ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 みなさん、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。本年もどんどん出撃して、どんどんブログを書いて行きたいと思っています。ブログももうちょっと辛口にしようかと。後、艇別の出撃回数を日数に改めました。

 それはさておき早速、1月2日初漕ぎに伊勢志摩の英虞湾へ行ってきました。その漕行記を書いてみます。

 前日に近鉄「鵜方」駅近くの場所にホテルを取り(カヤックはいつもどおりホテルに送っていた)、翌日2日にそこから近鉄に乗り賢島駅にて下車。早速出艇地を探す。

 無い!探すがなかなか無い。無理やり出艇しようにも段差がありすぎで船が降ろせない。が駅を南出口から出てすぐに遊覧船乗り場があり、そこから左手に行く道をどん突きまで行った場所で、道の下2mくらいおりたところに小さな砂浜発見。なんとか無理やり降りて艇を組み立てる。がここの砂浜狭く、角度がついているので組み立て難い。が本日の出撃艇はシーショアである、組み立ては簡単だ。ということでちょっと時間をくったが、10時40分頃に出撃。

    IMGP2057.jpg   IMGP2064.jpg   agowan11.jpg

 英虞湾は瀬戸内のミニチュア版ともいうべき場所で非常に島間距離が短いかつ島数が多いのでコンパスと地図がないと訳がわからなくなりそうだ。出艇地からとりあえず左手にのんびり漕いで行く。今日は体調がもう一つで軽度の頭痛がするので、出艇10分でいきなり休憩。南方向を望むと何処が島で何処が岬なのか見ただけではさっぱりわからない。水面を見ると非常に浅く、潮流がある。島に守られて波は立ち難いものの、結構漕ぎ難い。

パドリングソングはなぜが「とうりゃんせとうりゃんせ、ここは何処の細道じゃ・・・」いつもと違う変わったパドリングソングが自然と口からでるとき、それは僕にとってちょっと思わしくない傾向である。まあ体調が悪いということだ。ちなみにこれは真実だ。冗談ではないのである。

 休憩後漕いで行くと、急に風が。開けて場所に出て風を防ぐものがなくなったのだ。本日風強し。艇が風、潮流によってふられる。こういうときはラダーがあれば便利だが、持って来ていない。まさかここでラダーがあればと思うとは。おまけに英虞湾は養殖場所が非常に多く、漕げる場所が限られている。

    IMGP2068.jpg   IMGP2071.jpg   IMGP2089.jpg

  とはいえ島が多いのは楽しいので漕ぎつつ島を一周したり、入り江に入ったり、島に上陸したりでのんびり過ごす。

    IMGP2092.jpg   IMGP2097.jpg   IMGP2105.jpg
 

 地図をみると次郎六郎の浜というのがあったので、ここで上陸昼食休憩することに。そこはテントが100程張れそうな場所で、海水浴場だった。

    IMGP2107.jpg   IMGP2112.jpg   IMGP2114.jpg
  

 持って来たユニフレーム製のアルコールバーナーで茶を沸かしつつ、行動食をたべる。実は弁当買うのを忘れたのだ。

                  IMGP2117.jpg

 風がますます強くなってきたので、とっとと帰ることに。ついでに頭痛もきつくなってくる。帰りは往きのルートをそのまま戻ればいいのだが(風の影響も風裏を伝って行けるので楽)、どうせなら行って無い場所を漕ぐ為に別ルートに。

    IMGP2126.jpg   IMGP2129.jpg   IMGP2131.jpg
 

 風が強いし養殖筏や枠の為、島を上手い事利用できないので強い向かい風を漕ぎ進むことに。でも体調不良の身には結構きつい。ただ今日はインチューンパドルを持ってきているので丁度いいテストになった。勿論楽勝だ。ぶれる事無しにしっかりシーショアは進んでいく。

 間崎島というこの辺では大きな島を回りこんで海水浴場でトイレ休憩。ここから出艇地までは風裏にあたる場所がほとんどなので楽であった。しかし狭い水路に動力船が結構走っているのでそれが面倒くさい。

 ゆっくりのんびり漕いでいくと、鳥の鳴き声が。自然と口から漏れる歌「人は人と別れて後で何を思う、鳥は鳥と分かれて雲になる風になる♪」 鳥になってホテルまで飛んで行ってシャワーを浴びたいという願望が知らずと歌を口ずさ無結果となったのか?

 海況は決して厳しくなかったが、それでもへとへとになりながら出艇地にたどり着いたのは3時20分ごろ。本島は1時30分には上がろうと思っていたのだが、ついつい多島海の魅力に引きづられてしまった。まあ何とか初漕ぎは無事?終了。もうちょっと出艇しやすい場所と養殖のスペースが小さければいいのだが・・・・。

 となかなか疲れた初漕ぎでした。距離にして13km前後と漕いでません。しかし艇が振られるは、頭痛がするわで疲れました。3日も漕ぐ予定が、3日は伊勢沖合いの答志島散策にしました、勿論カヤック出艇地の偵察もかねてですが。そのうちこの島から出艇して伊勢の島巡りもやってみようかと思います。これが分かっていればアルピナ2-430やSS-1でも良かったんですがまあ致し方ありませんね。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
英虞湾
英虞湾の景色、いいですねぇ。ぼくもいつか漕ぎたいです。賢島の出艇場所はぼくも前から気になってましたので、てっさんの情報に感謝します。次の答志島の話も楽しみにさせていただきますね。
2008/01/08(火) 10:28 | URL | サトウ #-[ 編集]
出艇地としては
決していい場所では無いんですが、ファルトなら何とか出艇できますよ。答志島、ほんとに出艇しやすいですよ。
2008/01/08(火) 14:38 | URL | てっさん #-[ 編集]
フェザークラフトのシーソックを・・・
この記事に全く関係ないこと
ですが、質問させてください。
てっさんサンはフジタカヌーの
シーショアとフェザークラフト
のカサラノを所有していらっしゃる
ようですが、フェザークラフトの
シーソックはシーショアに
使えませんでしょうか?
私はPE480を所有しておりますが
フジタの純正シーソックは一人用の
テントくらいの重さがあって、
購入する気になれません。
しかしフェザーのシーソックは
フジタよりコンパクトで中々いい
感じでした。
あれがPE480に使えたらなと
思っています。
(フェザークラフトのシーソックも
艇のコックピットの大きさによって
多少大きさが違うようですが)
2008/01/08(火) 18:41 | URL | black satin #Go2nE9GY[ 編集]
確認してみます
black satinさん、はじめまして。
スペリオの480は操作性がよくいい艇ですね。当方もシーショアとどちらにしようか悩みましたよ。

そういえば以前から自分で確認するつもりが忘れておりました。カサラノのシーソックがつかえれば荷物が大分コンパクトかつ軽くなりますね。で今、シーショアの船体布を洗っておりますので、それを乾かしてから一度組み立ててみます。その結果をお伝えいたしますね。もし世櫓敷けば当ブログの左端にあるメールフォームにてメールいただければそちらに結果等返信いたします。あさって位までには遅れるかと。大瀬さんに早速お尋ねしたのですが、フェザークラフトのシーソックサイズも3種ほどあるらしいです。

 
2008/01/09(水) 13:37 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/72-9a28032b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。