ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 相変わらずひどいものである。ブログが4か月ぶりとは。というわけで無理やり書いてみよう。
 
 最近は所有艇中の壱号シーショア,四号アルピナ2-430ばかりの出撃となっていて、九号カレントは準備すれども出撃せずという状態になっていたわけである。ほかの艇がもったいない。特にカサラノ・・・気合のいるカヤック故に最近出撃していないのであるが、カサラノ用に「軽量グリーンランドパドル」を手に入れたら出撃しようと思っていたのだが、なかなか見つからず。

 しかしカヤック海を旅する本最新号に載っていた「イヌクシュク」というフィンランドのメーカーが製造しているグリーンランドパドルを発見。早速注文してみた。久々のカヤック投資である。ちなみに重量770g!!長さも215mmから228mmまで可変。今週中に届く予定なので、早速週末に出撃してインプレでも書こうかと。楽しみである。ただ出撃艇はカレントだが。カサラノは9月後半か10月かな。
 さてさてツーリング記録でも書いたらいいんですが、いつも通りどうでもいい話を。

              軍艦島   軍艦島2

 それにしてもいい天気でありますね、明日の日本海漕ぎがたのしみです。写真はこの間行ってきた「軍艦島」の写真。カヤック行ではないです。当日は曇りで小雨も時々降っていて神秘的でした。今度はカヤックで行こうかと。


 話は変わってこの間、久々に瀬戸内カヤックに行ったのですが、最近メンテらしいメンテをしていなかったのと、確認もしていなかったので、壱号艇シーショアのタッチアップ箇所がはがれまくり。そして以前破れてしまった箇所に貼ってあった「ティアエイド」が剥がれてしまい、波をかぶる状態になると水が浸水しまくるだろうなあという状態に。

 こういう時のために粘着性の高いガムテープをもっていってるので問題はなかったのですが。結局浸水はそこそこしてたのですが、おそらくシーソックの劣化によるもの・・・。

 何度もカヤックに行ってると、組立最中に「不具合」が何度か発生していますが、大概はテープや細引きでなんとかなるもの。これにティアエイドがあれば鬼に金棒。素晴らしきかなファルトボートよ。まあでもしっかりメンテしてからツーリングに臨むのがべたーではありますが。

 しっかりタッチアップや船体布の予備を張り付けて補修してから、次のカヤックに行く予定が、結局せず仕舞い。今日できることは明日にしようという性格、なかなか治らないものです。
仕方ないので現地で出撃前に「ティアエイド」を貼るとします。
 一応?生きてますよと。
 4か月以上ぶりにブログ書きます。
カヤックは去年の11月下旬以来・・・・やっと出撃。ひどいもんです。
12月に一度は行ったんですが、そこはカヤック禁止の湖だったので漕げずじまい。

 3月に行こうと思ってたのですが、天候が休みと合わず、そして100%の確率でこの時期おとずれる体調不良。ようやく4月も下旬になって出撃と相成りました。


                    IMG_0709.jpg

 その前にS君の480スぺリオの修理でフジタカヌー持ち込み。その場で早速修理していただき、その間、「藤田 清」 会長のお話をお聞かせいただきました。ご健在に少しほっとしました。
 毎年1月にある、「工場見学」は今回行けなかったので、プチ工場見学といってもいいかもしれません。不思議にホッとする工場です。

 さてこのごろサボっている簡単な修理を所有艇に施して、ちょくちょく漕ぎに行くとしますか。
 その2は思い出のツーリング予定が、仕事の忙しさにかまけてかけず仕舞い、という事で、カヤックコウノトリのラストイベント「イルカ噴水漕ぎ」に行った時の事、今までの思い出などを取り留めなく、そして遠慮なく書いてみます。

 12月20についにカヤックコウノトリ閉店である。イルカの噴水はてっきり運河の近くにあると思いきや、ATCの駅から遠い方にあった。受付の綺麗なお姉さんに教えていただき、事なきを得た。あそんな大げさなことではないが。
        
                   img487.jpg


 すでにユーザーの方及び河野さんがいらっしゃる。さてとここでのんきに漕いでいる場合ではなく!?退院されたから河野さんとご一緒させていただく機会はあるが、フィルムに刻み込む?機会は今をおいてほかにない。という事でこの日のために持ってきたカメラは、ミノルタのフラッグシップ「αー9」レンズは主に「135mmSTF]、サブで「50mm プラナー」。万全である。ついでにフィルムは製造中にになった、フジのプレスト400と。

 そういえば河野さんもミノルタのカメラを使ってらっしゃった。暗い望遠レンズにテレコン2Xを2つをつけてF22だったかな?涙ぐましい努力をされていたとのことだ。


 カヤックコウノトリの店長として、最後の漕ぎ場所が「イルカの噴水」ってのは、河野さんらしい。海でもなく激流でもなく何故かそれが似合うのだ。水上どこへでもの河野さんだが、プロらしからぬ「キワモノ」漕ぎで世間を震撼させてきた男の総決算というところか。

