ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近体調ももうひとつでろくに漕げていないので、10月4日、近場の須磨にて「浮いて」きました。


 こういうときは弐号艇「SS-1」に限ります。フジタカヌーのコンセプト(であると思う)シンプルさを具現化したファルトボートです。組み立て簡単、勿論分解も、パッキングもそしてメンテナンスも。


 IMGP1451.jpg     IMGP1456.jpg    IMGP1459.jpg

 早朝から行ってのんびりろくに漕がずにプカプカ浮いていると、ストレスが抜けていくのが分かります。
 


 波のリズムは人のリズムと合っており、心をリラックスさせるとか?海から生まれた生物の太古の記憶によるものなのか?




               IMGP1461.jpg


 そんなことを考えならがのんびり1時間半、気が済んだので上陸。SS-1を乾かしながらのんびり海を眺めてました。
 シーズンオフの海岸は騒がしくなくいいものです。


           IMGP1467.jpg  IMGP1466.jpg


 帰りにカートが壊れそうになっているのに気づきました。ちなみにこれがその時の写真。根性でカヤックザックを支えています。


 これからもストレスたまったらとりあえず浮きに来よう。


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
波のリズムは・・・
安らぎますね~。
カヤックに乗る前から,波の音を聞くためだけに海に行ったりしてましたもん。

ボクはベタ凪ぎの海より,一定のリズムを感じられるうねりがある海の方が,漕ぐのも好きです。どこか,体が太古の記憶を求めている感じです。

そんなリズムが感じられるカヤックって,やっぱりいいですね~~~!
2007/10/08(月) 10:24 | URL | mouji #-[ 編集]
良いものです
moujiさん、良いものですね、波は。
美しい景色の中、緩やかなうねりを越えて癒されつついく、シーカヤックの醍醐味です。

 当方はうねりのある場所を越えていき、湾内に入ったらべた凪で静かな海が待っていた、こういうシチュエーションが好きです。

 涼しくなってきました。これからが本番というところです。
2007/10/09(火) 11:13 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/52-fa1d2517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。