ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
 はよ更新しないとあかんなあ!と思いつつ、遅くなりました。仕事場でのエアコンバテ(自室ではエアコンは基本的に使わない)がきつく、ここ最近休日以外あまり外出せずに家でのんびり過ごしていたりします。
 
 それはともかく、4回目のカサラノデイです。今回の内容は、これまで学んだ技術のおさらいで再乗艇メインという感じでした。というわけで、脱線話?メインに書いてみます。因みに参加者は6名だったかな?とりあえずはその1。その2は書くかどうか不明です(笑)。写真は大瀬さんにいただいたものを張らせてもらいます。文章との関連適当で行きます。

 
 ロール

          IMGP2685.jpg     IMGP2679.jpg

 私は大器晩成型ということで・・・・。もうちょっとのような気がするのだが。
 神戸のHさんがやっていた、パドルフロートを片方につけて、付いていない方で挑戦、駄目なら付いている方で上げるという方法が使えそうである。これなら再乗艇をしないですむ。ちなみに当方は、浅瀬でやってなるべく再乗艇をしない方法で練習していた。その前に何度か再乗艇練習になってしまった(ロール失敗して沈脱)故に、やたら上手くなってしまった再乗艇。最後は「超高速」再乗艇(一発でコクピット横から跨れた)・・・・喜んでいいのやらであるが。まあロール(スイーブ)についてはまあぼちぼち。ネットで見ていると、「ストームロール」というロールを発見。これはなかなか上がりやすそうなので、今度試してみるとしようか。スイーブロールも継続してやっていくが。

  
 何種類も艇を持つ事に意味はあるのか?

                        IMGP2691_20120906020840.jpg

 という話になってしまった。初めてお会いした方に、私がブログを書いていることがばれて、「何艇ももっているんですよね?」なんてながれになってしまったのだ、それも大勢は僕の分が悪い方に流れてしまっている・・・。それから何故か「その必要は無い」「艇を多く持ちたい気持ちが分かる」という軽めの?議論になったと言うわけだ。というわけで何故艇が増殖する羽目になるのか、語ってみよう。

 さてとこれまで何度か「シーカヤックタイプ1艇と小型タンデム艇1艇の計艇あれば大体間に合うと書いたことがある。
 そう「とりあえずこれで大体カバーできる」と言い替えても良い。

 例えばカフナと小型タンデム(フェザークラフトに適当な艇が無いのでアルピナ2-430とする)をもっていたとする。2年くらいこれでやっていったのだが、既にファルト地獄から逃れられなくなってしまった。

 そしてもっと遠くへ、ちょっくら海峡横断やってみたいなあ・・・・K1もしくはヘロン
 
 よりライトなカヤックで楽々電車行・・・・Kライトかカレント
 
 もっと光を・・ではなくもっと刺激を、エキサイティングをとなるとカサラノ

 くそ暑い夏を遊びまくってやる・・・・シットオンのジャバ
 
 とまあこんな感じだ。
 3艇もしくは4艇持てば明らかに貴方のファルトライフは2艇に比べてかなり充実する。でそれで済んだらいいのだが、あるところには集まるものだ。一種の不可思議な引力と言うべきか。お世話になっている店、カヤック仲間・うっかりオークションを見てしまった!と諸般の事情により「魅力的な値段の中古艇」が出てたりするのだ。もともと買う気はさほどでは無かったものの、ついつい確保と相成る次第。「まあ人生一回」「生きている間にやりたいことをやらなきゃ損」「4艇も5艇もかわるかい!」と適当な理由をつけてしまうわけである。でそこで冒険話なんかを聞いてしまって、うっかりK2で止めを刺される・・・・。

 気がつけば何故か手元に使いこなせない程の艇が増殖しているのだ。が増殖させてみて意外と後悔が無いのは不思議である。


                        IMGP2671.jpg
 
ファルトのフレームやザックを見ていると、何故か落ち着くのだ。まあヒーリング効果ってのがあるのかもしれない。
 あと相当古い艇は新しい艇に似比べていろいろと使い勝手や性能は落ちる場合が殆どなので、結局眠ったまま朽ち果てるのを待つのみだったりするのだが、そういった艇をみているとついつい「救世主」になりたくなったりと。僕の艇で言うと八号艇トランパーかな。

 既婚者の方なら家庭の事情もあって難しいが、独身の貴方、今はともかく将来「持たないで我慢できる」と思っている方、そう甘くは無いのです・・・・・と思います。まあただ僕の八艇ってのは確かに持ちすぎだと認めるのにやぶさかではないが。

