ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 気がつけば相当暗くなってきた3月18日はマキノの知内浜。
残ったユーザー3人と大瀬さんであれこれ話していると、ふと大瀬さんから「新艇出るかもしれないんですよ」との一言。
 
 「マジですか」


 もう一度リンクさせていただくとしよう。シングル艇はKライトからヘロン、タンデム艇はクローンダイクとK2、出るとすればタンデムの450cm前後の艇か!と一瞬思ったが、それは違うと私の本能?が告げている。その艇は私の想像の埒外にあった。

 「10kgを切る超軽量艇」

 まさかフェザークラフトが出すとは、いや正式に言うと「出るんじゃないのか?」というレベルだが。正式には決まってはいないが、多分出るだろうという状況である。大瀬さんの出張はこの新艇のテストも兼ねているとのことだ。テスト場所のトフィーノというところを地図で見てみると、太平洋に面しているではないか!あまりにも軽い艇は強度不足の懸念があるわけで、あえてそういう場所で試すのだろうか?さすがに内海にするのか?それは分からない。それはともかくテストで海を漕いで問題なければ、晴れて販売ということだろう。まあしかし10kg切る穏やかな内海や琵琶湖沿岸を漕げるくらいの艇が出るとすれば、それは魅力的だな。当方所有のパフィンスポーツは間違っても海を漕ごうとは思わないが・・。

 本音を言うと、もしそういう艇を出すとすれば、フジタカヌーかな?と思っていた。そしてもっとも出さないだろうというのが、フェザークラフトだったのだ。がフェザークラフトには「ベイリー」という超軽量ダッキーがあるから、そこから考えるとその可能性もあったと今にして思う。

 これくらいになると最早、電車行や車行うんぬんではなく、旅行に普通に持って言ったり、海外に漕ぎに行ったりというのもそんなに問題なさそうだ。そして勿論電車派が増加するのは言うまでもない。なんなら2艇もって行ってもどうって事のない重量だ(意味はないが)。

 まあそれにしても、去年がフェロンで今年が出るかもしれない、いや希望を込めて出るだろう「ウルトラライト艇」・・・・凄いもんだ、ほんと。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
No title
フェザーの新艇、気になりますね~。

10kgを切るっていったい?

フレーム構造が変わるのか?

はたまた材質が変わるのか?

スーツケースに入れて、仕事帰りに漕ぐってのも有りかも?
2012/03/25(日) 22:27 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: No title
 サスケさん、ほんと気になりますね。
 構造はどうでしょう?フレームは細くなるんじゃないかと大瀬さんが言ってました。
 てっきりチタンで作るのかと思いましたが、それはないようです。
 
 まあ詳しくはテスト次第。
 とにかく発売までこぎつけて欲しいものです。
 今までと違った層の方がユーザーになりそうとのことですが、
現ユーザーにも魅力的だと思います。

 スーツケースに入れて、仕事の後に漕ぐ、渋いですね。スーツは会社においておけば行けそうですが。
 実際は大変でしょうが・・・。

 
2012/03/26(月) 12:00 | URL | てっさん #-[ 編集]
先日は…
久しぶりの再開でしたね。私が帰ったあと、そんな密談があったんですね。
もしかして、あの人が所望して「何艇売れるんだ?」とダグ社長に返されたという「アレ」のライトバージョンですか?
続報は次回カサラノデイの時の楽しみということで。またよろしくお願いします。
2012/03/30(金) 22:26 | URL | ヒグチ #-[ 編集]
Re: 先日は…
 ヒグチさん、遅くなりました。
 ほんとうにご無沙汰でした。またもや湖上からの来訪・・・なかなか渋かったですよ!
 
 この話は、ほんとびっくりしました。お開き寸前に大瀬さんからの話でした。一部ユーザーの方は、販売されれば即買いとか・・・。


> もしかして、あの人が所望して「何艇売れるんだ?」とダグ社長に返されたという「アレ」のライトバージョンですか?

 その話、知りませんでした。アレ・・・さてどの艇でしょう。
 それはともかく、無事販売となって欲しいものです。一体どのようにして軽量化するのか?はたまたどの程度、海をツーリングできるのか?電車派の僕にとっては興味津々です。

 それではカサラノデイにてお会いしましょう。よろしくお願いいたします。
2012/04/02(月) 17:16 | URL | てっさん #-[ 編集]
この新しい10キロを切るカヤックはとても良い出来です。

勿論、海で使うために開発されたものです。
これだけの重さになると根本から今までの常識と違った、発想でないとできないです。
といって、舟の安全基準が下がるということはなく、敢えて車の衝突実験と同じように、大波のところで大男(?)がサーフイングさせて舟を壊し、どの部分が弱いのか、といったテストも済ませています。

出るのは間違いないので楽しみです。

値段もKライトより安くなるようですよ。
2012/04/16(月) 01:14 | URL | kurrent #-[ 編集]
Re: タイトルなし
 今までの常識と違ったというところが果たしてどういうところなのか、22日にでも大瀬さんにお聞きしに行ってこようかと。まあしかし大波で大男のでの実験・・・・頑丈さも期待できそうですね。

 値段もKライトより安くなると。これは今年のファルト界の話題をさらいそうですね。

 10kgを切り、瀬戸内や琵琶湖漕ぎも全く問題なさそう、いや外海の沿岸ツーリングも穏やかなら十分こなせそうなら、かなり脅威的なカヤックとなりそうですね。かなり楽しみです。
2012/04/17(火) 11:38 | URL | てっさん #-[ 編集]
大瀬さんの所に行けば、恐らく、新しいカヤックを見ることができます。

彼は今回、この舟の青色のものをカナダから持って帰っていますから。

まだ、写真をHPに載せないところを見ると何か考えがあるのかもしれません。

もう、この新しいカヤック(kurrent)をオープンにしても構わないとFC社から言われたので、
私もこうして書いているのですけど。

写真も何枚か、ウイスパーと比較したのもあります。(だだし、ipodでの写真なのであまりクリヤーには撮れていませんが)。
2012/04/19(木) 09:45 | URL | kurrent #-[ 編集]
Re: タイトルなし
 kurrentさん、日曜日天候駄目ですが、これはどうしても行かないといけませんね。

 そして有れば試乗させていただき、レポートを書いてみます。

 まあしかしまさかフェザークラフトが超軽量艇を作るとは思ってもいませんでした。



2012/04/19(木) 23:41 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。