ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 鶴島に別れを告げ?一路鹿久居島に向かう。鹿久居島、何度も来ているが(というよりも出撃地の問題でほぼ必ず通る)、裏に抜けることが出来る浜にはまだ上陸していなかったのだ。というわけで、行ってみる事に。


       img902.jpg     img894.jpg     img889.jpg

 穏やかな眠気を誘う海を漕いで、その浜のある湾に入っていく。奥行きや高さもそこそこの浜に上陸、最後の休憩かつ探索(というほどでもないが)に向かう。検討をつけて見ると、獣道らしきものが見える。結構ゴミが散らかっている。今の季節虫が多そうなので少し覗いただけでやめておくが、なるほどこれはすぐに裏にいけそうだ。

 その浜にて写真を何枚も撮る。時間は十分あるのでのんびりくつろぐ。ほんの少しだけ南国の香りがするのは気のせいなのか?

 いつでも来れると思っていたのでほったらかしにしていたが、やっとくることが出来た。ある意味結果を知ろうと思えば知ることが出来るものの、放置していた問題?のようなものである。例えば「次元大介」の名前の由来である。ルパン三世や石川五右衛門はそのまんまであるが、次元大介の由来は如何?

 ちょっと前についにネットで調べてみる事にした。有名なガンマンなのだろうか?「ワイアット・アープ」「ビリー・ザ・キッド」「カラミティー・ジェーン」「ジェシー・ジェームズ」違うなあ・・・・で検索。なんと作者が「次元が違う」という言葉が好きだったから次元と名をつけたとのことだ・・・・マジですか!?そんな単純な理由だったのね・・。

 話のついでに謎といえば、高校時代に世界史を選択していた方なら知っているだろう、ローマ帝国五賢帝である。ローマ帝国時代、名君が5人続いた(世界の歴史でもまれである)のであるが、その5人を称えて五賢帝と称するのだ。まあしかし5人の名君がたて続けに輩出されるというのは、聞いたことが無い。大概、どうしようもない阿呆が出てくるものだが。たまたま原因が分かってしまった。ほんとネットというのは何でも調べることが出来るものだが、この件は「ネロ」について調べていた時にたまたま引っかかったのだ。

 ということでこのブログを呼んでいただいている方の9割9分の方は興味がないだろうが、折角なので書いてみよう。まず今の時代と風俗が全く違うということを念頭において、前の皇帝が後継者を選ぶ時に「聡明な」と「見目麗しい」男子を選んだということが。聡明は分かるが、さて「見目麗しい」というのを例えばタイプと置き換えれば・・・・・ほんとマジですか!?知らなかった方がよかったのかどうかである。大体分かっていただけたと思うが、一応書いておくと五賢帝は確か子供がいなかったとか(妾の子供はいたかもしれないが、ネット上ではいなかったと書いてあった。まあ真偽の程は定かではない)。世の中知らない方が幸せなことも多いものだな。


               img880.jpg     img891.jpg



 そろそろどうでもいい脱線から戻るとしよう。鹿久居島の浜に20分程いただろうか、入電に戻る事に。沿岸沿いを漕いで行き、鵜の石鼻に近づくにつれて、波風がやや強くなっていく。結構複雑な波で、ほんの「ちょい荒れ」。デッキを波が洗っていく。すっかりデッキが濡れそぼった?ところで、波は穏やかになる。一応の難所を抜けた後は、穏やかな瀬戸内が戻ってきた。

 小さな岬を越え、出撃場所の入電が見えてきた。ここからはゆるい追い潮に乗って進んでいく。段々と右肘が痛み出してきた。実は右ひじが何故か少し前から痛み出し、ある角度で思い荷物を持つと、痛むのだ。さてカヤックではどうだろうと思っていたが、まあゴールに近づいてやっとそこそこ痛み出したというところ。まあなんとかもったな。

 ゴール30分程前に、左手前方にカヤック集団発見。結構遅い時間に出撃したものだ。いやもしかしたら今日何処かでキャンプでもするのだろうか。出撃地は恐らく入電だろう。実際上陸後それらしい車を発見。


                       img870.jpg

 3時30分前にはゴールに到着。Tさんはカートップで、当方は折畳んで撤収する。まあしかし久々に入電から日生を漕いだが、なかなか新鮮であったな。電車派である当方はどうしても駅近の場所から出撃するので、なかなかどうしてこちらからは出る事は少なくなるのだ。琵琶湖でもどうしても湖西線沿いになるし。7月にK2で出撃予定なのだが、車使用も考えたものの、結局電車行になりそうだ。どうも電車行の呪いが当方にはかかっているようだ・・・。

 さてそれから温泉と食事を取りに行く事になったのだが、まさかとは思うが、この温泉のお陰か右肘の痛みが少しましになり、もしかすると接骨院に行く必要が無くなるかもしれない状態に改善しているのだ!ちょっとびっくり。ただ仕事がやたら忙しく、また別件でちとめんどくさいこともあり、体はちょっとふらふらだが。といいつつ土曜日は雨の中「大判写真展」を見に行ってきたが。そして日曜日はカサラノデイへ。まあこれは今回と関係ないが。

 まあしかし日生がだんだんとメインゲレンデに戻って?きた。車でも電車でも来やすく漕ぎやすく、飽きない場所、なかなかこういう場所は無いのだと改めて感じた一日だった。

 さて最後にパドラーしげさんの愛艇アルピナ450ハイブリッドの実際の色を・・・。
 
                 IMGP0065_20120616171444.jpg     IMGP0066_20120616171443.jpg

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
マニアックな話やなあ。突っ込みにくい・・・
2012/06/16(土) 18:17 | URL | 鸛 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/06/18(月) 00:19 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
 鸛さん、謎というのはその理由が分かってみると「そんなもんか」と思うことが多いものです。
2012/06/18(月) 14:21 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: 温泉効果
たびたび登場していただいています、パドラーさん!

 温泉目指してカヤックというのも面白いかもしれませんね。普段は漕がないマイナーな場所もそれ故に漕ぐ事になり、自分だけのフィールドになるなんて事もあるかもしれません。
2012/06/18(月) 14:22 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。