ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いや戦ったわけではないですが。
 宮ヶ浜といえば琵琶湖東岸で国民宿舎のあるところ。駐車場も広く、浜も感じよく、カヤックの集まりには最適の場所。実際カヤッカーを多く見かけます。沖合すぐに沖島あり、沿岸漕いでてもそれなりに良し。しかし意外と風が出る。適当に特徴を並べましたが、、まあこんな感じでしょう。

 もともとアルピナ2-430のキールフレームを二重管にして、そのテストツーリングについて書く予定でしたが、今までの思い出でも書くとします。 というわけで今までの宮ヶ浜近辺におけるツーリングの思い出も簡潔に書いてみます。

 
 
 カズさんとの思い出ツーリング。

 カヤック同期ともいえるカズさんとのツーリングでしたが、2月というのもあり、天候が目まぐるしく変わり(晴れたと思ったら雪が降り、またすぐ晴れて)、
最後は風で荒れ始めるというなかなか印象深いツーリング。琵琶湖の天候急変を体で覚えました。懐かしい!

 

 最初で最後かも カサラノサミット

                IMGP0084_201509301643470ca.jpg

 フェザークラフトのカサラノユーザーおよびそのカヤック仲間たちの集まりでした。今と違いたしか8年くらい前でしたでしょうか?
 この当時はそれほどカサラノユーザーがいなかった?のかフィールドではあまり見かけることがなかったカサラノが、3艇とはいえ集まったのは印象的でした。
 
 腕利きのリジットユーザーも参戦。カサラノですら安定していると思える、不安定なリジットシーカヤックあり、サーフカヤックあり。

 さて次回はいつになるやら。カサラノサミットもう一度やってみたいものです。その前にカサラノそろそろ乗らないと。


 竹生島弁財天降臨!?

                IMGP2367.jpg

 
Oeさんとのツーリングでしたが、宮ヶ浜から沖島にわたり、沖島を巡っているとき、神社に続く階段から眩しい微笑みをたたえて美女が下りてきました。
 何故か後光が差したように思え、まるで弁財天が降臨なされたよう。男のスケベごごろなど湧こう筈もなく、男女云々を超えた神々しさのようなものがありました。
 
 あれは本当に不思議な経験でした。話す機会があったので聞いてみると、関東の方から友達を訪ねてきて、帰る前に寄ってみたとのこと。一人旅できる女性ってのは素敵なものです。



 アルピナ2-430改で強風沖島行き

 久々にアルピナ450ハイブリッド乗りのT君をアルピナ2-430改のバウに乗せて、S君の480スぺリオと供に行ったのですが、まあ風が強かった。
 ただ行けるところまで行こうという事で、とりあえず様子を見つつ宮ヶ浜から沖島に渡ったのはいいものの、帰りはさらに風がパワーアップ、スカッと艇が風上に回されて、
風で水しぶきが飛ぶ状況。波も結構出てきて、なかなかきつい状況でした。ただその状況故に、キールを二重管に改造したアルピナ2-430のタンデム利用における、
ノーマルとの違いがわかったような気がするのは良かったですが。まあカヤックという遊びはどこで漕ごうとなめてはいけないというの実感したツーリングでありました。

 まあしかし宮ヶ浜は集まって漕ぐのはいい場所ですね。
ちなみに写真は適当です。宮ヶ浜で漕いだ時の写真ではありません、あしからず。

 


 


 
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
宮ヶ浜ですか。懐かしいなあ。ここでカヤックを買う前に、講習会を受けたことがあります。弁財天の神社にはいつか行ってみたいですね。あの女神様は元気でしょうかね。
2015/10/03(土) 19:55 | URL | Oe #JalddpaA[ 編集]
Re: タイトルなし
Oeさん、遅くなりました・・・。

女神さま素晴らしかったです。まさに女神降臨でした。

またカヤックでも写真でもよろしくお願いいたします。
2015/11/21(土) 01:17 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。