ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この間の日曜日に牛窓に行ってきました。やっと初漕ぎ・・。テレマークスタイルのTSさんと御一緒というより、いつの間にやら所有されていた、フェザークラフトの「クロンダイク」に乗せていただきました。ここ最近荒れ気味の海ばかりでしたが、この日も荒れ気味・・しかしそういうときこそクローンダイクの本領発揮で結果オーライだったかと、いや決して結果オーライとは行きませんでした。何を言っているか分からない方もいらっしゃると思いますので、それは本文にて説明するとします。それでは書いてみます。


 ファルト力の低下故に見破れなかった「クロンダイク」の所有


       img297_20130201144119.jpg 

 ファルト力とは何ぞや・・・まあファルト熱といってもいいかも知れないが(余計わからないかな)、まあその低下故の失策ともいえる出来事であった。どうもTSさんのブログを拝見していると、「何かかおかしい」と感じ続けていたのだ。何かが足りない、そう載せている写真がどこが違和感があったのだ。がまあ単に気のせいだろうと流していた。

 あるときのブログで「ウィスパーは組み立てやすいが、ほかは難しい」とこのようなことが書いてあった(いや手間がかかるだったかなあ?)ので、私の頭の中に「?」が浮かんだのだ。そうタンデム艇のフジタカヌー「ノア470」は簡単なはずなんだけど・・・・。昨日今日始めたばかりの方ならともかく、TSさんは出撃回数多数でベテランである。難しいというのは「おかしい」のだ。遅くとも30分もあれば十分に、恐らく20分程度で組みあがるはずである。苦労する箇所も僕の記憶ではないはずだ。

 その時点で「もしかすると新艇手に入れたのかな」なんて思って、TSさんに「何か買ったんですか」とコメントしてみると、ついに観念されたのか「お認め」になられたという次第である。

 体調崩す2年前なら、ファルトの知識を本やネット、カヤック仲間から「根こそぎ」搾り取る「ヘルハウンド(地獄の猟犬)」的な私であったが、いまや「野良猟犬」程度に成り下がってしまったのを実感した次第である・・でも少しずつ戻ってきてるんだけどね。

 去年の太平洋側を漕いだ時に、TSさんの口から「クロンダイク手に入れました」と聞き、あの「クローンダイクか」と正直びっくりしたのだ。クローンダイク、それはフェザークラフト艇中恐らく持っている人が最も少ないのではないのか?と思える艇である。詳しくは後日書くが、性能は素晴らしいの一言だった。その理由は・・・。


 クローンダイクとK2


          img282_20130201144120.jpg     img286.jpg

 両艇ともフェザークラフトが誇る遠征タンデム艇である。サイズも値段もK2が上である。となると日本人的な使い方からすると、クローンダイクがK2よりも売れていないということはあまり考えにくいわけであるが、実際K2を所有される方が多いかと思う。グランストリームで今までお会いしたり、連絡取り合ったことのあるかたで私を除いて4人はK2を所有されている。がクローンダイクはTSさんお一人だ。

 そう、その理由、組み立てに時間がかかるのだ。因みにK2は以前も書いたが、というよりカテゴリー所有艇に書いてあるが「意外と組むのが楽」である。なら何故クロンダイクはとなるのだが、それは「あまりにもしっかり作りすぎている故」といったところだ。

 TSさんの組立を拝見しつつ、時々手伝いつつ眺めていた。パーツ点数が多く、かなり精密である。パーツが多ければ時間がかかるのは当たり前だが、テンションもかなりきつめなのが理由のひとつかと。恐らく5.35m×77.5cmというサイズ故に剛性を保つにはきつめでなければいけないのであろうか?K2のように「ヒンジエクステンションシステム」(拝み倒し式テンション掛け、言わずもがなクレッパーが生み出した原初にして最高のテンション掛け、既に60年以上の歴史あり)であれば楽に掛けれるのだが。まあK2方式となると、キールとガンネルのフレームがダブルフレームとなり、形状及び重量が増すのだが。

 という理由ゆえに、なかなかデイツーリング使用は、組みあがっている艇を車で運んでくるという使い方でないと、ちとしんどいかなというのがその感想だ。が2泊以上の遠征であればまあそんなに問題はなさそうだ。

 というわけで日本人的な使い方では、K2所有者がクロンダイク所有者より多いのが理由かなと思う。

 がまあ出来上がってしまえば、凄くいい艇であるのも事実。ううむ、惜しいなあ。いや遠征特化艇と考えれば十分活躍しそうではあるので、割り切ればいいのかもしれない。

 次は簡単なインプレを書くとします。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
お手柔らかに
まさにハイエナに狙われた子羊の気分です。
どうかお手柔らかにお願いします。
2013/02/01(金) 20:03 | URL | ts #hCNrMfMo[ 編集]
 グランストリーム年末の忘年会のときk2とクロンダイクの話でましたよー

 たしかクロンダイクは部品が多い、重すぎるとかで不便、k−2は案外組みやすいとかで絶賛されてたと思いますよ、

 もっとも自分はカフナ買ったあと天体観測も始めちゃって小遣い全くないんで買えませんけどねw
2013/02/02(土) 12:08 | URL | やっしー #-[ 編集]
Re: お手柔らかに
TSさん、先日はありがとうございました。

クロンダイク、堪能させていただきました。

またいつか今度はクロンダイクとK2のランデブー、お願いします!
2013/02/03(日) 00:24 | URL | てっさん #-[ 編集]
おしいですね
 クロンダイク、組みやすければ・・・・惜しいですね。
 K2よりは軽く、値段も安いですし、十二分に遠征能力あるんですが・・・。

 僕もカヤックは当分無理ですね・・・まあせいぜいパドルくらいです。
2013/02/03(日) 00:28 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。