ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 随分前の話ですが、オフレコであったので書くのが遅れていた話題を書きます。厳密に言うと書き忘れていたといったほうが正しいですが。

 フジタカヌーのファルトは標準色以外に、5パーセント価格がアップするものの、特殊色が選べるのが魅力なのですが(残念ながら選ぶ人は少ないみたいです、いいと思うんだけどなあ)、それだけではないという事の話です。

 その前に特殊色の一番人気は白だとか。後、ピンクなんかもそこそこ人気があるとか。

 それはともかく、リンクさせていただいている「新米パドラー」さんが、偶然見えられて、450を注文していかれたのですが、なんとそのときにご自身が考えられてデザインされた印刷物をもってこられてしました。この通りにデッキをデザイン及び色で出来きるのか、河野さんに問い合わせ、河野さんがフジタサンに聞いてみるという流れでした。

 流石に正直「これは無理だろうな」というのが当方の感想だったのですが、電話する河野さんの様子を伺うと、意外に話が進んでいるような・・・・。というわけでちょっと時間掛かるけどやってみるとの事で決まりました。いやほんと「マジですか!?」と思ったものです。勿論+αの値段は掛かりますが、出来れば世界で一艇だけのデザイン及びカラーの艇。値段については聞いていませんが、まあフジタカヌーですからさほどのプラスではないかと推察しますが、このあたりは断定できないのでさてさて。


    img927.jpg     img928_20120419235108.jpg     img923.jpg 

 ということで後日行かせてもらった時に撮った写真がこれ(一番右の写真)・・・・・「殆ど見えてないやん!」と。実はこのときは本人もまだ見てないので、これで遠慮させていただいたのですね。というわけで新米パドラーさんのブログにリンクさせてもらって、実物を拝見と。

 流石はフジタカヌー、細かいところに手が届くというか、「よくやりはったなあ」というのが正直な感想です。
 ただこのときはシーズンオフの寒い季節ゆえに、ある程度余裕があったのではないかとの話もありますので、暖かい季節になり、注文が殺到している時は難しいかもしれません。ついでに言うと、今回のはある意味「特例」的なものかもしれませんし、興味がある方は出来るかどうか問い合わせしてみてください。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
ちょっと訂正
てっさん こんにちは。

自分の事が紹介されると少し照れくさいものですね。

デザインの経緯ですが、何かアクセントを付けたいとネットを探していると「ぽから」さんのHPのNo24のデザインhttp://www.faltboat.net/imp/pokara_sp/mycolor.htmに惹かれるものがあり即、印刷して持ち込んだ。が正確なところです。私ではあの発想は到底浮かびません。ほからさんを誉めてください。 
2012/04/20(金) 21:00 | URL | パドラーしげ #-[ 編集]
Re: ちょっと訂正
パドラーしげさん、こんばんは。
 
 早速ぽからさんのブログを拝見・・・凄いですね。
 一応遠慮気味に今回ブログを書きましたが、その必要が無かったようです(笑)。

 まあしかしフジタカヌーらしいといえばそうですが、ほんとよくやってくれたというところですね。
 流石に今の時期では無理でしょうね。



> てっさん こんにちは。
>
> 自分の事が紹介されると少し照れくさいものですね。
>
> デザインの経緯ですが、何かアクセントを付けたいとネットを探していると「ぽから」さんのHPのNo24のデザインhttp://www.faltboat.net/imp/pokara_sp/mycolor.htmに惹かれるものがあり即、印刷して持ち込んだ。が正確なところです。私ではあの発想は到底浮かびません。ほからさんを誉めてください。 
2012/04/20(金) 23:36 | URL | てっさん #-[ 編集]
 この話をたしか四月のスクールで(常連の顔出しばかりのメンバーばかりでした)チョロっとネタで出したら苦労はしたけど やり甲斐はあったみたいですよ。
 
 縫製のおばちゃんの年期のなせる技でしょうかね、職人魂に火が就いたのか楽しんでたみたいな感じの印象だったみたいな答えが社長さんの方から返ってきました。

 こういう職人魂の会社は大事にしないとダメですよね、
2012/06/04(月) 21:17 | URL | やし #0oI0TrLw[ 編集]
Re: タイトルなし
 やしさん、流石はフジタカヌーというところです。
 正直「無理だろうな」と思っていましたが、河野さんがかけた電話から、意外と何とかできそうな雰囲気が伝わってきて、結局やってみようということに。

 まさに職人技ですよね。痒いところに手が届くというのがフジタカヌーですね。

2012/06/06(水) 00:09 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。