ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あれは夢だったのだろうか?いつの頃だっただろう、雲がどんより立ち込める、今にも雨が降りそうな日。とある地方の町に写真撮影に出かけたときの事。持ちこたえていた空からついに雨が降り出し、その時点で撮影は中止、撤収することに。駅に戻るのに同じ道を辿るのも芸がないので、適当な路地に入って駅に向かっ歩いていると、途中で開けた場所に出た。そこには小さな映画館があり、上映中の映画ポスターを見てみると、そこには「Fの仕業」と書いてあった。変な名前だな、なんて思って詳しく見てみると、どうもファルトの話らしい。どうやら自主制作映画であるようだ。


           IMGP0141_20141119125527e7a.jpg    K2 2

 まさかこんなところで。しかしそれにしても「]というのはファルト乗りにとって神聖文字といってもいいかもしれない。

ァルトボート」、「ォールディングカヤック」、「ジタカヌー」、「ェザークラフト」、「アルェック」、「バタライカヤックス」、「ァルボット」。そしてファルトの特徴である、「リーダム」、「レキシブル」なんてもの。あ、そういえばォト」もだ、いやォト」はPだった、そもそそもォト」は関係ないや・・・・。

 それはともかく、迷いなく入館、席に着く。客席はわずか、私を含めて10名にも満たない客数。まあそんなものだろう。


            IMGP2005_20141119125919fdb.jpg    IMGP0087_20141119125526142.jpg

 ほどなく映画が開始される。
 
 黒い背景、雷光の中から一人の男が現れる。

 「北米大陸に現れた一人の天才がファルト界を震撼させる」というナレーションとともに、背の高い白人が表れる。

 「ファーザークラフトマン社、ダグラム・トンプソン」(うーむどこかで聞いたことのある名前だが、気のせいだろう。そもそもカナダではなく北米大陸である。アメリカやメキシコかもしれないではないか!?)

 これまた黒い背景からもう一人の男が現れる。

 「日本に現れたもう一人の天才がそれを迎え撃つ」というナレーション
 「笠木カヌー研究所 笠木 四書阿」(まさか場所はあそこ?、私の思い違いだろう、あのカヤックの老舗ではない、断じて。、いやそもそも漢字がちがうじゃねえか、しかし「シショア」という名前にやたらと親近感が湧くのは何故?)

 長くなるのでこれ以降の映画の内容を要約すると、


 どうも今まで主にウッドフレームで作られていたファルトに、金属フレームを導入して、一気にファルトの世界を変えたのが、「ファーザークラフトマン社」であるらしい。なんか聞いたことがあるのだが、アルミフレームとは明言していないので、ギリギリセーフである。もうほんときわどいが。

 「ウッドフレームがメインのフレームであったファルト、それが金属フレームがメインとなった衝撃」

 ウッドが駄目なのか?ウッド、すなわち木は人間とはるか昔から共存してきた天然素材、それを利用しつつ、他の素材を加えて、新たなファルトを作ろうと悪戦苦闘する「笠木 四書阿」。熱い漢(おとこ)である。フレームを作っては急流で命がけの耐久テスト・・・・大したもんであるが、ファルトは急流ではあれです・・・・。折れては作り直し作り直し。

 その次はトンプソン氏が社内で艇を制作しているシーン。いろんなタイプの艇を作り、中にはえらい美しいカヤックや極地遠征艇・・・そして自ずからそれに乗り込んで冒険を・・・・・似てる、あの方に似ている。「アウトローいっぱいいっぱい」でも「ストライク」といったところ。

 そして切り替わり、朝日の中、ついに完成させた樹脂フレーム。それをウッドフレームと組み合わせて新たな艇を作り上げた「笠木 四書阿」。フレームに人が乗っても折れない!あれれ、これも記憶の片隅に・・。
 
 それはともかく、一体この映画の結末はどうなってしまうのか?と思ったときに最後に大きな字幕。

 「物語の結末は皆様の思うままに

 ・・・・リドルストーリーかよ



                  IMGP1543.jpg


 ちと最後は気が抜けたが、それなりに楽しめた。それから数か月後、前回あまり撮影できなかったこともあり、同じ町を尋ねたついでに寄ってみたが、なんとすでに映画館が無い!そしてその場所には「稲荷神社」が。

 近くに駄菓子屋があったので、そこのおばあちゃんに尋ねると「子供のころから稲荷神社、それどころか300年くらい歴史があるよ」とのことだった。あの映画館は何だったんだろう?私は夢でも見ていたのか・・・・・・いや違う。私としたことが大切なことを忘れていた。

 そうか!そうだったのか!

 稲荷神社といえば狛犬ではなくキツネ!

 こ、これはF(fox)の仕業じゃ・・・・・・・
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
よう考えますね!
もう引き込まれましたよ! 写真を見ていて船の話か、何処行ったのかと、読んで映画の話、 どれどれと引き込まれた!  
2014/11/24(月) 11:57 | URL | 沢味家 #mQop/nM.[ 編集]
Re: よう考えますね!
 沢味家さん、ご無沙汰しております。

 たまに何の役にも立たない記事を、衝動的に書きたくなります。何がしたいのか?私自身にもわかりませ・・。

 改めて読み直してみて、誤字だらけで、こっそり校正。もともと誤字脱字が多いですが、特に殴り書き的記事は駄目ですね・・。
2014/11/25(火) 11:33 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。