺まで、凄いフィールドだと思います。電車に関しては、もっと本数が多ければ、ついでに言うと当方在住の神戸から、朝早く特急でも出ていれば、十分日帰りでいけるのですが、残念ながらそんなに都合よくはいきませんね。ただ駅から近い場所に浜があるのはやはり、電車行でいきやすいといえば、いきやすいですが。
2011/11/08(火) 10:33 | URL | てっさん #-[ 編集]
No title
御無沙汰してます。

更新楽しみにしてました。

せっかく愛知県に来たのに週末は雨ばかりで全然漕ぎに行けません。

今週末はやっと雨から解放されそうなのでカサラノ持って紀伊半島にでもキャンプに行きたいと思います。

こちらにいる間に瀬戸内でも島根でも琵琶湖でもいいですから是非とも一緒に漕ぎましょう。

私もアリューシャン遠征の記事をぼちぼち書き始めたので良かったら覗いてくださいませ。
2011/11/08(火) 22:03 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: No title
 サスケさん、ご無沙汰です!
 そういえば愛知に越されていましたね。ぜひ一度ご一緒してください。

 最近週末の天気悪いですね。嫌がらせのようです。

 今年はなんとか20回程度の出撃となりそうです。

 紀伊半島キャンプ!相変わらずのアクティブさ、私も見習わないと。

 そういえばまだ今年、カサラノ出撃していません・・・・。

 アリューシャン、待ってました。また読ませていただきます。K2、もっと使いたいけどなかなかパートナーがいなくて・・。
2011/11/10(木) 17:07 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。