ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 さてと実は22、23日に出雲方面にS君と行ってきたのですが、諸般の事情(フィルムのスキャンが出来ていない、その他)でこの前の土曜日に行ったツーリングについて書いてみます。

 以前うちの兄より「カヤック乗ってみたい、つれってってくれ」と要望があったので、28日に行ってみるかという事で、兄と奥さんのMちゃんそれに何故か母と親戚同然の方であるKさん及び愛犬の「ろく」の5人+1犬で行く事になりました。母とKさんは乗らずに陸上観光のみで、実際はサポート役と私と、兄夫婦の3人で、出撃艇は壱号艇シーショア及び参号艇アルピナ2-430の2艇です。

 場所は播州赤穂よりやや東、坂越は坂越湾。ここは湾内で非常に穏やかな場所、目の前には無人島が2つあり、初めてでもまず問題ないだろうという場所です。

 前置きはこのあたりにして、書いてみます。

 
 家から5人で一路坂越湾へ。途中のSAで一度休憩してから、渋滞もなくスムーズ?に到着。
 今日は南風がそこそこあるとの予報だが、ここではしれている。3時から風が強くなる予報なので、一応その前にあがるとしよう。
 
 一般海水浴客の駐車場と間違えて、喫茶店の駐車場に停めてしまったのだが、快くお貸しいただけた。また後でコーヒー飲みに行きますよ。なかなか感じの良い方々だ。坂越は何度か来ているが、結構人が温かい感じがするな。

 到着後、浜に運んで2艇一気に組み上げる。因みにここの浜はファルトの組立には最高である。コンクリの部分が広く、浜も目の前。

 何も言わなくても、ザックから適当にパーツを出して並べていく兄、この辺は流石である。意外なサポートもあり、2艇あっさりと組みあがる。兄夫婦は初カヤックなので、簡単な注意事項、パドルでの漕ぎ方等を教えたあと出撃する。ただ「ろく」も初カヤックなので、なかなか乗ろうとしない。まあ犬にとっては「なんでカヤックにのらなあかんの?」ってところだろう。仕方ないので強引に乗せてとりあえずは、目の前に浮かぶ「生島」の木陰の下まで行く事に。

     IMGP0005_2013093013570755f.jpg   IMGP0003_20130930135700d75.jpg   IMGP0004_20130930135702fd6.jpg

 兄夫婦からの「いいな」という声。カヤックの漕ぎ出しこそは多くのカヤッカーが思う「至福」の時というより「刻」。水上を手漕ぎの船で行くという経験は、動力船で海を行くのとは全く違う感動があるかと思う。

 初めてにしてはパドリングもOKだ。それよりも「ろく」が不安そうだ。じっと私の方を見ている。そうこうしているうちに、というよりあっという間に生島の木陰に入る。ここでちと休憩してから時計周りに島を一周する事に。休憩場所からすぐ行ったところに社がある。確か祭りの際にここから神輿がでるんだったかな?この辺に上陸はやめたほうがいいだろう。

     IMGP0010_20130930135709820.jpg   IMGP0014_2013093013574872b.jpg   IMGP0012_20130930135747305.jpg

 そのまま島を回りこんでいくと、湾口が見えてくる。この辺りから島の風景が大分変わってくる。南からのうねりでできてなかなか渋いむき出しの岩が織り成す風景。なかなかいいものだ。ふと「ろく」をみるとさっきより落ち着いている。大分なれてきたようだ。島影をでて風を受けるようになると、少しアルピナが蛇行し始めた。まあバウとスターンのパドリングの問題もあるのだが、そのうち段々よくなってきた。沖合いに浮かぶクレーンまで行こうかなんて冗談も言い始めている兄。大分なれてきているな。Mちゃんも楽しそうだ。
                 
                     IMGP0016_20130930135744fcf.jpg

      そんな二人にアドバイスしながら横についたり、後ろに回り込んだりしつつ漕いでいく私。島を4分の3回りこんで出艇地が見えてきた。とりあえず昼飯を食べに戻る事に。ここからは真っ直ぐに漕ぐのみ。最早アドバイスも不要。私は私なりにリーンしながらのんびり漕いでいく。そして程なく到着。

 結局昼食後は漕がず撤収する事に。あっという間であったが、ほんの少しだけで楽しめるカヤック、2人も十分満足の様子だ。それはともかく「ろく」はどうだったんだろう?次はまあ紅葉の季節にでも湖に行くかとの話が出ている。2人はアルピナでその場合わたしは久々にSS-1ででもいこうかな?

 さてこれからは予断ではあるが、ちょっと書いてみる。車を駐車させていただいた喫茶店でコーヒーをいただいてから、播州赤穂まで送ってもらう。皆はそこから帰宅。私は久々に2日連荘でカヤックをすることに。宿泊先の岡山にてビジホにとまり翌日早朝から出撃場所に向う。今日は時間がたつにつれて風が強くなり、午後3時にはきつくなる予報。しかし到着してみると既に波風強くなっており、危険ではないがひたすらしんどいカヤックになるので、あきらめる。進行方向東にたいして、南よりの風が吹き続ける、それも強めの。ラダーは持ってきてない状況で、行程の4分の3はさえぎるもの無しの海上。宿代交通費は勿体無いが、しかたない。まあついていなかったとあきらめる事に・・・・カヤックという自然の遊びはなかなかうまくいかないこともあるものなのだ。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
てっさん どうもです。穏やかな湾内お散歩ツーリングって、いいですよね。坂越は私も好きです。犬をよく連れてカヤックしますが、ファルトが一番好きなようです。リジットだと足が滑って、すぐに沈脱(犬が)するからだと思います。家族でカヤックを楽しむっていいなぁ~
2013/10/02(水) 22:45 | URL | tr-k #-[ 編集]
Re: タイトルなし
tr-kさん、坂越ははじめての方でも安心して漕げるいいフィールドですね。

 ただ駅からそこそこあるので、あまり来てませんでした。カレントでまたこようかと思っています。

 犬は意外とすぐに慣れました。最後はくつろいでましたよ!

 家族、さて縁結びを求めて、神在月に出雲でも行こうかと。
2013/10/03(木) 12:41 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。