ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
 さてとちょっと前の漕行記でも書きます。最近休みの度に出撃、でも書き遅れでたまるたまる・・・・、困ったものです。まあ風強く、ろくに漕げてないので、正直あまり各内容が無かったりしますが。ちなみに場所は和歌山の産湯海岸付近です。風強く波があるのはわかっていたので、出撃艇は壱号艇シーショア。S君は480スペリオ。前置きはさておき、書いてみます。

                       IMGP0004_20121016121918.jpg

 和歌山駅にてS君に拾ってもらい産湯海岸へ向う。初めての場所だ。車を砂浜の前にある駐車場に停めて、準備を開始。カヤックの出撃に関しては問題ないようだ。


    IMGP0008_20121016121917.jpg     IMGP0009_20121016121917.jpg     IMGP0012_20121016121916.jpg
 
 風が強く、兎が飛んでいる。まあ無理せずに行こうとS君に言い、出撃する。それなりに水質もいいはずなのだが、波でそこがあまり見えない。湾の外側に向うにつれて、だんだんと波が高くなってき、風も強くなってくるがまあ危険なほどでは無し。波があるので岩場で遊べないのがこれまた残念だが、とりあえずひたすら漕いで、隣の湾に向って波を超えて行き程なく到着、休憩だ。

 ここで20分ほど休憩。休憩中も風がびゅうびゅう吹き止まず。まだ食事には早いのでとりあえずまた隣の湾を目指す事に。しかしさらに波風が強くなってくる。まだ危険ではないが、これから果たしてどうなるかということを考えると、ちと厄介である。というわけでまあこのあたりで帰る事に。正直ちょっと撤退が早まったかなというのは否めない。まあグループツーリング時の撤退判断ってのは難しいものだ。小心者の僕の場合、判断がかなり早めになる。ソロなら最悪は自分の命だけで済むが、グループではそうではない。難しいところだ。

                       IMGP0014_20121016121916.jpg

 それから波と風に乗って出撃地まであっという間に運ばれる。まだまだ時間はたっぷりある。出撃場所近くのサーフゾーンで遊び漕ぎ?してから、上陸して昼食をとる。さてこれからどうするかS君と相談する。

 1 ちょっと撤退が早すぎたので先ほどの湾目指して漕ぐ

 2 のんびり休んで温泉でも

 
 1も悪くないが、同じ景色見てもね・・・という事で2で行く事に。そそくさと撤収。風に砂が運ばれ、砂まみれになるファルト達。ほんとうに風が元気な一日だった。

 それはそうと、カサラノデイにて、リーン等の操船技術を学んだ故、シーショアが別の船になったみたいだ。しっかりリーンが出来さえすれば、なかなかどうして操作しやすいカヤックである。「ネオ」壱号艇という感じである。


                       IMGP0015_20121016121931.jpg

 撤収後、温泉に向う。そういえば名前忘れたが、そこの温泉のお姉さんの愛嬌がよかったなあ。

 とこんなわけであっけない「産湯」初漕ぎは終わった。まあ今回は偵察も兼ねていたので、これはこれでよかったのかも。出撃準備はしやすいしが駅からは遠い。ただバス便あるので、まあファルトの出撃場所としては悪くない。まあそのうち再訪しよう。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
次回は是非、愛嬌有る温泉のお姉さんも攻めてみてくださいね!

どっちかって言うとそちらの方が興味有ります。(笑)
2012/10/16(火) 23:24 | URL | サスケ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
 サスケさん、今回はまさに温泉のお姉さんツーリング?でした。いやほんとまともにこいでません。

 攻めて・・・・・いやそれが出来たなら、私は未だ独身ではないはず・・・。ただ正直ちょっと若かったので(20代)、できれば同い年以上がいいんですが。悲しい独身野郎の心を少しは癒してくれました。
2012/10/16(火) 23:28 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する