 
 ブログを書くモチベーション

                 IMGP2690.jpg

 という話も出たわけである。というよりカサラノ&ウィスパーユーザーのKさんに「ブログ書きませんか」と当方が言ったら、「モチベーションが保てません」というお答え。そうなのだ。かつてはブログを書く「目的」「意義」のようなものを持っていたが、言われてみるとさて何で書き続けているのだろうと思わないでもない。

 とりあえず長い間続いているし、結構読んでいただいているので、軽い義務的なものもしくは習慣みたいなものかもしれない。
 今度書いている方に聞いてみよう、貴殿は何ゆえブログを書き続けているのか?と。

 と改めて考えてみると、ファルトのブログを書く人はどうしても少なくなるわなあ。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
待ってました(^-^)
「いつ更新されるのかなぁ~?」と毎日のぞきにきてましたよ(笑)
先日の「カサラノデイ」に初参加したmauiです。昼食時や終了時にいろいろファルトのお話を聞かせていただき大変参考になりました。
当ブログはこれからシーカヤック(とりわけファルト)を購入しようという方に対し大いに参考になる内容ばかりです。是非今後もいろんなトコに出掛けてレポをお願いします(^-^)たくさん持っているが故に分ることも多いはずですのでね。
僕も次はヘロンが欲しいな。。。
あ、次回のカサラノデイにも参加予定ですのでよろしくお願いします(^-^)
2012/09/06(木) 19:07 | URL | maui #pK.oNfME[ 編集]
わたしも、許せばもう2艇欲しいですね!
私の場合、ポリのリバー艇が2艇 ファルトが4mのブリジャンテとカサラノですから
あと、オープンのタンデム艇とWFのQaanaaqがほしいところです。
艇の特性があるからはまって行くんですよね!
それと私の場合、いろんなOUTDOORを続ける為のモチベーションが「ブログ」なんです。
2012/09/06(木) 22:21 | URL | 沢味家 #NQuTWvPQ[ 編集]
先日は…
お疲れさまでした。次回のカサラノデイも楽しみですね。

私も独身なら所有艇増えてると思います。欲しい物いっぱいです。今は金だけでなく時間がないんです。

ブログ、続けてください。てっさんのブログがカサラノに興味を持つきっかけでした。まさかその時はご一緒にロール練習するとは夢にも思っていなかったですよ!
2012/09/06(木) 22:49 | URL | ヒグチ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
mauiさん、先日は有難うございました。
更新が遅くなりました。
適当に書いているようなブログですが、まあぼちぼち
書いて行きます。

で、ブログ書かれていたんですね!ファルトのブログは貴重です。
やめないで、書き続けてください!

ヘロン、ヘビー路線ですね。ヘロンいいですね。
遠征艇とは思えない程操作性が高いのは魅力ですね。

ではまたカサラノデイにて宜しくお願いします。
2012/09/08(土) 10:13 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re
沢味屋さん、色々所持されてますね!

カナック、ちょっと僕も乗ってみたいです。
特にトランザムを。艇もカメラも欲しいものがあり過ぎて困ります。

成る程、ブログを書くモチベーションはそうなのですか!
まあブログは少しは参考にして頂いているようなので、書く意味は
ありそうです。
2012/09/08(土) 10:23 | URL | てっさん #-[ 編集]
風光明媚な場所で練習するというのはいいものですね。
ブログを書くというのは、帰ってきてから、その日の事を反芻しながら書くので、もう一度楽しめるからです。それから、書き上げたときの達成感もあります。その日のブログの完成度は、ツーリングでいかに多くのことを感じたかによりますね。
2012/09/08(土) 12:03 | URL | Oe #JalddpaA[ 編集]
Re: 先日は…
ヒグチさん、先日はお疲れ様でした。
お金と時間ですね。年収1500万円完全週休二日かつ有給休暇(笑)
これなら買いたい放題、遊びたい放題ですね。

ブログはまあぼちぼちやって行きます。
まあそれにしてもカサラノは楽しいカヤックですね。
でまさにカサラノでの縁ですね。ロール早く上げたいものです。

2012/09/08(土) 17:01 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
 Oeさん確かにそうですね。景色の良い場所での練習は。
 
 ブログについては相変わらず「漕行記」だけは正直あまり楽しくありません。どうも自分が知っていること再度なぞるということに「退屈」さを感じるからかと思います。

 ただ書き上げると「ほっと」し「達成感」を感じるのは当方も思います。
2012/09/11(火) 10:54 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する