ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 12月2日はまた日生へ行きました。日生へ行く事20数回、未だに漕いでいない場所がまだあります。今回はそこへ行ってきました。駅前の港から直線往復で22kmくらい、岸沿い漕いだり、入り江にはいったり、寄り道すれば30km近くかな。電車で行く事(時間の制約を受ける、詳しくは当ブログ電車でカヤック参照)、日が短い事、その上出来るだけのんびり漕ぎたい事、これらの条件を勘案すれば、出撃艇は自ずと決まってくる。5号艇カサラノです。では漕行記を。

 始発電車で日生へ向う。何度も乗りなれた路線、まるで出勤するかのよう。いつもの様に日生駅でおり、愛想の良い駅長さんに切符を渡す。その後コンビニで食糧買い込み、朝食、カサラノ組み立てと、すでに慣れきった行動。

 センター出しは問題なし、テンションがけは無事終了と思ったらラダーケーブルがガンネルバーに絡んでいる!!!というわけでテンションを緩めてまたかけ直し、そのときうっかりチャインバーに肘がぶつかって逆方向に曲がってしまった(チャインバーはテンションを掛けると弧を描くのだが「( 」状態が「 )」になったので慎重に直す。まあフレーム自体が曲がったわけではないので問題ないんだが(テンションをはずすと元通りまっすぐになるという事)。しかし船体布のなかでフレームが暴れているみたいで、なんか面白いな。 
              
         
IMGP1842.jpg    hinasetekage1.jpg
   今日はちょっとカサラノの機嫌が悪いみたいだ。そういえば顔色が赤いし・・。

 のんびりしすぎたのもあって、時間もあまり無いのに10時過ぎに出艇、いつもどおり南に水路状の海を進み、本土と曽島の間に入り、曽島を過ぎたら、対岸に渡る。
    

   IMGP1847.jpg   IMGP1846.jpg   IMGP1848.jpg

 
 いつもは曽島寄りを漕ぐのだが、対岸の本土よりをのんびり南下、鍋島という丸い島の影で休憩。出艇地より6kmチョイくらいだろうか。50分ちょっと程度。時速にして6.5kmくらいかな。最初の1時間にしては(僕としては)かなり速い。ATパドル使用で、状況良く体調が悪くない時のシーショアで巡航速度6kmはきつい。最初の1時間なら5km前後だ。やはりカサラノは速い。巡航速度7km台というところかな。インチューンパドルなら8km近くいくかもしれない。 FRPのボリュームあるツーリング艇並のスピードと同等くらいかな。ファルトの反則艇といわれることだけはあるな。

   IMGP1852.jpg   IMGP1853.jpg   IMGP1856.jpg
 
 休憩後更に南下、途中の入り江に入ったりしつつ本土沿いをのんびり漕ぎ、そのまま西に転進、本土よりを進む。
 ここから風が強くなる。日生で西風が吹くとき、島と島、本土の間が風の通り道になって風が強くなったりするのだが、どうやらそれらしい。しっかり漕ぎつつ強めの向かい風の中進んでいくと、遠方に虫明瀬戸の最狭部にかかる橋が見えてきた。あそこまで行って帰ってくるのが本日の目標。

                 
IMGP1855.jpg

 少し進んだ後、休憩のため浜に上がる。しかしここは蛎養殖のいかだが凄く多い。日生は蛎の名所でところどころに筏があるが、ここは特に多い。風が強いので間を抜けるときは筏にぶつからないようにしなければいけない。

                 IMGP1859.jpg

 15分程休んで出艇。時たま強く吹く風に逆らいつつ、虫明け瀬戸の橋を目標に漕いで行く。段島と本土の間を抜けると目の前が本日の目標虫明け瀬戸。本日は小潮だが、それでも潮が結構流れている。浅くそして狭い場所であるからだろう。おまけに逆潮。
 

        musiakeseto.jpg     musiakeseto1.jpg

        (予想の潮流方向)    (実際の潮流方向)

 外海(この場合、日生諸島の外の意味)は潮が上げ潮で西に向って流れているが、ここは東に逆行。なるほど潮がまわって流れ込んでいるのか。ここに来るまでは今の時間帯は西に向って追い潮だと思っていたが。いい勉強になった。
 

    IMGP1862.jpg   IMGP1869.jpg   IMGP1870.jpg 

 橋の下でターン、漕がなくても進む追い潮にのって漂う。岸沿いを入り江に入りながら漕ぎ進む。 そして2回目のに入り江に入ると、なんとそこには外海にでる水路があるではないか!

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/65-09c66f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。