ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 11月後半の連休を利用して徳島県は日和佐に行ってきました。その前に淀川に行って来たのですが、それを後回しにして日和佐でのツーリングを2回に分けて書いてみます。出撃艇は1号艇シーショア。なんと行ってもはじめての太平洋沿岸ツーリングですから。それでは漕行記を。


 23日はバスで徳島に向かい、カヤック出艇場所等の偵察及び移動日かつ休憩日として使い、24日日和佐を漕ぐ事に。24日早朝阿南にある(日和佐のホテル予約を取れなかった為)ホテルから始発電車で日和佐に向かう。到着後日和佐川まで歩いていくと川にかかる橋の側に川辺に下りる階段を発見。


         IMGP1727.jpg    hiwasa11.jpg



 下りた場所で組み立て、出艇。出艇時に滑ってうっかりそのまま川に落ちそうになったが何とか持ちこたえた。対岸は砂浜もあって、横着せずにそっちから出艇するべきだったかな。


                IMGP1740.jpg


  出艇後、日和佐川を下ってすぐに海からのうねりを感じる。河口に防波堤と島があり、その向こうは太平洋。いよいよ初太平洋沿岸航海だ。本日は相当天候良く問題はなさそうだが、なんといってもはじめてなのでちょっと緊張気味。


         IMGP1741.jpg           IMGP1742.jpg


  防波堤をこえ進路を西向きにとる。目の前は雄大な絶壁!迫力ある。大げさではあるが、その雄大さに比べて自分自身の卑小さを比べてちょっとした恐怖感さえ感じる。


   IMGP1749.jpg     IMGP1753.jpg    IMGP1757.jpg

 雄大な景色を眺めながら一つ目の岬をこえる。ここは千羽海岸という断崖絶壁、なかなか見ごたえがある場所。逃げ道もないので荒れると危ないが、この辺りではうねりはせいぜい1mくらい。この程度なら勿論大丈夫。左手前方には牟岐大島が見える。


         IMGP1760.jpg    IMGP1764.jpg


千羽海岸を右手に眺めながら漕ぐ事40数分位で、断崖が途切れているところに浜を発見。トイレする為の上陸休憩。
本日はうねり小さいため、上陸しても出艇は容易であろう。


 


         IMGP1769.jpg    IMGP1767.jpg


  浜にシーショアをあげてトイレを済ませた後にちょっと散策。浜の後ろ側にすでに閉鎖された建造物があった。はたしてここはかつて何をしていた建物なのだろうか?

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
太平洋の初航海おめでとうございます。海況が穏やかで良かったですね。
海岸の廃墟は、かつてロープウェーだった施設です。何もない海岸にロープウェーで行こうとは思わないですよね。大島や出羽島はとてもいい島です。次回はぜひ立ち寄って下さい。
2007/11/30(金) 09:08 | URL | Ken #-[ 編集]
KENさん。本当に穏やかでした。もう少し太平洋らしいうねりを期待してはいたんですが。まあ日和佐は魅力的なフィールドだったので楽しめました。しかしあれロープウェイだったんですね。海のレストラン等だと思ってました。島は次回に残しときましたよ。意外と神戸から近いので1泊2日で十分いけますし。
2007/12/01(土) 10:21 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/59-71a783ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。