ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます

  翌日は外が明るくなってきてからテントら出て朝食準備開始。トランギアのアルコールバーナーは火力が強く無いのでお湯が沸くまで時間がかかる。その間は読書。
 


         IMGP1625.jpg  IMGP1630.jpg

 お湯を沸かして暖めて食べるタイプの米とレトルトカレーで食事を済ますと、日が当たる場所に移動して再度読書。
そうこうするうちにKさんがテントから出てきて食事を作り始める。当方は相変わらず読書したり、散歩したり。


   IMGP1640.jpg    IMGP1645.jpg  IMGP1646.jpg


 本日の出艇は9時30分くらい。出艇準備完了後、とりあえずトイレ休憩及び缶コーヒーを飲みに大多府島西側の浜に向けてチョイ漕ぎ。上陸後のんびりした雰囲気の漁村風景を眺めつつ定期便発着所にある自販機まで歩いていく。この島は会えも言った事があるが、シーカヤックではじめて上陸した島なので思い入れがある。そのうち民宿泊で来てみよう。  


                IMGP1650.jpg


 10数分くらいいただろうか、その後鶴島に向けて漕いで行く。昨日よりきわどいファルトボート談義。内容はとてもブログに乗せることは出来ない。しかし僕はファルトボートを5艇所有、Kさんは4艇とファルト馬鹿2人組みのファルト談義は尽きる事が無い。  


 そうこうするうちに鶴島の西側に近づく。鶴島の南に御剣(おつるぎ)という島があり(島というより岩みたいだ)、その上には多くの釣り人がいて釣にいそしんでいる。邪魔をしないように、近ずき過ぎないように島をまわり北側に進む。


   IMGP1651.jpg  IMGP1652.jpg  IMGP1654.jpg


 すぐに鶴島の東側に着きそのまま北上。このあたりは波によって島が削られちょっとした日本海的な風景で、なかなか見ごたえがある。  


   2c65.jpg  IMGP1661.jpg  IMGP1666.jpg


 そのまま鶴島をまわりこみ鶴島の北西にある小さな島の側を通り今度は鹿久居島へ。漕いで10分もかからず到着。


                 b0d7.jpg 
 そのまま島沿いを西へひたすら漕ぎ頭島との間にかかる橋を越え、水路を横切り曽島へ。  


          IMGP1668.jpg      IMGP1670.jpg

 曽島の北側に大き目の浜があったのでここで昼食休憩。上陸してみるとテントも数張り張れそう。キャンプ候補地にあたらな場所が加わる。目の前には鴻島の定期船の船着場が。ここでキャンプすればいつでも撤退できるので初心者にもいいかもしれない。  


   IMGP1672.jpg    IMGP1680.jpg    IMGP1682.jpg

 食事後は曽島を回り込み出艇地まで漕いで行く。本日は風も弱く海もべた凪。ただ曽島と本土の間の水路を回りこんだところはある程度波があり海面がざわついていたものの、本日はカサラノ漕いでいても眠くなる時間が多かった(といってもそれぐらい穏やかな海も嫌いではないが)。そういえばカサラノの処女航海のときはべた凪でもえらい怖かったが、10回程度乗っただけでこれほど慣れるとは思いもよらなかったな。  


 出艇地に戻ったのは午後2時半ごろ。のんびり艇を乾かしていると地元の人といろいろ話をする。本土と鹿久居島の架橋予定の話から日生の裏話、いろいろ聞けて楽しい。そういえば以前聞いた話では神戸の英雄「平清盛」公が鹿久居島と広島県の宮島との間で、厳島神社建立をどちらにするか検討した結果、落選?したとの事だ。もし厳島神社が建立されていたらここは観光客でごった返していたんだろうな、大分雰囲気も変わっていたんだろうなあと思ったものだ。ちなみに今は人口10人ちょっとという事だ。でも岡山県最大の島なんだけど・・。


 暗くなる前に撤収完了。5時台の電車で帰宅。途中Kさんは新幹線に乗り換えて東京へ。またご一緒してください。当方はカサラノの次のツーリングを考えつつ、またその次の日曜(11日)友達との今期打ち上げツーリングの場所と使用艇の検討(僕は一年中漕いでいる)、シーショア担いで11月の連休何処に行こうかと、頭の中がファルトウィルスに犯されつつ電車に揺られて神戸に戻る。もう後戻りできないなあ・・・。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
どうも、こんばんわ、同行者Kです。電車と夜行バスに乗ってやってくるファルトバカです。(車持ってないので、仕方なし)
そうでしょ、そうでしょ、もう後戻りはできないでしょっ!!
こんなおバカな旅に、はまってしまうとなかなか通常の生活に戻れない。荷物重いし、人からは変人呼ばわれされますが、普通のツアーにない縛られることのない自由さが待ってますよね。
ファルトならではの旅スタイルに、お付き合い下さい。次回は12月に行きますよ。詳細はメールします。
また、よろしくお願い致します。
2007/11/21(水) 21:48 | URL | 同行者K #-[ 編集]
たしかに
やめれませんねえ、ファルト旅は。
車で連続2回いきましたけど、やっぱり電車の方がいいです、僕は。楽だし、安いしね。

 たしかに変な目で見られますけど、なれましたねえ。
 そうなんです、電車で行けば気分次第でルート変更できるのがいいですね、そこがツアーとの違いですね。

 12がつお待ちしてますよ。ちなみに今度の連休は日和佐に行ってきます。
2007/11/22(木) 17:19 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/58-437a9355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック