ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 9月9日は再度マキノへ。頼んであったタープの受け取りと、カサラノの練習を兼ねて行ってきました。 ではその時の話を・・・
 
 本日は徹夜のためだるいなあと思いつつ到着すると、すでに数人のユーザーの方がいらっしゃる。それ以外にもアルフェックやフジタカヌーのファルトボートがあちらこちらに。急に元気回復。なかなかいい眺めだ。


 ウィスパー検討されている方がアルフェックのアリュートを組み立てていたので挨拶してそれを見せていただく。


 そうこうしているうちに大瀬さん到着。タープを受け取る。ヒルバーグのUL10という軽くて大きなタープ。これをメッシュテントのフライ抜きで組み合わせて、キャンプに使おうという魂胆。暑がりの僕がたどり着いた結論だ、というよりグランストリームのブログを参考にさせていただいた。キャンプツーリングが楽しみになってきた。いままで暑さのため快適に眠れた事が無いので期待度は大だが、タープをまともに張った事が無いのがちょっとあれだ。まあ最悪テントの上に風通しをふさがないように被せておくとしよう。


 とともに梱包されたウィスパーを発見。本日納品とのこと。最近マキノに寄らせてもらうたびに新艇購入された方とお会いするなあ。ファルトボート仲間が増えるのは嬉しいものです。もっともっと海を行くファルトボート乗り増えて欲しいものだ。ちなみに当日のウィスパーはスタンダードスキンでご夫婦でいらっしゃっていた。奥さんもカフナ、ウィスパーに試乗。是非洗脳?してあげてください。


 その後今回はじめてお会いするウィスパー検討者のTさんと話をさせていただく。1人で冬山にスキーもって行ったりして楽しんでいるとの事。カヤックに興味を持ち旅をするには一番向いているであろうフォールディングカヤックを検討されているとの事。正解です。旅するカヤックはフォールディングカヤックに如かずです。ちなみに当ブログを参考にしていただいているらしい。あり難いことです。しかし「カヤック阿呆が今日も行く」というふざけた名前なので「カヤック阿呆のブログ」といわれるとちょっと恥ずかしいなあ。


      IMGP1338.jpg    IMGP1343.jpg


 ちょっと休憩して朝食終了後、ウィスパーの試乗艇組み立ての手伝いをしてからカサラノを組み立てる。今回は比較的すんなりと行く。コクピット前後のリブフレーム嵌め込みも、大分楽になってきた。船体布に型がついてきたのだろう。


 昼過ぎ位に出艇したが、今回は何かが違うのだ。まず乗り込むときに適当に乗り込んだのでグラグラするものの身体動作でバランスとって問題なし。スプレースカートを嵌める時にカサラノをなるべく揺らさないように嵌めていたが、今回は適当にお構いなくバランスを取りつつ嵌める。何時の間にやらややレベルアップか?


 出艇後もスムーズ、リーンを掛けてターンの練習。何度もやるうちに段々リーンの角度をきつくしていく。角度に応じて曲がりが良くなる。次にパドルフロートを付けてカサラノの沈する限界まで艇を傾けてぎりぎりのラインを見極める。


 その後パドルフロート取ってから実際にぎりぎりまで傾けてみる。問題なし。で限界までリーンしながら外傾ターンするとえらい曲がる!これほど曲がるとはおもってもいなかったのでちょっと感動してしまった。その後猿の要に右に左に外傾ターン、こればかりを10分程続ける。猿のように延々と。回る回る右に左に・・・。


 その後とここで大瀬さんに教えてもらった「スイーブしてそのままパドルが体の後側に行った後プレイス」という沈しない為の2段構えの技をやってみる。スピードを出しつつやるのがいいらしい。


 スピードを上げてわざと体勢を崩しつつスイーブ、そしてプレイス!利く。素晴らしく。プレイスの時は明らかにカサラノがサポートされるのが実感できる。という事でまたもや猿のようにこれを続ける。


 で気がつけばいい時間、本日は友達と飲む約束があるので速く撤収しないと。と思いつつも、ウィスパーとカフナを試乗させてもらう。両艇ともやはり漕ぎ味が軽く波に乗りやすいなあ。しかしウィスパーのライトスキンは軽すぎるぞ本当に。またやはりカサラノとの差は隔絶しているなあ。やはり違いすぎるのだ。なにもかも。レーシングカーと乗用車の違いとは上手く言ったものだ。


 しかしいつ僕はロールの練習を始めるのだろう・・・。


       IMGP1353.jpg    IMGP1354.jpg
 


 まあそれはおいておいて、流石に撤収しないとと思っているとK2にセールシステムが付けられつつあるではないか!という事で見学や話を聞く。たまにカサラノの撤収に戻るもまたK2の近くに来てします。その時雨が降ってきたので更に撤収は遅れる。


 そうこうしつつ何とかカサラノをしまい終わったのが午後5時半頃。ちょっとたってから名残惜しいが帰宅。


 本日はフォールディングカヤック談義と技術の自主連。たまには技術習得の特訓もいいものだなと思えました。しかし本当に僕は何時ロールの練習をするんだい?しかしカサラノを乗り始めてから、初めてほとんど怖くなく楽しめた日でした。


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/50-7a325e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。