ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 4月5日は宇治川にて観桜漕ぎを行ってきました。使用艇は5ヶ月ぶりのSS-1。京阪宇治駅前から出撃、木津川との交流地点より上流の京阪「八幡駅」近くまで。川は4ヶ月ぶりです。そんなに期待していなかったものの、予想外に良かった観桜ツーリングとなりました。それでは漕行記を。

                 IMGP0052_20080417005939.jpg

 京阪宇治川駅下車、コンビニで準備を整え、駅前の河原にて出撃準備を行う。対岸の桜を眺めつつ、SS-1を組み立て開始。パーツ数が少なくシンプルな作りのSS-1、楽だ、相変わらず。これぞフジタカヌー艇というところか。そういえばSS-1の後継艇であるキンググースや当方所有のクイーングースは生産中止になったとのことだ。少々残念ではあるが仕方ないなあ。勿論壊れてもパーツ供給、修理は問題無しなのでがんがん使っていける。

                     IMGP0058.jpg           IMGP0059.jpg

 丁度9時頃に出撃。流れが速い宇治川をどんどんくだりつつ、土手の上の桜を眺めつつ、あまり漕がないで流されていく。釣師がそこそこいるので川の真ん中をくだりつつ、たまに岸によったりしながらのんびりツーリング。
 
                  IMGP0068_20080417010452.jpg             IMGP0070.jpg

  たいして漕いでいないのに気がつけば観月橋まで来ていた。右岸には名物?屋形船。土手の上には三十石船の看板が。

 

                          

 橋をくぐり流れていくと、右手三栖閘門(みすこうもん)が見えたので、一端上陸休憩がてら見に行く。宇治川と濠川は水位の差があり、そこを行き来する船の為に設けられたとのことだ。今はその役目を終えている。
   

     IMGP0077.jpg    IMGP0078.jpg    IMGP0080.jpg

 階段を上がると三栖閘門と伏見公園が見え、桜も結構な数を数える。濠川には遊覧船がはしっており、観光客が花見を楽しんでいる。どんどん奥まで歩いていき、濠川沿いに歩いていく。ここはさながら桜の街道である。桜や菜の花をみつつ、歩いていくと出店があった。丁度イベントが行われていた。

     IMGP0096.jpg    IMGP0090.jpg    IMGP0090.jpg

  一番奥まで行き、対岸に渡ったのち、元の場所まで戻っていく。今日は天候も良く、最高の観桜日和。心までぽかぽかしてきたぞ。結局1時間ほど過ごした後、再出撃。後は目的地である八幡まで漕いで行くだけだ。

 出撃して10分ほどだろうか、川の流れがゆるい場所で、周りに障害物が無いのを確かめてから30秒ほど目を閉じて休憩。耳を澄ますと、鶯の鳴き声。なぜか「桃源郷」という言葉が頭に浮かぶ。不思議な幸福感、カヤック乗り至福の時だ。
 

     IMGP0109.jpg    IMGP0111.jpg    IMGP0113.jpg

  さてそれから暫く漕いでいると、前方に大きなマンションが見えてきた。そろそろゴールは近い、そこを越え橋のが連なる場所に来るともうすぐである。一番奥の御幸橋(赤色をしている)の向こうに背割りの桜が見えた。これは期待できそうだ。

             IMGP0117.jpg     IMGP0118.jpg
  

 橋を越えて左岸側を見ると、土手の上までコンクリートの階段が続いている。ここで上陸。

     IMGP0126.jpg    IMGP0130.jpg    IMGP0128.jpg

 昼飯を食べた後、背割りの桜を見に行く。凄い本数だ。桜また桜、桜でおなかがいっぱいになりそうな程。周りはシートを広げた団体が沢山いて、道沿いは人で渋滞気味。皆幸せそうな顔をしている。道から木津川を見下ろすとダッキー部隊を発見。この天気で桜、そりゃ木津川ならカヤック出てるだろうなあと思っていたが、やはりだ。

 大分奥までいって適当なところで引きかえしてきて、カヤックを分解。撤収。駅までの道は人だらけ。信号待ちしているときに、後ろにいた中年のご夫婦に話しかけられる。宇治から来た事を話すと、「いいなあ、皆は電車で来て同じところから帰るけど、お兄ちゃんは船で来てそのまま別の場所から帰れるし。桜ひとり占めできるし」。まさに電車でカヤックの醍醐味を語っていただいているなあ。宇治川を漕ぐ事4回目、今までで最高の宇治川であった。やはり日本人は桜だな。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
てっさんさん、こんにちは。
楽しく読ませていただきました。
きれいな桜ですねー。
水面に向かって垂れ下がった桜の下をカヌーが行く姿は絵になりますよね。ぼくも毎年の恒例にしたいです。
2008/04/09(水) 23:35 | URL | サトウ #-[ 編集]
毎年
行ってます、観桜漕ぎ。
遊覧船でも水上から見ることが出来ますが、カヤックなら好きなだけ、好きな場所で角度で見ることがいいですね。

たしかに桜の下を進むカヤックというのは絵になりますね。
2008/04/10(木) 23:42 | URL | てっさん #-[ 編集]
ひさしぶりにのぞきました。
日曜日は海津ですな。
宇治川もいきたかったが、残念!
まぁ仕事の方は良い出来で、こちらはこちらで達成感がありましたが。
2008/04/11(金) 13:21 | URL | sumi #-[ 編集]
良かったよ
sumi殿、宇治川良かったよ。桜見て高揚していたからかもしれないけどね。仕事なら致し方無しです。

 日曜日は宜しくです。
2008/04/11(金) 23:30 | URL | てっさん #-[ 編集]
花見舟
 しばらく漕げてませんが、いいですねぇ、花見川下り。宇治川かぁ、風流だなあ。
 ここ2年、江の川でやってましたが、今年はパスですねぇ~。

>目を閉じて休憩。耳を澄ますと、鶯の鳴き声。

 僕もよくやります、やりました。春と言わず、穏やかな川下りでは
これ醍醐味ですね。聴こえてくる音は自分独りが独占して楽しめるんですよね。
2008/04/13(日) 23:27 | URL | Hazex #-[ 編集]
その通りです
Hazexさん、そうですね、目を閉じればそこは別世界です。宇治川は景色は都会の川にしては、まあ悪くはないかと。水質はあれです・・・。

鶯の声、春です。良かったです。
2008/04/14(月) 23:16 | URL | てっさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tessanfalt.blog80.fc2.com/tb.php/97-4ea2ed4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。