ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 現在九艇所有している私であります。
 K2を手に入れたとき「最後のワンピース」なんてほざいたのにもかかわらず、結局九艇となった次第。まあ人生一度きりだから、無理のない程度でという必殺の理由で言い訳をしておきましょう。

 これだけあると以前書いたかもしれないですが、

 試乗会

       IMGP0157_2013121212281382d.jpg    IMGP0091_20131212122812da3.jpg

 開けます。友達やカヤック仲間を試乗会に誘う。そこには私の九艇がずらりの並んでいる・・・・・貴様のやんけ!となります。
 しかし冷静?に考えてみると5社、軽量艇から極地遠征までこなすラインナップ、シングルもタンデムも、リバー向きもシー向きもと結構のり応えあるんじゃないかと思っていたりします。問題は、準備が大変なんですが。そもそも当方今は車ありません・・・・。

 
 K2にカレント乗せて

              IMG_0284.jpg

 以前K2にパフィンスポーツを折畳んだ状態で乗せて漕いで行き、島に上陸、そこで組み立ててパフィンスポーツを浮かべてみる・・と1一度で二度おいしい?のか面倒くさいのか分からないツーリングを考えたことがあります。カレントを手に入れたので、カレント乗せていって親亀小亀ツーリングってのも面白いかもしれません、いややはり面倒だ。無理やり考えてみると、

 島に友達が待っている。よしカヤックを持っていってあげよう!とりあえずK2で漕いで行き、上陸、カレント組み立て、よし乗ってくれい!!これなら悪くないなあ。なかなかどうしていいアイデアの様な気がしてきました。

 K2のパーツを買い換えてから、まだ組んでいないので、メンテもかねて組み上げて、カレントが積めるかどうかちと確かめてみましょう。場合によっては2分割で乗せるという手もあります。まあそもそもまずこの方法でツーリングする機会がおとずれるかどうか?ですが。


 召喚士?

          
                    IMG_0298.jpg

 早速買ってみた「HUNT]誌。この21ページに乗ってます、フェザークラフトのザック(相当年季の入った貫禄物)にGパドル(クラトワ?)。やはり組みあがった艇を載せないで、ザックを乗せているのが想像力をかきたてられます。よく見ると、宅配便で送るときに付ける「タグ」らしきものを発見!宅配便で送って遠方漕げまっせ・・ということをこっそりアピールしているようです。まさにファルト流「チラリズム」といったところでしょう。

 まあしかし、ザックの中から現れて、水上を行くカヤックと化す、何故か気分は召喚士か?呼び出すはモンスターや魔人ではありませんが。 魔方陣描いて呪文を唱えるのではなく、せっせとザックから出して自分で組み立てというえらい「アナログ」チックではありますが。
 夏場はなかなか召喚(組み立て)が時間がかかったりします・・。
 
 まあしかし本物の魔人?が九匹?九人?使役できれば、日本はともかく、神戸市位には君臨できそうです。今「役小角」と言ったところでしょうか、日本風には。いや小角は鬼をつかってたかな?

  
 カレントで落下傘部隊のように

 九号艇カレントで飛行機を使って遠方漕ぎの計画を起てていると、ふと思ったのが、特殊部隊による落下傘降下です。SASでもシールズでも、フランス外人部隊第二落下傘連隊でも、自衛隊の空挺部隊でもかまいませんが。もちろんHALOでの降下です・・・。バス便も恐れず、比較的気軽に行けるってのはやはり大きな武器です、カレントは。勿論実際は、落下傘降下ならぬ、飛行機で行ってそこから電車やバスを乗りついでという、慣れないとそこそここ労力の行動をとらないといけませんが。
 
 日本地図をみていて、ここだと指し示したところに意外と気軽に持って行ける、それからそんな発想をした訳です。カイゼル髭生やした、おっさん大佐が、作戦室にて指示棒で指し示しているシーンが思い浮かばれませ。正にピンポイント、もしくはピンエリア漕ぎに使える艇かとおもったりしています。12月中にもちょいと飛行機予約して行って来ます。後は天候次第。まあ駄目なら写真撮影に切り替えればよし、まあ楽しみです。

 適当な記事もこのあたりで終わりにしておきましょう・・・・。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。