ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
 また時間が空いてしまいました。最近体調改善およびメタボ対策の為、栄養学を学び始め、その効果なのか、ここ10年で一番寝入りが早くなりました。体調もなかなか。となると朝早く起きてしまい(いいことですが)、読書量が増え、ネットの時間が減り、ブログを書くのが遅くなるという「好循環なのか悪循環なのか」分からない状態です。この間の日曜日も、カレント2回目の出撃、ネタはたまる一方です。

 
 還暦隊が行く!

               IMGP0407.jpg

 この間のグランストリームでの話し、遠大なる計画をお聞きしたわけです。

 日本人は休みが取れない、仕事をやめるわけにはいかないので、退職後に海外遠征しようとそうなったわけとのこと。 遠大なる計画、凄いものです。

 話を聞いてなかなかどうしてハードルが高いなあと思ったりしました。

 そう「逝って」しまえば行けません!それはそうです。平均寿命的には楽勝だと思われそうですが、メンバーの一番若手に合わさないといけないので、一番年長者はもしかすると80歳近くとか・・・・・・体力と健康の問題、そしてそれの維持管理、なかなかどうして難しい問題が出てきそうです。ただこれを「生きがい」にすると人生楽しく過ごせそうですが。
 
 まあ冥界からの特別ゲストで4人+2霊なんてのも面白いかもしれませんが。

 ツーリングの最後に

 
 生者「ではまた20年後くらいにそっちに行きますので宜しく!」

 霊壱 「まあのんびり着てください。」


 あの世に帰る道すがら

 霊弐「気づいてましたか」 

 霊壱「ええ、Aさんは来春くらいに会えそうですね・・・・流石にお伝えできませんでした」

 霊弐「それはさておき、ファルト気違いのてっさん、我々より先にコッチの世界に来ているはずですが?」

 霊壱「あれ、御存知なかったんですか?彼はファルト欲しさにいろいろやってしまい、逝ってしまってすぐに、地底に連行されましたよ」

 霊弐「おお、そうですか、では今頃血の池や炎の海を漕いでいるんですね」

 
 後は別の趣味にいってしまわないように。私がカヤックを始めてから、多くのカヤック仲間のメイン趣味が別に移ってしまいました。ロードバイクやハイキング。恐るべきライバルといったところでしょう。

 後は奥さんのケア。帰国後、部屋がもぬけの殻、通帳残高が行方不明になったら目もあてられません。

 と大きなお世話なことを書いてしまいましたが、是非実行されるのを楽しみにしていたりします、その頃私はあっちの世界にいるかもしれませんが・・・。

 それはともかく、海外遠征、カレント手に入れたので、一度位は行ってみたいものです、海外デイツーリングでもいいですが。



 露出が増えてくる

 HUNTというアウトドアとファッションの雑誌がここ最近刊行されたのですが、それにフェザークラフトが載ってます。参考までに見せてもらうと、ザックとパドルが載ってました。ファルトらしくていいですね。艇とパドルなら、説明しないと折畳めることがわかりませんが、これなら一目瞭然かつ想像力を書き立てます。

 それはともかく、最近オシャレなアウトドアウェアがふえており、山ガールが増えておりますなあ。それを見て鼻を伸ばしているアウトドア野郎も多いかと思いますが、女性用が男性より色使いがいいのは羨ましい限りです。因みに私は山ガールより山熟女が好きなのは、言うまでもありません。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する