ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 PC98は子供の頃の憧れであった

               P1080515.jpg

 98である(写真は前回の使いまわし)。工場に鎮座していたNECのPC98.数多の業務をこなしてきたであろう彼(彼女?)は、まさに引退した老兵の如く、終末の時を待つが如くであった。

 子供の頃はお金が無いので、パソコンといえばMSXであった。といってもプログラムするわけでなく(簡単なベーシック位は理解したが)ゲームばかりであった。今の最新ゲームと比べると、びっくりするほどグラフィックは「しょぼい」ものであったが、それはそれで楽しめたものだ。そしてその頃PC98は憧れの存在であった。値段が高く、とても買えるものではなかった。

 と全く工場見学とは関係の無い話に脱線してしまったが、ついでに時々思い出す人生の悔恨事について書いてみる。
 その頃よりもっと遡った小学生の頃、任天堂のファミリーコンピューターが一世を風靡していた。やっと貯めたお金を持って、神戸は新開地にあるおもちゃ屋に行った僕。

 定価には届かないお金を持って(買えるかどうか自信はなかった)行ってみると、販売価格より500円程足りなかった。あきらめ切れずにずっとそのソフトを見る僕。しかしどうしようもない・・・・帰ろうとする僕に、

 店長「どれが欲しいの」

 僕 「ちゃっくんポップ、でもお金たりないの」

 店長「幾らもっている?」


 お金を全部見せる僕にたいし店長は「これでいいよ」


 あの時の嬉しさと優しさは、今も時々思い出すほど深く心に刻まれている。大人になったらいろいろと買わしてもらおうと思っていたのだが、僕が大人になるのを待つこともなく残念ながら閉店しまった。高校1年くらいまではまだ店はあったので、せめてそのときにでも何か買わしてもらってたらなあと、それが今も心残りだ。

 と全くカヤックとは関係ないことを書いてしまった。こういう古いものを見ると、ついつい過去を思い出す・・・やはり四十路突入寸前やろうである。
 

 焼印


        P1080598.jpg    P1080596.jpg    P1080595.jpg

 定番のイベントというところか。フジタカヌーのファルトで使用されている耐水マリン合板に焼印をつけてもらえる、定番のイベント。
 当方は何度もやらせてもらっているので、今回はカメラマン役。はたから見ていると、人それぞれの表情があり、絶好のシャッターチャンスがおとずれた。


 
 漁村ではない

         P1080583.jpg    P1080582.jpg

 写真だけ見るとまるで漁村である。
 フジタカヌーのFRP工場?前を撮影。この船は「型」なのか、そういえばどうだっただろう?
 それはともかく、笠置はなかなか自然溢れる場所、一度大判カメラでも持ってくるとしよう。


 木津川に水が無くても月ヶ瀬湖があるではないか

      IMGP0009_20120217165822.jpg    IMGP0010_20120217165822.jpg    IMGP0016_20120217165823.jpg

 午後からのツーリングである。この時期はどうしても川の水量が少なくなる。しょっちゅうたたないといけない川を漕いでも面白くないし、ファルトは底をするので気を使う。ということで月ヶ瀬湖に転進だ。

 さて当方はレンタル艇であったのだが、さて何が回ってくるのだろうと思っていたら、なんとリジットのA-1だ。それも2分割タイプ。
 接続部が独特の形状をしており、ボルト2本でしっかり接続できる優れのもので、固定式のスケグが付いているタイプ。

 早速乗ってみると流石はリジット、なかなか速く、スケグつきでもそれなりに回転性はある。安定性高く、操作性もよい。オールラウンダーというところか。これに乗って、グループツーリングということ忘れて、あっちいったりこっちいったり。

 その間、時々他のユーザの様子をうかがう。結構自艇のリバーカヤックに乗っている方も多い。この湖なら距離も無いので、漕ぐのはそんなに問題ないだろう。万一こけてもロールできる人ばかりだし。しかしこけたらこの季節、「やばい」だろうなあ。

 アルピナ検討者がお二人、450と430のどっちにしようかと。さてそういえばどちらを選ぶのだろう?お一人は仕事場が僕の家の近くで、須磨あたりで漕いで見たいとの事だった。またそのうちご一緒させていただくこともありそうだ。

 イベントのツーリングとしては、丁度手ごろな広さの月ヶ瀬湖でのんびり漕いでから、程よいところでツーリングを終える。
 何故か上がったところにサッカーボールがあったので、レンタル艇ゆえ時間のある僕は、一人で坂上がりドリブル、及びシュート練習・・・はたから見るとほとんど変人である。

 とこんな感じで今年のフジタカヌー工場見学は無事?終了。2月は諸般の事情でばたばたするので、とりあえず3月くらいからカヤックは再開。さて、去年の巻き返しを図れるか。そもそもカメラにもどっぷりはまってしまっているので、休みをどう使い分けるのか、それも問題である。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
No title
子供時代ならではなの逸話ですね。大人になったら、売ってくれないでしょうし。そういう商店街のおもちゃ屋さんって、これからどんどん減って行くのでしょうね。
最近は、ちゃんと絞りを駆使して撮影しておられますね。
2012/02/17(金) 20:01 | URL | Oe #JalddpaA[ 編集]
No title
タイトーやなあ。売ってました。
2012/02/18(土) 14:40 | URL | 鸛 #-[ 編集]
青いJacksonで参加しました
カヌーの話はさておき、私もPC98は懐かしかったです。
学生時代はFM NEW7をテレビにつないで使ってましたが、PCー6601も手が届かず、PC98なんて高嶺の花でしたね。
2012/02/19(日) 00:13 | URL | 片岡 #-[ 編集]
Re: No title
 Oeさん、本当にあのおもちゃ屋の店長さんには感謝しています。店がなくなっていたときのショックは大きかったですね。

 撮影、ちょっとずつ試していこうかと。この1年間はひたすら撮影、現像とやってきましたが、そろそろもう少し考えてとろうかと思っています。
2012/02/19(日) 01:01 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: No title
鸛さん、流石ですね。

そういえばあのソフト、一体どこに行ったのか・・・そもそもファミコン自体がどこに行ったのか分かりません。

懐かしい思い出です。
2012/02/19(日) 01:03 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: 青いJacksonで参加しました
片岡さん、どうもです。

 FMシリーズですか!富士通の。あれも手が届きませんでした。X68000とかMZシリーズなんてのもありましたね。6601はたしか喋れるパソコンだったような・・・。

 FDですら搭載していなかったMSX・・・・テープ読み込み失敗等で苦労しました。
2012/02/19(日) 01:09 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。