ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  さて大分ブログの更新をサボっていました。左肩がまだ本調子ではない故に、漕ぎに行ってもあまり漕げない状況が続いています。これをいい機会?として、ブログの更新をできればと思います。


   ファルトのブログを作った理由として、少しでもファルトユーザーが増えればというのが一番の理由、2番の理由が電車でカヌーをする人が増えればという願いを込めてでした。よく考えればカヤックというマイナーな趣味でそれもファルトボート、おまけに電車でカヤックという今では殆ど行われていない遊び方で、本やネット上にやり方やコツなども書いてあったりするので、改めてブログにするほどでもないのですが、まあそれでも書きたくなるほど魅力的なのです、電車でカヤックは。という事で本題。
 
 
  ファルトを担いでいくというから、ずっとあの嵩張って重い荷物とともに移動というイメージが付きまといますが、実際は自宅から駅もしくはバス停への往復(以下駅等)、出艇地最寄り駅等から出艇地まで、撤収地から最寄の駅等までの距離だけを移動すればそれでOKです。となると意外と歩く距離が短かったりします。(もちろん電車等の乗り換えもあり、また島に渡ってから船で帰ってくる場合は撤収地から港へまで歩いたりもしますが)。
 
 電車等の車内は休憩時間なのでのんびり過ごせますし、本を読んだり音楽を聴いたりできるので車で行くよりも神経を使わないでよいです。


 勿論全装備を担ぐわけではなく、ファルトボート本体等はカートに乗せて運ぶので実際担ぐのは大概10kg以下という事になります。
 
 こう考えると意外と楽である事が分かると思います。当初は人の視線が気になったりコツが分からなかったりでしんどい思いをするのは確かですが、慣れてしまえは結構楽なものです。ただ漕いだ後に最寄の駅等に行くまでは結構だるいのは仕方ないなあとは思います。
 
 次回は電車でカヌーと自動車で行く場合との比較をしてみます。自動車で行く方がはるかにメリットが多かったりしますが・・・・・。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
電車でカヤック、そう、小生は最初そんなイメージで去年の11月にALPINA-1を購入したのでした。しかし、11月末に琵琶湖で強い追い風、追い波で怖い思いをしてから、早くもシーカヤックがほしくなり、それもリジッド艇に心を動かされ始めています。
いや、だがしかし、自分が最初にイメージしたのは、電車や飛行機で自由に移動してフィールドを楽しむことだった。
てっさん、車ではできない楽しみ方、色々教えてくださいね。
今はスキーシーズンでカヤックはOFFですが、春に向けて色々閲覧しながらイメージを高めています。
2007/01/15(月) 23:57 | URL | ヨコちゃん #-[ 編集]
ヨコちゃんさんこんばんは。コメントいただいていたのですね、すいません。ばたばたしてて自分のブログなのにぜんぜん見ておりませんでした。電車で行くのはパッキングや移動等でいろいろ面倒な点もありますが、やっぱりいいですよ、車で行くよりも。なんといっても自由度が違います。
2007/02/09(金) 00:22 | URL | てっさん #-[ 編集]
 はじめまして。Hazexといいます。
 僕も海と川用各1艇づつファルトユーザーです。でももっぱら車でやってます。
 電車では2~3回やっただけですが、車窓から見下ろす下ったばかりの川もいいもんですね。
 
2007/03/06(火) 20:35 | URL | Hazex  #-[ 編集]
Hazexさんはじめまして。主に電車で行っていますが、今年は何度か車利用で行ってみようと思います。
確かに車窓から見る下ったばかりの川を眺めるものはいいものです。木津川を笠置から木津まで下った後にそのまま電車で笠置に戻って温泉に入るというパターンでツーリングしたときに、結構漕いだんだなあと思ったりもしましたよ。
2007/03/07(水) 01:17 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/6-fd1cbcc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。