ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  2月は全然漕げていません。ということで思い出に残る漕行記でも書こうかと。3度目の家島渡りです。このツーリングの結果、シーショア用のラダーを購入しようと思い立ちました。当日は西風の強い風のため兎が飛び、瀬戸内らしからぬ大きな波で苦戦しました。それでは漕行記を。

           IMGP0676.jpg   iesima222.jpg
 
 2年前の5月中旬、久々に家島に渡ろうと赤穂の千種川から出艇。出撃艇は壱号艇、シーショア

 川を下り河口に出ると、強い西風によりシーショアが東に流されていく。
GW中に海上風邪警報の中漕いだ経験から、妙な自信をつけてしまった私、これから2時間散々な目に合うとは夢にも思わなかったとさ。

                  IMGP0679.jpg
 

 海上10kmに位置する院下島、当初の目標はそこ。まっすぐに漕ぎ進むも、だんだん風が強くなり、波も高くなる。さあどうする、俺よ。しばし考えるが、まあ大丈夫だろうと漕ぎ続ける。風で艇が回されるのをスイーブの連続やリーンターン、スターンラダーを「乱発」して凌ぐが、非常に疲れる。漕いでいる割りに進んでいない。ラダーがあればこういう場合楽なんだろうなあと思い始める。すでに波は2mを越えているだろう。

 河口に出てから1時間ほど経ち休憩。艇が自然に風上に向いて安定する。行動食を口に放り込み休憩していると、遠くから小山のようなうねりが。近くで操業中の漁船が見えなくなった!丁度いい機会だ。波高を確かめてみよう。
水上に出ている僕の体が80cmとしてどうだろう。うねりを待つ僕。うねりの谷に滑り落ちるシーショア、そこからジェットコースターのように急坂を駆け上がる。その直前波高を目視、1,2,3,4・・・もうやめた。3mは越えて4m近いかな。冷静に計ったのでまあ間違えてはいないだろう。シーショアの安定の為、何の恐怖感も無く乗り越えた。

 2m程度の波なら斜めに波を超えていき、3m近い大きな波なら直角に波を越えていく。この方法で漕いで漕ぐも、いい加減だるくなってきた。当初の目標である院下島に上陸して休んでいるうちに更に荒れると厄介なので、本日の最終目的地、「坊勢島」方面に舵を切る事に。その方面なら風や波をある程度利用できる。まずは坊勢島の隣、西島の北浜に上陸して休憩しよう。ということで針路変更南西方面に。大きな追い波で艇が上下に揺さぶられるもさほど恐怖感はない。横波よりは大分ましである。ただ艇を回されないように気をつけて漕ぐ必要はあるが。

           IMGP0685.jpg    IMGP0684.jpg

 強風のため、想像以上のスピードで気がつけば浜の近くに。慎重に上陸して休憩。「フー」やれやれである。まっすぐに院下島を目指さずに早い段階で南西方面に進路をとれば楽だったなあと。沖合いを見れば兎ががんばって跳ねてある。まあ無事たどり着けたのでよしとしよう。シーショアの限界はこんなものではない、といったところか。

 20分ほど昼食休憩後、出艇。風や波の影響を出来るだけ受けないよう、西島の岸ぎりぎりを漕いで行く。岬を越えるとそこは風裏になった湾。ほっと一息ついて景色を眺める。ここから後は坊勢島までのんびり楽しみながら漕いで行った。最後、西島と坊勢島の間の海がやや荒れ気味だったが、どうってことなく、いつもの神社下の上陸場所に艇をつける。

                   IMGP0708.jpg

 到着後、航海の無事を感謝して神社に賽銭を入れ、手を合わせる。

      

                   IMGP0712.jpg

 撤収中に思ったのは「ラダー」についてだ。普段はいらないが、いざという時や長距離航海には使えそうだなあ・・・。距離のある島渡りなんかには非常に有効そうであると。

 というわけでこのツーリングの結果、ラダーを購入する事に。シーショアという艇はラダーの必要性はそんなに高くないのですが、効きが抜群でいざという時に非常に頼りになります。といっても電車派の僕ですからそんなに持っていくことはないのですが。使用頻度は4回に1回位かな。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/87-6e2f41dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。