ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 さてインプレの続きといこう。

 ジェットストリーム

   

          DSCF1306.jpg   DSCF1319.jpg

 残念ながら生産中止である。生産中止艇のインプレをブログで載せる必要性があるのか?といえばそうなんだが、強烈な艇であるので書くとしよう。まああと私たちの世代で「ジェットストリーム」という名前なら載せねばなるまいな。

 フェザークラフトエアラインシリーズで最長最速、いやスピードはフェザークラフト艇随一を誇る、サーフカヤックである。もう丸太なのだ。ちょっとかっこいい「エア丸太」。一時安定性の低さはカサラノどころではなく、レギュラーカサラノのエア無未満で、ついでに試乗艇には膝にかける紐(だったかな)がついてなかったので、膝でのバランスは不可能。まさにユーザーが乗って沈することにより、ギャラリーの笑いを誘うような位置づけか?と思えるほどだ。

 そのあまりにも強烈な個性故に、売れ行きは芳しくなかったようだ。そもそもダグ社長がグランストリームに試乗艇があるとは思っていなかったみたいだ。

 当初乗る予定はなかったものの、勇敢なる戦士たちが何名か乗っているうちに、カサラノライダーのKさんにも煽られて、乗ってみることにした。しっかりと戦士たちのアドバイスを心に刻み(服装が今の琵琶湖にそぐわないので、沈すると厳しいのだ)、沈してもすぐに上がれるように、岸沿いを2往復。

 一時安定は予想通り低く、重心が少しでも動くと、しっかり反応。遠くを見て漕がないと、うっかり水の中にはいりそう。しかし速く、かなり面白い艇だ。ほんと丸太だ、丸太。かつて丸太を舟に仕立てて海を渡った先人たちの気持ち、興奮が少しわかったような。非常にきつい日々の中、丸太舟を漕ぐときは、それは相当の癒しになったんじゃないかなんて思ったものだ。

 まあでも静水でこれだから波の中では大変だろうな・・・。しかし乗った人は「面白い」を連発。強烈な印象的なカヤックである。でも生産中止・・・。


 
 
 

 K2、ウィスパー、カフナ等をまとめて

          DSCF1300.jpg   DSCF1331.jpg



 このままではフェザークラフトミーティングネタでその10くらいになりそうである。ので一気に?行くことに。

 艇の長さに因る長所短所である。

 長いほど艤装、オプションがつけやすく、大きいほど荷物も積める。これは言うまでもない。
 しかし小さな艇に比べて大きな艇は強度を出すのが大変だとのこと。まあこれも想像できる。

 一番人気のあるウィスパーは艇長470cmちょっとであるが、この長さは艇に「ロッカー」をつける場合、これくらいは欲しいという長さらしい。ロッカー(反り)がつくことにより直進性は低くなるものの、波に強くなり回転性は上がる。470cmくらいあれば、直進性も保ちつつ、その他の能力も保てるという絶妙な長さなのだろう。ウィスパーの絶妙な操作性や気持ちよさなどはこの辺りにもその因があるのだろう。

 K2はファルト界最大級のカヤックであるが、海外では遠征に活躍しているというのは聞いている。いやまあ国内でも活躍しているが。この艇の潔さは、完全ダブル艇であることか。コクピットがオープンではなく、2つにしっかり分かれているので、「2人で乗れよ」という事だ。それはまあともかく、

 海外では「クイーンメリー」と呼ばれているとか。そういえばクイーンメリーってなんだろう。聞くのを忘れていた。
 まさか「女王羊?」そんなわけないか。まあそういう愛称みたいなのがついているという事は、活躍しているのだろうな。頼もしさは素晴らしいものがある。カヤックだけでなく、セーリングカヤックとしても活躍している。まあ一番の問題は、2人で行く艇なので、なかなか日本人的には使いどころが難しい点だろう。当方のK2も年に1度くらいしか出てない。

 それはともかく、ロマンのある艇である。

 カフナはもともと誰でも乗れる、エントリー艇として、小さなK1として開発されたとか。ということは大きなKライトという事でもあるか。450cmにしては結構どっしりしていて、そのくせ操作性も良いオールマイティーな艇である。まあこれかウィスパーあれば、普通のツーリングからキャンプツーリングまでこなせるので、どれか一艇フェザークラフトをとなるとどちらかってことになるのだな。
 カフナで結構ハードなツーリングもこなしている方も見かけられる。この450cmから後半くらいのサイズの艇は、いろんな意味でちょうどいいのだろう。 

 と考えると、カサラノとヘロンなんかはまあ突き抜けている艇なのか。まあカサラノは実際突き抜けていると思うが。

 その4へさて次で終われるかどうか、ちと難しいか
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
待ってました
待ってました。
インプレを読ませてもらい、てっさんはカヤックという道具が本当に好きなんだと感じました。
ツーリングの報告よりずっと筆に勢いがあります。続きのインプレも楽しみにしております。
2014/11/01(土) 20:03 | URL | ts #hCNrMfMo[ 編集]
Re: 待ってました
TSさん、私にとって「漕行記」は夏休みの宿題のごとくです。

土曜日のイベントが、各艇のインぷれおよびフェザークラフトの今まで作ってきたファルトの話等だけでも、間違いなく参加したでしょう、というよりますます参加する気持ちが高まったでしょう。

 ちなみに漕行記に比べて10倍くらい書きやすいですね。
2014/11/02(日) 02:32 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。