           
                   img488.jpg
 
 海や激流より似合うのは、山屋が「そこに山があるから」登るわけで、「そこに水があるから漕ぐ」わけであるか。カヤックに人生を捧げた漢といったところか。


 果敢に噴水に突入というより側を通る河野さん。

            img579_201512281356037d5.jpg     img580_20151228135505ddd.jpg   


 まあしかしこの日は穏やかでかつ雰囲気も湿っぽくなく、河野さん自身も内心いろいろと思われていただろうが、闘い切った男のすがすがしさといったところが見えた。私の写真でそれを感じ取ってもらいたい、いやもうちょっとうまく撮れよと言われそうであるが。
                     img581.jpg

 それにしても河野さんの接客等は傍から見ていると凄かった。自営である、商売である。時には自分の心を殺して「売って」利益を上げるのが商売というものだと自営業の私は思ったりするのだが、「容赦なしのアドバイス」(もちろんいい意味だ)、「なんでその値段のツアー料金」(安すぎる)その他嫌いなメーカー……これは書けん!傍から見ていてなかなかすごかった。うむ、私には真似できない。

 過剰サービスに慣れた日本人、特にチェーン店やコンビニなんかで偉そうにする馬鹿が少ないながらもいるが、ああいう奴等に河野さんの「ビシット」接客をやってほしいもだと何度か思ったものだ


 その3へ
 思えば以前河野さんが勤めていらした「バイエルン二色浜店」を訪れたのははるか昔に思えますが、せいぜい10年位前。
南海二色浜駅から徒歩10分ちょい位の道を歩いて通ったのがつい最近のように思われます。ダッキーで琵琶湖や海を漕ぐのは無謀故、海を漕げるファルトボートを手に入れるためアドバイスを求めようと行かせてもらったわけです。

 その時はまだどこのメーカーのどのカヤックにしようか悩んでいたのですが、とりあえず扱っていたフジタカヌーのシーショアか480スぺリオについて聞いてみたところ、「海行くのやったらシーショア」とのことでした。後日フジタカヌーの工場に行き、試乗させていただいた結果、シーショアに。

 河野さんのアドバイスは的確であったのですが、480スぺリオが好みでないのかな?なんて思っていたのですが、和歌山は片男波での「大試乗会」で480スぺリオを改めて乗られてから、「なかなかいいな」とおっしゃっていたので、何故かホッとしたものでした。ちなみに480スぺリオとシーショア、何度か書いてますが、見た目は姉妹のごとく似ていますが、性格はかなり違います。どちらもシーカヤックで安定性も高いので、海を漕ぐ安心感は抜群です。まあどちらを選ぶかは好みでいいかと。

 その後ちょくちょく店に行かせてもらったり、ツーリングに連れて行ってもらったり、ツアー参加もさせてもらったりした中での印象深いツーリングは、

 
 明石海峡横断       

 
 前日に突然の電話で「渡るけど行かない?」とのお誘いが。一人で行く度胸もなかったというより、考えもしなかったので飛びつきました。

 で当日。その当時は今よりも夜中まで仕事があり、ほぼ徹夜で身を削りながら漕いでました。今ではそれは無理です。それはともかく、眠いかつ組立で汗だくになりながら準備完了、出発。私はシングル艇で河野さんとSさんはタンデム艇・・・・・。
 これはしんどいことになりそうだと。ちなみに2人とも私よりはるかに漕げます、漕ぐのも速いです。余裕で手を抜きながら漕いでいる2と必死で漕いでいる私。
 潮も緩い日で潮どまりを狙って漕いだため、普段漕いでいる日生よりべた凪。船も少ないと。あっけなく、終了。まあ河野さんのリサーチのおかげではあるのですが。
 
 明石海峡を越えたという印象より「きつかった」印象がいまだにのころ思い出のツーリングでした。まあしかしなかなかよかったなあ。

 
 カヤックコウノトリまでファルトで行こう

              DSC_0040.jpg


 大阪港であります。どっかから乗ってカヤックコウノトリ近くまで行こうという事でアルピナ2-430で行くことに。
 神戸港程ではないが手ごわそうな大阪港、なかなかにスリルがありました。近くを通る動力船の引き波が岸壁にあたりデカい反射波・・・・・アルピナ2-430が
ばっしゃんばっしゃんと前後に揺れ波を叩きます。こうなるとスピードが出ない。なるほど波が大きい時はやはりアルピナ2-460党などの剛性が強い艇が有利なのかなんて
インプレションに書ける経験もし、監視艇に「ここ通らないで」と注意され、最後ははしご登って上陸。まさにファルトの醍醐味あふれるツーリング。
上陸後はとっとと折りたたんで事務所に。書いているうちにかつて普通にやっていた、はしごを降りて出艇、はしごを登って撤退という「3Dカヤック」がやりたくなってきた・・・・
けれど最近全然漕いでないです。

 
 実は「バイエルン二色浜店当時の写真を探していたのですが、全然撮っていない!そういえばあの頃はカメラに興味がなかったんですね、

 その2へ。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。