ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2月5日になりますが、琵琶湖東岸の宮ヶ浜にてOeさんがこの度新しく手に入れられた、フジタカヌー「アルピナ450ハイブリッド」の進水式兼ツーリングにご一緒させていただきました。まあしかしほんと書くのが遅いこと・・・。言い訳すると2月は自営業にとって大変な時期なのですよ。やっと「それ」を終えてこれからは趣味に邁進しようと思います。それはともかく、久々に壱号艇シーショアで出撃。それでは書いてみます。

 JR近江八幡駅にて拾ってもらい、Oeさんの車で宮ヶ浜に向かう。車中では新艇の話と「コダック破産法申請」の話で盛り上がったり盛りさがったり。ついでに言うと、この日以降であったのだが、フジフィルムの当方主力カラーネガフィルム「リアラエース」(ISO100)が製造中止と。コダックは値上げ・・・・頼むよほんと。

 それはともかく、宮ヶ浜に到着後、程なく組立開始。雪がそこそこ残っており、天気は穏やか、風も緩め。なかなか進水式にはいい日和だ。 ついでに言うと、またもや写真は「モノクロ」だ。


                     img765.jpg

 Oeさんは一度家で組み立てていたとのことで、問題なく組み上げていく。それにしてもなかなか思い切りのよい方だ。以前からメールでカヤックやカメラ、写真の事について連絡させていただいているが、本の少し前に「アルピナ450ハイブリッド」検討しているとの事だったので、早くて花見の時期あたりかなと思っていたら、気がついたら発注されていた。まあ装備さえ整えて、天候を考慮すれば冬でも問題ないのは言うまでも無いが。どちらにしろ早いか遅いかの違いだけであるから「善は急げ」ということか。が当方みたいについついフィルムカメラにつぎ込んでしまうと「善は急げ」も程ほどにしておかないといけない場合がある、ということは言うまでも無い。が不思議と後悔の念は無い。やりたいことはやれるうちに(しかし生活苦に陥らない程度に)やっておかないと、と去年体調大不良に陥って?から強く思うようになった。という言い訳にしておこう。

                    img768.jpg

 出発前に日本酒を舳にかけて、これからの安全航海を祈る。しかしこういったシーンはいつ見てもいいものだ。まあしかし今回もまたもやモノクロメインで撮っているので、色がわからない!因みにボトムはチャコールグレーでデッキはイエローである。 と書いてみたが、フジタカヌーのカタログを見て、それからカメラの露出についてある程度知識があると、ボトムはチャコールでデッキは赤や青、おそらくライトパープルではなくイエローかライトグリーンではないか、デッキのシロっぽさから言ってイエローの可能性が高いというのは想像がつくといえばつくな。ただ「特別色」を選んだ場合はその限りではないが。

 それはともかく先にOeさんが出撃、10分程海上で練習乗り。当方はのんびり出撃、揃ったところで琵琶湖の名所?飛び込み台に向かう。 とりあえず湾内?を縦断、してから陸地沿いに漕いでいく。それにしても意外や意外、このあたりはなかなかワイルドだ。

              img851.jpg    img854.jpg

 ところどころ残っている雪も風景にインパクトを与えている。そして冬場でも暖かめの気候で漕ぎやすい。被写体に困らないのでついつい撮りすぎてしまい、気がつけば後16枚ほど(36枚取りフィルム)。
           
             img856.jpg   img860.jpg

 しばらく行くと見えてきた「飛び込み台」。おお、TVで見るより結構渋いではないか!大概は、実際見ると「がっかり」するものだが、なかなか見ごたえがある。ここでも調子に乗って撮っていまい、後8枚ほどとなる。その話をすると

 Oeさん「フィルム1本しかもってこなかったんですか」
 私   「一本勝負でいこうと思いまして」

 失敗だ。いちびらないで、せめて2本持ってくればよかった。あとあとこれが非常に後悔することになる。


             img847.jpg    img877.jpg


 飛び込み台(実際はお寺だ)をみてから、まだまだ時間もあるので沖島に渡る。島は本の目の前。知る人ぞ知る、世界でも珍しい「湖の中の有人等」である。

 
             img873.jpg    img876.jpg

 沖島には程なくし到着。この島がこれまた渋めなのだ。フィルムを1本しか持ってこなかった私は、ついつい自棄になって到着してすぐにとりまくる。どうせ後8枚。がこれが今回のベストショットとなる。これがそれだ・・・・・どこがベストショットやねんというクレーム?は勿論お断りだ。

 それにしてもやたらの風情のある静かなしまだ。そんなことを思いつつ、昼食休憩の場所に向かいながら島沿いを漕いでいく。少し行くと鳥居が見えてきた。そのときだ。鳥居の向こう側、階段を下りてくる微笑がまぶしい妙齢の女性。まるで後光が差すような、何故かまばゆさを覚えた私、本当に「ドラマチック」?な印象というべきか。おいおいもしかするとわが師「弁天様」ご光臨か?
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
No title
その節はありがとうございました。
それにしても、弁天様のような女性が登場したところで、「次回に続く」って、続きはどうなるんだろうって気になりますね。
その場にいた僕でさえ(笑)
2012/02/26(日) 12:40 | URL | Oe #JalddpaA[ 編集]
Re: No title
 こちらこそありがとうございました。
弁天様・・・・ほんとそうでした。魅惑的な・・・後10歳ほど年を取っていればドンぴしゃり・・いや何を書いているのだ・・。

 なかなか良い島でしたね、沖島。露出計も注文したし、時期見て再訪してきます。
2012/02/29(水) 01:23 | URL | てっさん #-[ 編集]
モノクロが似合いますね
フィルムはいいけど、お金がかかりますね!
学生時代から一通り揃えましたが実家で眠っています。
シャッターも長い間、きっていないから露出が怪しいかもです。
デジカメにも本物のアオリ、チルト、シフトが在ると良いのにと思います。
2012/03/04(日) 22:19 | URL | 沢味家 #Ggx0T.V.[ 編集]
Re: モノクロが似合いますね
 沢味屋さん、そのとおりですね、お金がかかります。
 コストや手間考えるとデジタルにどうしてもなってしまいますね・・・・。
 
 しかし次々と値上げや製造中止・・・困ったものです。
 眠っているカメラを再度使っていただければ、フィルム消滅を少しでも長引かせることが出来ますので、
よろしければお願いいたします(笑)。

 アオリ関係、デジカメにとって撮像素子の問題で難しいのでした?
 大判をてにいれた、アオリの凄さを理解しました。
2012/03/08(木) 10:16 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。