ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 しかし本当に昨日は凄い雨だった。ふと外を見ると、道路が冠水している。これはやばい!と思い、店に向かうことに。が大雨と冠水状態の道路、ダッキーを浮かべて・・・ではなく(もしダッキーを膨らませた状態でおいていたら、本当に浮かべていたかもしれない)、カヤックの装備を使おうと即思い立ったのはカヤック乗りの面目約如か?

 ドライスーツは勿論大げさ、ドライパンツもまあいらないか。というわけで「ファイントラック」のフラッドラッシュ上下で行くことに。 
                     
                    IMGP0035_20120404234752.jpg


 途中の大雨や冠水道路もなんのその、店付いてからの店内掃除も問題なし。濡れても寒さをさほど感じない。まさに最高の働きをしてくれた。カヤックの装備が水害(というほどでもなかったが)に使える、当たり前といえば当たり前ではあるが、本当に快適に作業が出来たな。
     

                    
IMGP0041_20120404171106.jpg

 
予断ではあるが、大雨ゆえに、昨日は仕事まで家でのんびりしていたわけであるが、去年相当失ってしまった、私の中の「漢」(おとこと読むのは言うまでもない)をとり戻すために読書をしていたわけである。それが写真の本。「民明書房大全」である。最早説明不要。子供の頃、2ヶ月くらい本当に信じていたんだけどなあ。私の正座はかに座なのだが、かに座が「アルデバラン」だった時の衝撃と同等であった、それが「嘘」であったのを知った時は・・・。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。