ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 12月9日はマキノにてグランストリームのキャンプツアー(8日、9日)があり、戻ってきたところを待ち伏せする為に行ってきました。出撃艇はカサラノです。東京からKさん登場、近江今津にて待ち合わせかつ漕ぎ出す予定が、天候がもう一つの為結局マキノに行く事に。ではその時の事を書いてみます。

 寒い!今日は寒い。時たま雨が降る曇天。3時頃帰ってくるだろうから、時間もたっぷりある。のんびり飯食べたり組み立てたりしつつKさんといろいろ話す。風も結構強いので「どっかで様子見してるのかも」「途中でツアー中止であがってるのかも」などなどあれこれ想像しつつ組み立てる。

        IMGP1911.jpg    IMGP1918.jpg

 出艇は2時前頃だろうか?覚えていない。のんびり漕いで海津まで岸沿いに。
 途中風が強くなって艇が回され始めたので、リーンを思いっきりかけて外傾ターンしたり、ラダーを使用したりして進んでいく。ついでに風力計を使って風を計ったり。ゆるい時で3mくらい、強い時はなぜか計らなかったな、そういえば。

        IMGP1923.jpg    IMGP1924.jpg

 海津の桟橋付近は風でざわめいた。浅いので岩で底をすらないように気をつけて進み、桟橋越えたところの小さな浜で僕は上陸、Kさんは「探してきます」と漕いで行く。すぐにKさんの「いました」との声が。

 岩陰から現れたのはカフナかな?岩陰からカヤックが現れる瞬間というのは僕の非常に好きなシチューション。湖上での邂逅。

 乗り手は大瀬さんぽいぞ。当たりだった。 挨拶を交わし今回のツアーの人数等や沖縄のK2による旅について少しだけ話をする。その時「こんにちは」との挨拶。そちらを見ればなんと明石のTさんだ!
Tさんがまさかいらっしゃるとは思っていなかったの驚いた。おまけにウィスパーのスタンダードスキンタイプ発注してるし。待望の瀬戸内ファルト乗り仲間誕生か?

  IMGP1931.jpg    IMGP1932.jpg    IMGP1935.jpg

 今回のツアーにはK1乗りの Iさん、Tさん、カサラノ乗りのMさん、ウィスパー乗りのKさん、Tさん、Yさんと計6名で行ったとの事。秘密の場所。独特の雰囲気がある場所らしい。このパーティにKさんと僕が合流して総勢9名でマキノに戻る事に。

  IMGP1937.jpg    IMGP1944.jpg    IMGP1948.jpg
 天気の良くなってきた奥琵琶湖を9艘のファルトボートが進んでいく姿を眺めていると、心の中に不思議な高揚感が湧いてきた。

 マキノに到着後はいつもながらのファルト談義。こいつはやめられないなあ。カヤックを分解しつつ、ファルトに魅せられし者達どうしでの談義を続けるも、時は経ち気が付けば周りは暗くなっている。

 K1乗りのTさんが「1月は日生宴会キャンプしましょう」。おお嬉しいな。日生ご案内しますよ、是非是非宜しくお願いします。

 最後に大瀬さんに沖縄での話を聞き(沖縄の旅の報告会がちょっと前にあったのだが、その時は友達との約束で淀川に行っていた。12月22日にあるA&Fでの報告会はばっちり仕事です。ついでに言うと忘年会もばっちり仕事。土曜日休みテー・・。ちなみにフェザークラフトの本家版ホームページ(英語)に沖縄とリップの動画や画像がある。カヤックの限界を超えた帆装小舟旅ってのは凄いもんだ。そのうちツアーでもしないかな?でも休めないやろな。

 ちなみに最後の話で「沖縄での島渡り(南西諸島、沖縄から奄美やその向こうまで)カサラノで出来たらいいですね」と大瀬さん。カサラノで!?うーん僕にはとても。シーショアで本島から慶良間島まではそのうち渡ってみようと思ってはいるが、カサラノで更に難易度の高いあの場所を。でも大瀬さんなら何時の間にやら行ってしまいそうだが。

 帰りはTさんと初めてお会いしたYさんと僕の3人兵庫県組でTさんに車で送ってもらうことに。Yさんもウィスパーを購入。全装備を担いで(カート使用せずに)マキノにこられてました。流石は山のエキスパート。ちなみにTさんも山のエキスパート。キャンプツーリングご一緒したときはキャンプ術を教えていただきたいものだ。未だにタープなんか適当に張ってるし、テントのペグなどいつの間にか抜けております、当方は。

 というわけで今年最後のマキノに行ってきました。マキノの集まりに行くたびに新規ユーザーの方とお会いしています。今年は相当新規ユーザーが増えたような気がするのですが、というより僕も新規ユーザーですが。ファルトボート乗りの輪が広がっていくのは嬉しいものです。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
お会いできて
兵庫のYです。
いつかはお会いできると思ってましたが、思いの外早くその時が訪れ、うれしい限りです。今後ともよろしくお願いします。とりあえず日生宴会キャンプ、実現を心待ちにしてます。
ところで、山ヤのキャンプ技術って結構ベタなんですよ。「死ななきゃいい」って価値観で動いてますから。
2007/12/20(木) 00:21 | URL | 08 #leF2ecbc[ 編集]
この間は
お疲れ様でした。大瀬さんからデビューが強風時だったことや、3回目で竹生島へ行った事、聞いてましたよ、えらい新規ユーザー出現と。

 日生宴会キャンプ実現したいですね。

 山屋の死なないキャンプ技術、興味あります。「べた」いいですね。無駄のないキャンプ術。そろそろ当方も冬のカヤックキャンプでもしてみたくなってきましたよ。
2007/12/20(木) 14:40 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/67-df7e3280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。