ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


                       hiwasa112.jpg


 20分ほど休憩した後に出艇。シーショアを波際までもって行き乗り込む。波が来てシーショアが浮いた時にパドリング開始。引き波に乗って一発で出艇成功。僕が漕いでいる穏やかな瀬戸内や琵琶湖ではこういう方法で出艇しなくてもよい場合が多いがが、うねり大きい日本海や太平洋沿岸ではこういう技術もいるので練習だ。


          IMGP1780.jpg    IMGP1785.jpg


 出艇後引き続き西方面に向かう。しかしうねりが段々小さくなりほとんど無くなってしまった。まるで瀬戸内みたいだ。また洞窟や岩場がこれでもかというほどあるので、時間があったら楽しめるのだが、今回はあまり無いので先を急ぐ。ただやや沖合いを漕いでいるだけでも景色や水質がよいので楽しめるが。


                  IMGP1790.jpg


 たまに陸地に近づき岩場を抜けたりしていたが、岩場の各所に釣師がいるので邪魔をしないよう避けていく。またところどころに隠れ岩があるので、海面の状況を注視しつつ漕ぐ。急にうねりが高くなったり波が崩れたりしているのを見ながら慎重に進む。


 気がつけば牟岐大島が大分近づいていた。今度来る時はこのあたりの島渡りをするのも良さそうだ。


         IMGP1792.jpg    IMGP1793.jpg 


 岬を何度越えただろうか、前方右手に変わった建物がが、地図には「貝の資料館モラスコ」と書いてある。その向こう側は牟岐港だ。ここから沖合いの出羽島に船が出ている。出羽島まで30分もかからずにいけるが、またにしよう。


  
          IMGP1796.jpg    IMGP1812.jpg


 港の入り口に面したところをさっさと漕ぎぬけた後浜が見えたので上陸する為に近づくが、道路まで上がれそうに無いので再度戻って先に行く。次の岬(鼻?)を越えたところに道路に上がる道のある浜があったのでそこで終了する事に。


 本日は風邪気味で体がだるいにもかかわらず噂どおりの良いフィールドだったので楽しめた。今度は別のルートか島渡りをしにまた来る事にしよう。キャンプできそうな浜も何箇所かあったし、洞窟や奇岩には事欠かないので時間をたっぷりとってのんびりツーリングを楽しむのに向いている。


                  IMGP1820.jpg
                   (ザックが!)


 シーショアを折りたたんだ後、駅に向かう途中で地元のおじさんに話しかけられた。「そんな大きな荷物もってお遍路してるの?」そういえばお遍路の国でもあるのだな、四国は。カヤックですというと「海部」川はいいぞとのこと。カヤックはやはり川を漕ぐものという認識が強いのだな。


 しかし四国を旅して何度か話しかけられたが、人々の優しさ気さくさに癒された。そういえば以前友達と2人で盆踊りを見に来た時も親切だったな。カヤックで癒され人に癒され。きてよかったよ、日和佐。


 帰りはJR「鯖瀬」駅からホテルのある阿南まで特急で帰ることに。ローカル線故に本数が少ないのはお約束?。特急料金もしれているのでたまにはいいだろう。


 というわけで初太平洋沿岸ツーリングは無事終了しました。大きなうねりはなかったものの楽しめました。体調がよければもう一日漕ぎたかったのですが、楽しみはまた後日という事で。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
日和佐ツーリング
よい海況でカヤッキングが楽しめたようでよかったですね。徳島や高知は一度行ってみたいところです。ホテルを使ったとのことですが、荷物は送らなかったのですか?
2007/11/28(水) 13:45 | URL | サトウ #-[ 編集]
送りましたよ
楽する為とバスのトランクルームに乗せることは出来そうでしたが、荷物が大きすぎると場合によっては断られる場合があったので。

 まあお金余分にかかるものの楽ですね。

 太平洋側というのもなかなかいいものです、最近瀬戸内以外の場所に積極的に行くようになってきました。
2007/11/29(木) 00:11 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/60-bafb0e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。