ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  先週、親不知治療後の痛みの為、漕げなかったので今回は思い出のツーリングで小豆島へ渡った時の事でも書きます。去年の1月9日のことです。それでは。



  年末に実行予定であった小豆島渡り、天候不順の為年を越してしまった。1月9日、天候が非常に良さそうなので行くことに。赤穂の千種川から出艇、家島諸島経由で小豆島へ。ここを漕ぐ事が出来たなら、潮流を考慮しない場合、瀬戸内であれば何処へでもいける(要するにこれほど島間距離が離れているところはほとんど無いということ)という事なので、俄然気合が入る。


 JR播州赤穂駅下車、カヤックを転がし十数分、出艇地の千種川到着。組み立て開始。ドライスーツに身を包みいざ出艇。駆るは我が壱号艇「シーショア」というよりもこの当時はシーショアしかなかった。がこのルートなら今で迷い無くシーショアかな。


   akousyuttei.jpg     IMGP0051.jpg  iesimasyoudosima.jpg
  川を下り海に出る、本日風弱くべた凪。気温も意外と高く、ドライスーツを着ているので暑い。たまに水をかぶりながらとりあえず前方10kmの院下島へ。ひたすら漕ぐ、ひたすら漕ぐ。穏やかで静かな瀬戸内海。睡眠はほとんどとっていなかったものの、まずまずの調子(といってもこの当時は時速5kmくらいで漕いでいた。ちなみに今は6kmくらい)でシーショアは進んでいく。


                   IMGP0055.jpg      IMGP0056.jpg


 あと2kmくらいのまで近づいたとき急に腹痛が。やばい、緊急上陸だ。スピードを上げて緊急上陸、そして処置。


        IMGP0060.jpg    IMGP0072.jpg

 しかしドライスーツでバックジッパー方式なので脱ぐのに大変てこずる。海で使用するドライスーツはフロントジッパーがお勧めです。しかし焦ったいきなりアクシデントだな。が海は静かだ。今日は大丈夫だな、荒れないだろう。空は晴れているがなんとなく「ぼうっと」した感じ。こういう空の場合、まず荒れないということを経験から知っている。後12km、大丈夫でしょう。この島に着いたときに、ある程度の波や風があった場合、家島諸島の定期便が出ている島まで行って撤収という事も考えていた。これぞファルトボートの長所だ。


 で実はこのとき小豆島の上陸地まで後15km弱ほどの距離だったのだが、12kmと勘違い(地図で以前調べた時に大雑把に計ったいて、ツーリング前に再確認していなかった、われながら阿呆だ)、これのため最後に焦る事に。


                 IMGP0077.jpg    
  ちょっと休憩後、小豆島目指して出艇、のんびりと漕いで行く。左手には家島諸島の島並みが、右手は海前方は霧で霞む小豆島。右手側にところどころに網が見える。養殖か漁でもしているのかなんて思いつつ漕ぐ。

 1時間後休憩。しかし海の真ん中でのんびりするのは非常に開放感がある。その場で10分ほど休憩。ここから見る小豆島は非常に大きく見え、まるで四国のようである。


 休憩後、景色があまりかわらないなか漕いで何かおかしいと感じはじめる。40分ほど漕いでも小豆島があまり近づいていない。持ってきた海図を確認。!!!!距離の間違いに気づく。しまった・・・。漕ぐスピードを落としたのも災いして当初の予定撤収場所まで時間にきつい(港行きのバスを逃すと2時間待ち)。予定変更、直接港に向けて進路変更。これなら距離は伸びるがバスの時間は関係ないが、船の時間を調べると結構きつい。猛スピードでシーショアを漕ぐ。
          
 日生から出たフェリーが小豆島は福田港に入っていくのを見定め、港の位置を確認。漕ぐそして漕ぐ。写真をもっと撮りたかったがそんなことをしている場合ではない。船を1本逃がすと小豆島から姫路港に行くフェリーに乗って帰っても、そこからタクシーに乗らないといけないので金がもったいない(正月ダイヤの為、姫路港から姫路駅に向かうバスはその頃には終了している)。 


                 IMGP0093.jpg   


 小豆島の岬を交わし港が見えてきた。ここからまだ1km以上はある。以前偵察していたので上陸場所は分かっていたが、結構しんどい。行動食もほとんど持ってきていなかったのでガス欠気味、がそれでも漕ぐ。そして何とか撤収地に到着するもなんと引き潮の為水面が下がっていてカヤックを持って上がるのが大変。荷物を取り出して何度か陸地と往復、
最後の力でカヤックを引き上げ上陸。しかし私に休む暇は無い。必死で後片付け。無情にもその時雨が。雨の中パッキングするもこの当時はまだ下手だったのでてこずる。時計をみて焦るがなんとか終了。まだまだ休めない。とっととカートに載せて港に走る。切符を購入して船に乗り込むも船のタラップ上がるのでへろへろ。足がガクガク、船内に入ってやっと休憩。体が・・・・・・。


 ちょっと横になった後売店で腹ごしらえ。たこ焼きの売れ残ってたのを買い占め(といっても2箱だけ)。腹が減ってるので非常に美味い。次はチョコレートこいつも・・・。一息ついてフェリーから海を眺めつつ感慨に浸る。シーカヤック歴1年もたたないで単独でここまで無事に来れた。カヤックというのはなんて凄いんだ、シーショアはなんて凄いんだと、次は瀬戸内縦断か瀬戸大橋下をくぐるかどちらかに挑戦しようと思いつつ、姫路港までの船旅をのんびり過ごした。


 この頃までは調子がよかったのですが、まさか未だに瀬戸内縦断できていないとは・・・。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
小豆島渡り
 なかなかスリリングな旅だったんですね。僕の場合とは比較にならないほど複雑にバスやフェリーの時間が絡んでいるんですねぇ~。僕にはとてもそこまでの計画的ツーリングはできそうもないです(笑)。
 しかし、小豆島、行ってみたいですねー。
2007/10/25(木) 21:29 | URL | Hazex  #-[ 編集]
ファルトボートの旅とらしいといえばそうなんですが、やはりこれだけ乗り物利用すると時間との戦いになりますね。

 小豆島そのうちまた行ってきます。1周ツーリングもやってみたいものです。
2007/10/27(土) 16:57 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/55-99e6e795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。