ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 さて出雲にいった件についてそろそろアップしようと思いましたが、「やつ」来てしまったので、こちらを書かずにはいられません。

 九号艇「カレント」推参!

 きましたね、いや正確に言うと、先週の土曜日に、組み立てのレクチャーも受けたかったので、グランストリームに行って参りました。何気に久々だったのですが、意外とそんな感じはしなかったのは何故。やたらと居心地がいいのは何故?ついでに言うと、やたらとコーヒーがおいしいのは何故?この2点はグランストリームの不思議なところです。大瀬さんとマンツーマンでしたので、いろいろ話を聞かせてもらいました。その辺はまた後日、持って帰ってきたカレントについて書いてみます。

 土曜日は仕事だったので、11時50分の電車に間に合うように、車でマキノ駅まで送っていただいたわけですが、駅のホームでザックを担いで見たり、持ってみたり、なでてみたり・・・傍から見ると「おくすりでもやってんのか?」と思われても仕方ない状態だったかと。新しい艇を手に入れるたびに、反応が違うのは面白いところです。


 壱号「シーショア」 相棒、私をいろんなところへ連れて行ってくれ、そして無事帰還させてくれ
 
 参号「アルピナ2-430」 いろいろ便利に使えそうだ、こき使わせてもらおうか
 
 四号「カサラノ」 コイツはファルトなのか!? 乗りこなせればこれ以上楽しいファルトはないだろうが、果たして・・。まあしかし美しいカヤックだ

 五号「パフィンスポーツ」 軽い、軽すぎる、そし楽すぎる、何気に形がカナディアンカヌーなのもグッド!

 六号「K2エクスペディション」 世界の海をわが手に(気持ちだけ)、気分は連合艦隊司令長官

と各艇についてこんな印象を受けたり、願いをこめたり。手に入れたとき、印象深かった艇だけかきました。

 
 電車の中で早速練習

 何のことはないのですが、座った状態で、ザックを持ち上げたり、膝に乗せたり、横に移動させたり・・・・まあ要する、最初は込んで無くても、混んできた場合のザック移動を座ったままですばやく出来るかのテストですが。そして膝の上においてある程度の時間問題ないかのテストと。ばっちりです。これでバス便で混んでてもなんとでもなりそうです。

 ザックに詰め込んでみた


                IMGP0024_20131008023054b9a.jpg

 本体は9.85kgですが、シーソックやスプレースカート、サイプレイスバー、ザック自体の重さ、パドル2本、PFD,パドルフロート、ビルジポンプ、ウェア関係、その他ほぼデイツーリングの必要物を合わせると、20kgちょっと越えます。担いで見ましたが、カートの必要性は感じません。今回は入れ忘れていたシューズ、それから水と食料、本なんかを加えると、21kgから22kgくらいか。まあどうということもありません。因みにPFDはザックの外に出して、固定しました。PFDまで入れてしまうと、食料や水等を入れるのはきつそうです。まあキャンプツーリングするなら、別の艇で使っているより大きなザックを使うのもいいかもしれません。

 まあしかし、デイツーリングにもかかわらず本体以外の装備が本体を越してしまうのが、カレントがいかに軽量であるかを如実に表していますね。
 

 八重山諸島に持っていこうかな

 持っていくつもりはなかったのですが、というよりも持っていかない方向で考えていたのですが(思い出に浸るため)、ザックをなでているうちに、持っていきたくなってきました。その前に平日「香枦園」あたりでテスト組立及びパドリングする予定でしたが、台風が来ていますので無理。カレント本体自体は持って行き、飛行機に乗せますが、装備の多くと着替えなどは前もってホテルに送ります。この方法なら、出発直前まで天候をにらみ、駄目なら持っていかない方法を取れますので。カレントならでは、というより超軽量艇の面目約如的やり方ですね。
 
 因みに神戸から石垣島までゆうパックで送ると、翌々日の夕方到着とのこと(要調査してください)。かつ台風が来ていて万一遅くなったらということを考えると、それよりも荷物を早めに送るほうがいいかもしれません。故に木曜や金曜は漕ぐのはちと難しい。というわけでもしかすると八重山の海旅が処女航海になるかもしれません。しかし今のところ天候は微妙です。せめて1時間でもお天道様の御尊顔を拝謁させていただけたらなあと思います。まあ駄目なら素直に持っていくのをあきらめて、思い出に浸りますが。

 まあしかし遠方漕ぎをさほど苦もなく出来るファルとってのは素晴らしいもんですね。カレントは漕ぐ場所を選ぶでしょうが、いい「飛び道具」として使えそうです。

 以前にも書いたかもしれませんが、石垣島から戻ってくる時に、職場の同僚の皆さんに「嫁連れてそのうち遊びに来るで」なんてほざきましたが、カヤックを連れて遊びに行く事になりそうです。嫁はいつか、おそらく、多分、ちと難しいかも・・・・。
 
 さて次こそ出雲行を書きましょう。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
『電車の中で早速練習!?』びっくりしました。

まさか組み立てたのかと!(笑)
2013/10/09(水) 15:16 | URL | サスケ #-[ 編集]
おめでとうございます。機動性はかなり高そうですね。組み立てたところもそのうち見せてください。
2013/10/09(水) 21:08 | URL | Oe #JalddpaA[ 編集]
さすがに
 Oeさん、湖西線の堅田辺りまで結構すいていますが、怒られます・・・。
 
 軽いカヤックです、ほんと。穏やかな状況なら相当の性能とのことです。

 出撃が楽しみです。そして懐が厳しいです。
2013/10/10(木) 00:40 | URL | てっさん #-[ 編集]
どこまで使えるか
 サスケさん、遠方に、そしてバス便で行くのに苦労しないのはいいところです。
 
 流石に波がある状況では、ウィスパーやカフナに及ばずとも、穏やかなら相当とのことです。

 以前荒れた状況で漕いだ時は、結構いけた記憶があります。

 また近日中に組み上げます。
2013/10/10(木) 00:44 | URL | てっさん #-[ 編集]
おめでとうございます
ここ最近、周りでKライトやカレントなど4m未満の艇が増えましたね。「カサラノデイ」ならぬ「U4(アンダー4m)デイ」でも招集しますか?機動力を生かせる状況で(月曜日の朝8時に大阪駅集合とか)
2013/10/10(木) 20:20 | URL | ヒグチ #-[ 編集]
ありがとうございます
 ヒグチさん、ありがとうございます。
 そうですね、Kライトは製造中止ということで、駆け込みが結構あったとか。
 カレントもノーマルだけでなく2.0も出ますし、これからも増えそうですね。

 軽量艇ならではのU4デイツーリング行ってみたいですね。11月頃の堂島川なんてどうですか?
2013/10/11(金) 12:19 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。