ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 この間、Oeさんのアルピナ450ハイブリッド進水式時に「カヤックのブログにモノクロの写真」はどうなんだろう?という話になった。
 
 二人の結論は「不評だろうな」と。が意外とモノクロ好き、いや隠れモノクロ好きがいるんじゃないかと最近分かってきたような気がするのだ。まあその人間、本当の自分に気づくのは難しいというからね。

 それはともかく、当ブログでも掲載写真はカラーメインでいくものの、これからモノクロももう少し増える事になりそうだ。 さてその理由を書くとしよう。

 最近、疲れの為か、僕にしてはわりと早く眠りに入ることが出来るのだが、何故か訳の分からん夢をみて3時間程度で目が覚めて、そのまま眠れずに朝までというのが続いている。仕事も忙しく疲れが随分とたまっているのだ。それと以前も書いたとおり、フィルムの値上げと製造中止が相次ぎ、安月給の私の懐が非常に厳しい状態が続いており、またそういうときに限って、以前から欲しいと思っていたレンズやアクセサリーなどが中古で安めで出たりして、更に懐が厳しくなるという「無間地獄」状態となっている。

 ということで少しでもコストを下げる為に、今年の終わり頃に実行しようと思っていた「自家現像」に着手することにしたのだ。がまあ3月終わりか4月くらいでいいだろうと思っていたが、ある朝いつもの通り「悪夢?」にうなされ起きてしまい、気力も無く暇だったので、とりあえず現像に着手となった次第。失敗しても自分で取った写真、まあ気楽なものだ。とりあえず失敗は気にせずに「像」がでりゃいいだろうという程度の気持ちでやってみた。

 いきなり最初から、35mmフィルムより難しいブローニーフィルムの「Kodak T-MAX400」現像に挑戦。フィルムをタンクのリールに巻くときに失敗してフィルムの端を傷めてしまったが、現像に入ると思っていたよりスムーズに進む。というより、思っていたよりも面倒くさくない。趣味の手間がかかることについては、ファルトの電車行にて慣れてしまっているのか、「面倒くさがり」の僕が問題なく進めることが出来た。そして終了後、フィルムを取り出してから、風呂場にて吊り下げた状態がこの写真である。

               P1080677.jpg      P1080679.jpg

 
 やったとりあえず成功だ、と言っても良さそうだ。まあ最初にしてはまずまずだ。その朝、その瞬間、私の中で「Eastman Kodakの歌」がながれ(そんな歌は多分無い)、創業者「George Eastman」が私の中に「舞い降りた」そんな感じがしたものだ。
 


           img289_20120310090152.jpg      img281_20120310090152.jpg
    
     左の写真は「シュナイダー スーパーアンギュロン90mmF5.6」
     右の写真は「フジノンW150mmF5.6」で撮った写真。

 埃は仕方ないが、「むら」も思っていたよりは少なく、まあ成功といっていいだろう。
 これで、今まで店だし現像が525円からフィルムによって840円もかかっていたのが、1本あたり50円を切る値段で出来るようになった。また中1日かかっていたのが、1時間以内で現像終了(乾燥にはそれなりに時間はかかる)出来るので、私の懐も、そして急ぎの場合も対応できることに。

 現像をはじめてやってみて思ったことは、像を出すことはまあそんなに問題は無いのだろうが、自分の思っているように「プリント」するための最適な現像を行うのは、相当の修練が必要そうであること、そして最も大変なのはやはり「引き伸ばし機」による「プリント」なんだろうなということ。実際Oeさんに見せていただいた写真で「焼きこみに数時間」かかったという話を聞いて、プリントというのは面白そうであるが、大変な気力がいるのだろうなと思ったものだ。

 それはともかく、現像のこのなんといっても「時代に逆行する」感じの半端なさは素晴らしいものだ。今の時代に手漕ぎの船で海を漕ぐ事と、ある意味似ているような気がするような無いような。

 これで心置きなくブログの写真にモノクロを多様できるなといいたいところだが、やはりそのあたりは「程々」にしておこう。その前に漕がないといけないのは言うまでも無いが。そろそろファルト乗り失格の烙印を「こそぎ落とさない」と。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
No title
なんですか。これはー。怖いくらいうまくいきましたね。趣味というのは、本来やらなくてもいいことを敢えてわざわざやるという合理性と間逆の位置に存在するものなので、ファルトも自家現像も根っこは同じ精神なのかもしれません。
でもやっぱりブログはカラーにした方が。。(^_^;)
2012/03/10(土) 22:26 | URL | Oe #JalddpaA[ 編集]
Re: No title
> なんですか。これはー。怖いくらいうまくいきましたね。趣味というのは、本来やらなくてもいいことを敢えてわざわざやるという合理性と間逆の位置に存在するものなので、ファルトも自家現像も根っこは同じ精神なのかもしれません。
> でもやっぱりブログはカラーにした方が。。(^_^;)

 Oeさん、なかなか旨いこといきました。思っていたよりも面倒くさくないのがよいですね。
 後はもう少しフィルムのリール巻きをすむーずにしないといけませんが。

 おっしゃるとおり、趣味性の強さゆえにファルトやフィルムカメラにはまる要素があるのではないかと思います。
 
 ブログ、モノクロはまあ4回に1回くらいにしておきます・・・・。

 さて次はネオパンSSの現像ですが、ただ今最後の水洗中です。
2012/03/12(月) 09:39 | URL | てっさん #-[ 編集]
絶対手を出さないといってた現像やるまで一年ちょっとしかかかりませんでしたね。
まあやはりこうなったかなと…
しかし家屋はいいけど観覧車はカラーのイメージかなあ(笑) せっかく150だから遠景より部分アップで一見わかりにくいがよくみたらあの写真か!というのを撮って下さい。
2012/03/13(火) 06:39 | URL | 鸛 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
鸛さん、早かったというべきかどうかですね。現像に手を出してみて、レンズの微妙な描写の違いに対して興味が薄れました。カメラにかけるお金をそろそろカヤック方面?にまわさないと・・、いや貯金しないと。

 そうですね、アップの写真また今度とってきます。そういえば何故かいまだに「良い」写真を撮りたいという意欲が沸いて来ません。不思議なものです。
2012/03/21(水) 12:24 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。