ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 まあまあ久々の屋上からの景色です。うちの屋上はもしかしたら「てっちゃん」(鉄道マニア)には堪らないかも知れない場所です、どうでもいいことですが。


           IMG_0004.jpg     IMG_0009.jpg
 
 これは数日前の画像ですが、K2の船体布乾してました。梅雨明けで一気に暑くなってしまったので、あっという間に乾燥。そういった意味ではいいんですが、8月の日本海、もしかすると40℃オーバーなんてあるんじゃないかと思っていたりします。たまらんなあ・・。

 それからついに四十路突入となりました。その前後であれこれといろいろありまして、出費が嵩み、結構金欠状態かつ諸問題が積みあがりました。まあ別に深刻な案件があるわけではないのですが。

 この3連休は天気予報が二転三転、遠方に行かず携帯を「アイフォーン」に変えたのと写真撮影に行ったくらい。暑過ぎてフィルム2本くらいしか撮れませんでしたが。まあしかしアイフォーンへの移行が結構手間取り、結局これで休みの半分はとびました。7月22日に使用している携帯が電波の問題で使えなくなるので、どうせならスマホがいいだろうということで。カヤックでも天気予報が大きな画面で見れますので、強い力となりそうです。

 連休中は母校(大学)の近くにある、僕が「日本で一番おいしいと思っている」カレー店に行ってきました。それから母校をモノクロで撮影。構内にて高校生に道を聞かれて、何故か「僕が在校中、もしかしたらこの子達はまだ生まれていなかったのかもしれない」なんて思うと、卒業してから相当な年月が経っていることを改めて実感、ほんと早いもんです。人生後精々30年程度か。まさに「泡沫の夢」というやつですね。

 それからついにフェザークラフトから「カレント」がデビューしました。もともと確か6月半ばくらいだったはずですが。最後の詰めに時間をかけたのかな?それとも各地からのフィードバックを反映でもしたのかな?

 インプレッションはそのうち試乗させていただいてから書くとして、基本スペックはグランストリームHPを参照してください。船体布は信号色の青、黄、赤ですが、いきなり特別色?がHPに載ってます。これは「要相談」ということでしょうか?

 以前聞いていたのと違い「サイブレースバー」(膝をかけるフレームのこと)が標準装備というのが嬉しいところです。もともと操作性の高いカヤックですが、これでよりアップしますね。

 以前にも書きましたが、国産艇とフェザークラフト艇をともに検討している人の話を聞くと、大体どちらかは「とりあえず」検討しているという印象を受けてましたが(と言いつつ最近その予想が外れてきてます)、カレントが出ることにより、相当混迷を極めそうです。なかなか面白くなってきました、私的には。

 コンパクトかつ超軽量で組み立てが楽故に、二艇目以降の艇として手に入れる人にとって危険なのは、ついついカレントばっかり使ってしまうことでしょうか。

 今回はこんなところで。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
自分も納品のときカレントみましたけど、あれは以外と上級者向けかも?ですね。

 生地が予想以上にうすいので大事に扱わないと、すぐに破けてしまいそうな気がしました。

 たしか当日近藤さんがKライトのスキンだけ新しいモノを購入してましたけど、あれはいいですね〜フレームは大昔のモノだけど、構造が全く変わってないそうで今のモノでもはまるそうです。

 カフナ買っちゃってあれですけど、kライトもまんざら悪くなさそうです、
2012/07/21(土) 08:49 | URL | やし #0oI0TrLw[ 編集]
四十路突入おめでとうございます。

やはりカレントは購入してしまうのですか?

置き場にも困らなそうですし。
2012/07/21(土) 08:53 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
 やしさん、確かに船体布は気をつけないといけないみたいですが、まあ下手に乗り上げたりしない限りは大丈夫かと思います。乗り込むときも水の上で。まあこれもファルトの基本ですが。まあ軽いので簡単に持ち上げられますので、そうそう穴が開くことはないかと思います。

 カフナもラダーとったら約16kgだったかと思います。十分軽いですが、Kライトから比べるとってところですかね。

 当方もK2のスキンをデッキだけコーミングごと変えたいなと思っています。が先立つものが・・。
2012/07/21(土) 17:08 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
さすけさん、

いよいよ不惑です。あっという間でした、ここまで。

カレントは・・・・・・欲しいですがとりあえず今はフェザークラフト艇としては、
カサラノを乗りこなすのが最重要課題ということで。あとK2のデッキスキン及びコーミングを変えたいのもありますし。

