ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  2月26日日曜日、自営業の「山場」を何とか越えた私は、のんびり朝起きの後、とりあえず笠置に大判カメラ持って行って、のんびり撮影でもしてから、カヤックコウノトリに寄らせてもらおうとしたのだが、風強く断念、そのまま自宅でのんびりした後に直接寄らせてもらう事に。
 
 
 カヤックコウノトリ、其処はF4 1/60の世界であった

 到着時、河野さんは勿論のことユーザーのOさんもいらっしゃっり、フィッテングパーツをいろいろと相談されていた。

                     img051ksi.jpg
 
 こっそり二眼レフをバッグから取り出し、スナップ撮影開始。 シャッターを切る前に、店内を露出計で計ってみる。 ISO400で絞りF4 シャッター速度は1/60秒 やはり以前と変わりなし。当たり前か。照明関係のリフォームでもしない限りは変わるわけもなし。それにしても視度補正レンズ無しで80mmのF4、近距離撮影ではピントをびしっと合わすのは、中判カメラのファインダーでも僕には難しい。目が良い人が羨ましいぞ。

 それはともかく、明るい「カヤックコウノトリ」の店内でもこれだ。因みに屋外で晴の場合、1/4000から1/8000である。

 やはり太陽は偉大だ。
 天照大神は偉大だ。
 アポロンは偉大だ。
 ラーは偉大だ。

 と前置きはこの辺にして


  円高なのかデフレなのか、営業努力なのか


                   img050ksi.jpg

 途中、「舞鶴発 新米パドラーどこへ行く」のTさんも参上、4人であれこれ話していると、河野さんが奥からパドルを取り出してきた。

       img216.jpg    img212.jpg    img214.jpg

 FRPやカーボンの「ベント」シャフトパドルである。マーシャス製のパドルで、このメーカーは安い割りに使えるパドルを供給しているので有名である。人呼んで「高級パドル殺し」のマーシャスと言われているとかいないとか。 因みに上の写真は35mmカメラで撮っている、まあ殆どの人にはどうでもいい話だが。

 で値段を聞いてびっくりだ。FRP製は1万円を切る価格!カーボンも1万6千円弱(要確認)。まあベントシャフトパドルとしては、恐らく世界最安値じゃないだろうか。びっくり価格である。流石にパドルは結構もっているので当方は確保するのは見送ったが、3本程度くらいしか持っていなかったら、カーボンベントパドルは押さえていただろうな。因みに通販は駄目で、直接来店して購入して欲しいとの事だ。

 円高?デフレ?河野さんの営業努力?まさに「高級パドル殺し」とは言いえて妙だ。

 
 プロジェクト「YUKIKAZE」

 フジタカヌー製カヤックは、デッキカラーに「特殊色」(価格が5パーセントアップ)を選べるのが良いのだが、意外とこれを選ぶ人は少ない。当方、新艇として購入したのは、壱号艇シーショアと参号艇アルピナ2-430だが、両艇とも特殊色である。

 デッキカラーの話から、単に一色だけでなく、何色かをデッキカラーに使ってので盛り上がっていた時にふとOさんと話の最中に、当方に浮かんだアイデア。そうだ「ボトムをレンガ色」にしたら渋いかも!いやそもそも「デッキカラーの特殊色」なので99パーセント無理だが、フジタカヌーなら一縷の望みが・・・・いや無理だろう。しかしボトムがレンガ色でデッキがグレーならまさにそれは「軍艦色」じゃないか!でまてよ、もし将来僕がアルピナ450ハイブリッドを手に入れることがあり、デッキがグレーでボトムがレンガ色ならまさに「駆逐艦」のイメージである。駆逐艦といえば「雪風」だろう。

 奇跡の幸運艦「雪風」・・・・陽炎型駆逐艦8番艦で大東亜戦争中殆どキズを受けずに激戦を戦い抜いた、伝説の駆逐艦である。Oさんによると、戦後、しっかり整備された後に、台湾(中華民国)にひきわたされたとか。その整備されかつピカピカぶりに、向こうさんは「さすが日本人だ」とびっくりしたとか。日の丸君が代嫌い先生「発狂」のエピソードか!まあ日本人として誇りに思えるエピソードだな。

 因みにフジタカヌーのファルトはボトムはEXでチャコール、STDでホワイト(変わっていないと思う)、船体布をレンガ色で作るのは無理だが、落ちない塗装なら何とかなりそうな気もするが・・。1パーセントの望みをかけてフジタさんに交渉してみよう・・・て購入資金無し。そう当方写真にお金がかかりすぎて(しょぼい月収なのだ)、そんな余裕は今は無いのだ。そもそも8艇あるから、せめて何艇かお嫁に出してからというのもあるのだ。

 「YUKIKAZE」プロジェクト・・なかなか浪漫があるなあ。恐らく他の人にとっては
「阿呆か!」ってところだろうが。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
No title
駆逐艦カラーの450の購入は(もしくは購入後の改造)は、本気度高いのですか?
スキャン画像とはいえ、やわらかい写りなのでデジカメ画像とは違いますね。
2012/03/07(水) 20:37 | URL | Oe #JalddpaA[ 編集]
高級性能!パドル購入
てっさん コウノトリさんではお世話になりました。
皆さんからの生の声で迷いなく「高級パドル殺し」を購入できました。
使用時にはレポートアップしますので楽しみにして下さい。
しかし、今までのフレア4ピース(アルミシャフト・ポリプロピレンブレード)には色々助けてもらった。腕の未熟さをカバーするため岩や堤防にぶつかりそうになった時、躊躇なく思い切ってブレードで蹴る事4年間、丈夫です。今回主役の座を明け渡すと思うと少し複雑です。

2012/03/07(水) 21:36 | URL | パドラーしげ #-[ 編集]
Re: No title
> 駆逐艦カラーの450の購入は(もしくは購入後の改造)は、本気度高いのですか?
> スキャン画像とはいえ、やわらかい写りなのでデジカメ画像とは違いますね。

 Oeさん、駆逐艦カラー、やれるならやってみたいものです。ただ450の購入は大分先かと
思います。艇をある程度整理してからですね。あとお金の問題もあります。があの軽さは電車行で魅力ですので、いつかはやはり欲しいです。

 フィルムは因みに6×6がフジカラープロ400で、蛍光灯でも殆ど緑かぶり?しないのが凄いですね。
 35mmはソラリスというレトロ風味に写るもので、こいつは昭和の町並みなんかとると凄くよいです。
 両方とも軟調系フィルムらしいです。まあやはりフィルムがよいです。
2012/03/08(木) 10:19 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: 高級性能!パドル購入
 パドラーしげさん、本当にご無沙汰でした。ありがとうございました。
 あのパドルは本当に安いですね。カーボンベントは特に好みでした。
 レポートよろしくお願いいたします。楽しみにしております。

 アルミ、初期に使っていました。安くて頑丈で特に川の岩を付くには、躊躇無く出来ますのでよかったです。
 ものに対しての思いやり?いいですね。それがいつの日か、乗り手を守ってくれる、何故かカヤックをしてると
そんなふうに思ったりもします。


2012/03/08(木) 10:25 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。