ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 さてとえらい遅くなってしまった。慣れたとはいえ毎度この時期は「あれ」があるので疲れるなあ。


 エアリスインフレータブル

 艇長 330cm 幅 79cm 重量 9kg(名称、サイズ関係は要確認)


     DSCF1653.jpg  DSCF1647.jpg  DSCF1646.jpg


 カヤックコウノトリの河野さんに、「オルカヤック」に試乗させていただいたときにもう一艇試乗させていただいたのがこれである。はよ「書け」と突っ込まれそうである。一言でいうと、SUPみたいなインフレータブルシットオンのカヤックである。

 
 ハイボード採用しているので、剛性高く、ダッキーらしからぬスピードが特徴。そしてダッキー故のコンパクト収納および軽さが魅力。オルカヤックも大概楽だが(組立分解)こっちはなんといってもコンパクトさでは勝る。まあダッキーですし。


          DSCF1657_201502230804260b2.jpg  DSCF1649.jpg

 乗った感じもなかなかよい。速いのもいいが、シットオンのあののんびりした感じがよいものだ。安定性は良いが、普通のダッキー程ではない。これは素材故でしょう。ハイボードってのはやはりすごいもんだ。ダッキーなのに海で使える点が素晴らしい(まあのんびり穏やかな時にだが)。実際動画もアップされているので、確認されたし。

 ハイボード(ハイプレッシャーボード?)といえば私がカヤックを始めてそんなに経ってない時期に「カタマラン(双胴船)」タイプが出るという話を「大阪アウトドアフェスティバル」(今年は3月7日と8日、ちょいと行ってきます)で聞いて心待ちにしていたのだが、結局発売されず仕舞い。あれを手に入れていたら、当方のラインナップも結構変わっていただろう。

 しかしいろいろと変わったカヤックが出てきているが、「際物」どころか十分戦力になるのがいいところである。

 さて次はフジタカヌーの」アルピナ450ハイブリッド「本気海漕ぎバージョン」についてちょっと書いてみます。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。