2012/07/21(土) 17:10 | URL | てっさん #-[ 編集]
カレント、所有しています
正式発表後、ディーラーに即座に発注しました。当初6月中旬という予定が結局ひと月遅れで手に入れました。すでに2回漕いでいます。
かんそうは、回転性能が高い、思ったより安定がある、スピードもかなり早い、という感じです。
薄いスキンは表面はツルツルですが、思ったより摩擦に強そうです。現に目に付く傷はなかったです。薄い生地を何層か張り合わせたきわめて丈夫なスキンだと実感します。組み立ても拝み合わせで、簡単です。
あとコクピットがでかい!のでサイブレイス・バーも必要です。波や風でくるくる回転してしまうのでスケグが必要と思います。
おそらくこれがメインになると思います。カフナは遠征用にします。
実はスキンは一度不良品で交換しています。
熱圧着のパーツが簡単にはがれてしまったのす。初期ロットのため仕方がないですが、おかげでカナダから代替品を送ってくるまで、乗れていません。
今週末に再度漕ぎにいきます。新スキンでの進水式になります。
2012/08/15(水) 21:25 | URL | 岩ちゃん #ofxKis3k[ 編集]
Re: カレント、所有しています
 岩ちゃん、初めまして?

 手に入れられましたか!感想に関しては当方も大体同じ様に感じました。
特にコクピット広いのと安定性が高めなのがびっくりでした。

 軽く小さめの艇ゆえに、安定性がもう一つでコクピットも狭い目なのかと思っていましたが、これはなかなかいい点ではないかと思います。

 スキンが丈夫そうなのもいいですね。再度僕も乗ってみたくなりました。うっかり発注しないように気をつけないと(笑)。

 スキンは残念でしたね。まあしかし話を聞いていますと相当数の発注がありそうですね。ユーザーが一気に増えそうですね。



> おそらくこれがメインになると思います。カフナは遠征用にします。
> 実はスキンは一度不良品で交換しています。
> 熱圧着のパーツが簡単にはがれてしまったのす。初期ロットのため仕方がないですが、おかげでカナダから代替品を送ってくるまで、乗れていません。
> 今週末に再度漕ぎにいきます。新スキンでの進水式になります。
2012/08/18(土) 11:58 | URL | てっさん #-[ 編集]
漕いできました
初めましてでした。
フェザーユーザーはどこかで必ずすれ違うと思うので、お許しください。
さて本日、新しいスキンで漕いできました。
約18kmほどですが、出発点には高速バスを使ってアクセスし、終了点からはJRの特急で帰ってくるというカレントならではの漕ぎでした。カレント本体は背負ってというスタイルです。正直、こういうカヤック旅が出来るのがカレントの魅力だと思います。やはりカフナじゃなかなか重くて出来ない。
そして初めてカレントにサイブレイスを付けましたが、より操作性が増していい感じです。途中豪雨に見舞われ、強い向かい風の中、急いで岸に向かいましたが、艇が軽いので波の上を滑っていくようで早かったと思います。安定性も高いので、怖いと思うことがなかったです。ただすぐに回転してしまうので、直進を保つにはある程度慣れが必要ですね。スケグは有効です。
ひょいと背負って、近場に漕ぎにいく。そんな身軽さがカレントにはあります。
あとカレントがどこまでの海況に耐えられるのか、大瀬さんたちのテストが楽しみです。
2012/08/19(日) 21:11 | URL | 岩ちゃん #ofxKis3k[ 編集]
Re: 漕いできました
 岩ちゃん、またいつかそのうちですね。

 カレント、電車行では無敵ですね。交通機関を選ばず、バスで込んでいてもなんとでもなるのが良いですね。
 サイブレイスが標準装備になったのは、良かったです。以前試乗した際には無くても何とかなると思いましたが、距離を漕ぐツーリングにおいてはやはりあったほうが良いですね。

 風に対して強いと言うのは当方も感じました。ウェザーコッキングにも耐性が高い?かと。

 カレント、僕が使うならやはり瀬戸内のアイランドホッピングですね。穏やかな瀬戸内をどこまでも、そしてどこででもあがり、場合によっては駅まで距離があっても、担ぐのが気にならないでしょうから、普通の艇よりさらに漕ぐルートバリエーションが増えそうです。  



> 初めましてでした。
> フェザーユーザーはどこかで必ずすれ違うと思うので、お許しください。
> さて本日、新しいスキンで漕いできました。
> 約18kmほどですが、出発点には高速バスを使ってアクセスし、終了点からはJRの特急で帰ってくるというカレントならではの漕ぎでした。カレント本体は背負ってというスタイルです。正直、こういうカヤック旅が出来るのがカレントの魅力だと思います。やはりカフナじゃなかなか重くて出来ない。
> そして初めてカレントにサイブレイスを付けましたが、より操作性が増していい感じです。途中豪雨に見舞われ、強い向かい風の中、急いで岸に向かいましたが、艇が軽いので波の上を滑っていくようで早かったと思います。安定性も高いので、怖いと思うことがなかったです。ただすぐに回転してしまうので、直進を保つにはある程度慣れが必要ですね。スケグは有効です。
> ひょいと背負って、近場に漕ぎにいく。そんな身軽さがカレントにはあります。
> あとカレントがどこまでの海況に耐えられるのか、大瀬さんたちのテストが楽しみです。
2012/08/23(木) 23:16 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。