ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
            img476.jpg     img485.jpg

 いつもどおりながら、屋上からの景色出張編です。写真は神戸の「関帝廟」です。関帝とはもちろん「三国志」に出てくる、「関羽」(字が雲長)のことです。死して後、その信義が故に関公、そして関王、ついには帝に上り詰める事になりました。何故か当方は正式な神名?は関聖帝君と言います、恐らく。何故かこの「カンセイテイクン」という神名が好きです。

 当方が最初に歴史が好きになったのは、ひいては読書を趣味としたのは、漫画「三国志」(著者は故横山光輝氏)を読んだからでした。これから活字にはまり、歴史の本を読んで一気に読書好きに。なかでも1巻目で関羽と弟分である張飛が、素手で悪党どもをぶん殴りまくるところは、子供心に非常にかっこよく、印象的でした。そういう意味では当方にとって「関聖帝君」は恩人でもあります。読書という趣味は「ファルト」「写真(カメラ)」と同等以上に素晴らしい趣味です、ほんと。それはともかく、単焦点の50mmレンズ一本で行ったため、二枚目の写真がまともに撮れなかったは失敗でしたが。全景をいれて「日の丸構図」で撮ろうとしたのですが、引ききれませんでした。

 それはともかく、とりあえずやる気が出てきたので、テンプレートを以前のタイプに戻したのはいいのですが、過去の記事に掲載している写真の位置関係がずれたり、文字の色が背景に適していなかったりと、まあいろいろ面倒くさいです。そのあたりは気づいた記事から訂正していきます。

 ついでに以前は艇種別の出撃回数を表示していた、左上のコーナーを「カヤック阿呆ニュース速報」としました。ただ問題は「なんのニュースなの」というところです。ここはまあ適当なことを書こうかと、というよりなんも考えもなしに「やって」しまったので、正直自分にもどうすればいいのか分かりません(笑)。そもそもファルトのニュースって頻繁に出てくるものでもないし。やたらと次の記事が長引いた時の「予告編」でもよし、ツイッター的なつぶやきでもよし(ツイッターはやったことがありませんが)。まあ何かをたまに書きます。

 徐々にもとの「ファルト専門」ブログに戻していこうかと。まあ完全に専門ブログには戻しませんが。ということでカメラネタを期待していた方、申し訳ございません。いや誰もいませんね・・・そんな方は。まあ少しは書きますが。ただその妥協案として、モノクロ画像はしつこく掲載しようかと。あと表紙の写真をたまにモノクロにしてみようかと思っています。それにしても、最近改めてカヤック関係のブログを見まくっていますが、「モノクロ」で撮っている方はいませんね。見落としているかもしれませんが、少なくともある程度継続してモノクロ掲載している方はいそうにありません。ということで、モノクロ自家現像を始めたのもあり、当方がその役を担おうと思います。これも全く期待されていなさそうですが。

 もう一つついでに25日は世話になっている神戸の写真店の引越しを手伝ってきました。これがその時の「戦利品」です。   
      
                    IMGP0033_20120327172549.jpg 

 コダックの恐らくパンフレット置きでしょうか?これはマニア垂涎の的か・・・・いやそんなことはないか。意外と使いやすく、邪魔になりません。とりあえず、スキャナー関係品やフィルムネガバインダー、あとネガフィルム置場(フィルムにもよるがネガフィルムはある程度の温度までは冷蔵庫に入れる必要がありません)となっています。

 それはともかく、さて次に日曜日からカヤックを本格的に再開予定ですが、困ったものです。シーショアで初めての場所を漕ぐか、カサラノの練習ツーリングに出るか、でも時には大判カメラで撮影旅行に行きたいし、あとカヤック仲間とも漕ぎたいし、カサラノデイもあるし、やはり休みとお金が足りないな。そうそう「婚活」も忘れちゃいけないし・・・・・。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。