ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 その2は思い出のツーリング予定が、仕事の忙しさにかまけてかけず仕舞い、という事で、カヤックコウノトリのラストイベント「イルカ噴水漕ぎ」に行った時の事、今までの思い出などを取り留めなく、そして遠慮なく書いてみます。

 12月20についにカヤックコウノトリ閉店である。イルカの噴水はてっきり運河の近くにあると思いきや、ATCの駅から遠い方にあった。受付の綺麗なお姉さんに教えていただき、事なきを得た。あそんな大げさなことではないが。
        
                   img487.jpg


 すでにユーザーの方及び河野さんがいらっしゃる。さてとここでのんきに漕いでいる場合ではなく!?退院されたから河野さんとご一緒させていただく機会はあるが、フィルムに刻み込む?機会は今をおいてほかにない。という事でこの日のために持ってきたカメラは、ミノルタのフラッグシップ「αー9」レンズは主に「135mmSTF]、サブで「50mm プラナー」。万全である。ついでにフィルムは製造中にになった、フジのプレスト400と。

 そういえば河野さんもミノルタのカメラを使ってらっしゃった。暗い望遠レンズにテレコン2Xを2つをつけてF22だったかな?涙ぐましい努力をされていたとのことだ。


 カヤックコウノトリの店長として、最後の漕ぎ場所が「イルカの噴水」ってのは、河野さんらしい。海でもなく激流でもなく何故かそれが似合うのだ。水上どこへでもの河野さんだが、プロらしからぬ「キワモノ」漕ぎで世間を震撼させてきた男の総決算というところか。

           
                   img488.jpg
 
 海や激流より似合うのは、山屋が「そこに山があるから」登るわけで、「そこに水があるから漕ぐ」わけであるか。カヤックに人生を捧げた漢といったところか。


 果敢に噴水に突入というより側を通る河野さん。

            img579_201512281356037d5.jpg     img580_20151228135505ddd.jpg   


 まあしかしこの日は穏やかでかつ雰囲気も湿っぽくなく、河野さん自身も内心いろいろと思われていただろうが、闘い切った男のすがすがしさといったところが見えた。私の写真でそれを感じ取ってもらいたい、いやもうちょっとうまく撮れよと言われそうであるが。
                     img581.jpg

 それにしても河野さんの接客等は傍から見ていると凄かった。自営である、商売である。時には自分の心を殺して「売って」利益を上げるのが商売というものだと自営業の私は思ったりするのだが、「容赦なしのアドバイス」(もちろんいい意味だ)、「なんでその値段のツアー料金」(安すぎる)その他嫌いなメーカー……これは書けん!傍から見ていてなかなかすごかった。うむ、私には真似できない。

 過剰サービスに慣れた日本人、特にチェーン店やコンビニなんかで偉そうにする馬鹿が少ないながらもいるが、ああいう奴等に河野さんの「ビシット」接客をやってほしいもだと何度か思ったものだ


 その3へ
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
きれいなトーンですね。撮影時の露光と現像量がマッチしているのでしょうね。
僕のアルピナ1-450もカヤックコウノトリで買ったんですよね。店舗には、遠いこともあり1回行っただけでしたね。河野さん、症状、良くなるといいですね。
2016/01/01(金) 23:54 | URL | Oe #JalddpaA[ 編集]
Re: タイトルなし
Oeさん、すいません、大幅に遅れてしまいました。

 現像と露光、ちょうどいい感じにできたと思います。まあ現像時の温度管理は結構アバウトですが・・・・。

 またよろしくお願いします。
2016/04/27(水) 16:18 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。