ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます

  3月30日は琵琶湖は近江今津から出艇、近江高島まで行ってきました。出撃艇は壱号艇シーショア。風こそ弱いものの天候悪く、ほとんど寝てないのでしんどいと思いきや、意外と問題なく漕げましたが、雨天での撤収はやはりだるかったです。それでは書いてみます。

 6時22分の電車で向う。途中京都駅で湖西線に乗り換えるのだが、なぜか湖西線が来ていない。JRのダイヤ改正でつながりが悪くなったのだ!というわけでいつもより20分以上遅れて近江今津に到着。

   IMGP0161.jpg    IMGP0162.jpg    biwako imadu
 
 

 竹生島行き遊覧船乗り場の横で組み立て開始。乗り場のオジサンと話しつつ出撃準備を進める。完了後、本日合流予定のカズさんに電話を入れる。すでに沖の白石に来ているとの事なので、今から白石に向うと2時間以上かかる、というわで安曇川河口で合流しようという話の流れに。出撃は10時30分ごろ。まずは一直線に岬?鼻?の先端に向けて漕いで行く。

   IMGP0163.jpg    IMGP0166.jpg    IMGP0171.jpg

 出撃後はそこそこの風と波があったが、問題なく進んでいく。たんだんと波風が落ち着いてきて気が付けばべた凪である。湖岸の景色を眺めながら徹夜した割には意外と漕げていることが不思議である。徹夜の場合、いつもならすぐに
へろへろになるのだが。

   IMGP0172.jpg    IMGP0177.jpg    IMGP0182.jpg

 途中、オートキャンプ場に上陸、休憩。なかなか綺麗な整備されたキャンプ場だ。 シーズンオフなので無人である。貸切のキャンプ場をぶらぶら休憩がてら散策。といっても7分くらいかな?それから出撃。少し漕ぐと、風車が見えてきた。新旭の風車村(道の駅)だ。風車を眺めならが漕いで行くと、源氏浜が見えてくる。ここまで来るともう少しだ。

                  IMGP0187.jpg

 安曇川周辺でカズさんから電話が。ほんの近くにいるらしい。探して視線を沖合いに向ける。動力船の左側に小さな点が2つ。カズさんと同行者のKさんだ!漕いで近づき挨拶を交わす。とりあえず上陸して食事ということに。

 
  IMGP0190.jpg    IMGP0195.jpg    IMGP0197.jpg
 

 上陸したものの寒い!話しつつ食事を進めわずか20分位だろうか。雨だし寒いし、時間の問題もあるのでここで各自解散という事に。安曇川河口まで漕いで行き、お二人と別れて僕は本日の撤収予定地、近江高島駅近くの高架下まで漕いで行く。琵琶湖名物「ヤナ?」の為、大回りをしつつ漕いでいく。雨は段々強くなってくるのだが、意外と楽しいものだ。途中一度トイレ休憩に上がったきりで、ひたすら目的地へ。

   IMGP0200.jpg    IMGP0201.jpg    IMGP0202.jpg
                     

   IMGP0203.jpg    IMGP0204.jpg

  3時少し過ぎに釣師が多くいる高架下に到着。この下で艇を分解する。ここは確か3度目かな、来るのが。それはそうとかじかんだ手でシーショアを分解しつつ、「雨の日は素直に車だな」と改めて思うのだが、家に着いたとたん、「やはり電車でしょ」と考えが変わるのはいつもの事だとちょっと苦笑してしまった。体に電車でカヤックが染み付いたとでも言うのだろうか?

 というわけで3月は何とか3日漕げました。暖かいシーズンに向けて調子を上げていけたらなあと。さて次の日曜日は久々に木津川に行くか、琵琶湖の沖島か、それとも瀬戸内の坂越から日生かと3ルート検討中です。

 

 

            
 
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/95-519815fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック