ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 長き眠りから覚め?漸く今年の初漕ぎを行ってきました。花見の季節、場所は定番の永原~マキノ間。この日は桜の咲き具合もよく、明日(4月13日日曜日)の天気が微妙という事もあり、多くのカヤックが湖上に出ていました。久々のカヤック、穏やかだけでない後半、久々の出会い、九号艇カレントとの相性の良さを実感したと、カヤック行の出だしとしてはなかなかいいツーリングとなりました。因みに同行者はS君、艇は480スペリオとの「ダブルレッド」ツーリング。それでは書いてみます。

 9時30分台到着の電車で永原に向う。花見目当ての人々で、車内はいっぱいだ。毎度毎度の永原だが、電車行ではコンビニが無いという以外は、出撃場所としては秀逸である。

 準備をしていると、なんとフジタカヌーツアーの参加者の皆さんが見えられた。リジットのA-1やファルトではアルピナハイブリッド450が多い。後はアルピナの460と430トレックか?いろいろと話しさせてもらい、のんびり出撃準備。久々で3回目の組み立て、しかしあっけなく組みあがる。当方所有のフェザークラフト艇が「カサラノ」と「K2エクすペディション」であるから、カレントがあまりにもシンプルで、うっかりパーツ忘れたんではないかと不安になる。それはそうと、私がフェザー艇を持ってくるときは、何故かフジタカヌーユーザーと、フジタ艇では何故かフェザーユーザーと会うのは何故なのだ?

 それはともかく、11時台にのんびり出発。久々のカレントであるが、何故か以前より安定感が増しているような、そしてフィット感も。ついついS君に「この艇は当たりだ」なんていってしまう始末。まだ3回しか乗ってないが、そして「9艇もいらんだろう」と思いつつも手に入れて正解だったのが分かってきた。電車行者で瀬戸内や琵琶湖をメインゲレンデにしている私には、あっているだろうと予測は出来たが、まあその辺りについてはインプレッションにまとめてみよう。ただまだシートとペダルの位置がしっかり決まっていないので、ちと腰が痛くなった。後何度か乗って、位置が決まればこれは解消する問題。

              IMGP0004_20140414141328a9d.jpg     IMGP0004_20140414141328a9d.jpg

 川沿いに咲く美しい桜を見つつ、琵琶湖に出て行く。穏やかな風ゆるい状況。多くのカヤックや動力船、観光船が見える。そこのS君とのんびり漕いでいく。前方右手に先ほどのフジタカヌーのツアーの皆さんが見える。

 まあしかしカヤックというのは恐るべき遊びである。火傷を負って、漕いでいる場合ではないので、写真に傾注?、ついついプリントを連続でしてしまい、ゴールデンウィークまで写真で行くかと思ったものの、久々に乗ると、一気にカヤックに心が寄せられてしまった。まあ凄い趣味だこと。

 それはそうとフェザークラフトの新艇「エアロナット」気になるなあ。カレントユーザーの心に「少し小波」が立ったんじゃないかと・・・・。今度の試乗会、寄せてもらおうかな。ダッキーのシーカヤック、その実力は如何程か?まさかカレント以上では無いだろうが、凄すぎると、私の狭い心が叫ぶ「ダッキーなんだから空気よんでよ」、私の広い心が叫ぶ「ダッキーでここまでやるとは」、それも楽しみだ。


                      IMGP0011_201404141413263b0.jpg

 さてツーリングにもどろう。湖岸では多くの花見客、茶屋もにぎわっている。途中で昼食休憩、花見客とカヤックについて簡単に説明などなどやっていると、風が強くなってきた。1時前には休憩を切り上げ、出撃。少し行くと、向かい風が強くあたるようになってきた。のんびり漕ぎもここまでか。波も少し出てきて、時々真面目漕ぎ。するとすれ違った集団から「てっさん」という声が。

 なんとナオさんである。「女より、三度の飯よりロール好き」と言われているかもしれない男である。が何故かファルトに?いつもはカナックなんだけど・・・・。そうワンちゃんが乗っていたのだ。そりゃカナックにワンちゃんは動物愛護の観点からすると虐待にあたるしなあ。まあしかし彼がファルトに乗っていると、誰も気がつかないだろうなあ。実際誰にも気づかれなかったらしい・・。久闊を謝し、またそのうちということで先に進む。


                      IMGP0018_2014041414133322e.jpg

 海津観音あたりも風がそこそこあり、いい運動になる。観音の向こう側は多くの観光客、多くの観光客が湖上のカヤックを撮影している。桜の季節のカヤックというのは、ある程度、カヤック未経験者にアピールになっているだろうな。

 そして多くのカヤックが浮かんでいる。これほど多くのカヤックは、初めてかもしれない。


                      IMGP0021_20140414141331ec7.jpg

 のんびりツアーの後を行きつつ、グランストリームいや「大瀬シロウ商会」の本拠地手前あたりでプチショートカット。進行方向横から風を受けつつ漕いでいく。それにしてもカレントはウェザーコッキングに強い。フォワードストロークで修正できるくらいで、うっかりリーンかますと、ウェザーコッキングに打ち勝ってしまい、逆方向に向いてしまう。いいテストになった。


                IMGP0024_20140414141420165.jpg     IMGP0023_20140414141418597.jpg

 そこからは陸地近くを漕ぐ。吹き降ろしの風もここなら受けず、穏やかな湖上を漕いでいく。上陸はいつものテラス(写真左がカレント、右は480スペリオ)。到着は2時半頃か。そこでのんびり時間をかけて撤収。まずまずの天気、桜の咲き具合もよく、いいスタートが切れた。ほんとにいい出だしであったツーリングだった。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
全開カヤック
てっさん こんにちは。火傷も全快されたようで、なによりです。これからの季節、カヤックも全開ですね。海津大崎の満開の桜に合わせて復活するあたりが流石です。てっさんの漕行記は読んでいて愉しなぁ。
2014/04/15(火) 13:05 | URL | tr-k #-[ 編集]
やはりここは、桜の時期に毎年行きたいルートですよね。僕も日曜日に漕いできました。日曜日は曇りでした。乗り沈でカヤックをひっくり返してずぶ濡れになりました(-_-;)
ああ。そうだ。今年の夏こそ、再乗艇訓練やりましょう。
2014/04/16(水) 00:10 | URL | Oe #JalddpaA[ 編集]
Re: 全開カヤック
tr-kさん、こんにちは。火傷からは復活できました。ただしっかり痕が残り、女で無く良かった状態です・・・、同という事もありませんが。

かつては冬場も普通に漕いでましたが、最近は写真もやっていて、結局この季節から復活となりました。今年は漕いだことの無い場所の開拓をやっていけたらと。
2014/04/17(木) 16:38 | URL | てっさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
 Oeさん、他の場所も考えたりしますが、結局ここがハズレ無しということで、今年もここに決定しました。
 しかし乗り沈ですか、ということは450ですね。時々僕も乗り沈しますが、意外と水が冷たくない(装備がしっかりしていることを認識します、そういう時は)。
 
 夏場に再乗艇練習いたしましょう。

 そうそう、何故か当分最後のカメラということで、ハッセルのSWCが気になってます・・・・。
2014/04/17(木) 16:41 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。