ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 その2は思い出のツーリング予定が、仕事の忙しさにかまけてかけず仕舞い、という事で、カヤックコウノトリのラストイベント「イルカ噴水漕ぎ」に行った時の事、今までの思い出などを取り留めなく、そして遠慮なく書いてみます。

 12月20についにカヤックコウノトリ閉店である。イルカの噴水はてっきり運河の近くにあると思いきや、ATCの駅から遠い方にあった。受付の綺麗なお姉さんに教えていただき、事なきを得た。あそんな大げさなことではないが。
        
                   img487.jpg


 すでにユーザーの方及び河野さんがいらっしゃる。さてとここでのんきに漕いでいる場合ではなく!?退院されたから河野さんとご一緒させていただく機会はあるが、フィルムに刻み込む?機会は今をおいてほかにない。という事でこの日のために持ってきたカメラは、ミノルタのフラッグシップ「αー9」レンズは主に「135mmSTF]、サブで「50mm プラナー」。万全である。ついでにフィルムは製造中にになった、フジのプレスト400と。

 そういえば河野さんもミノルタのカメラを使ってらっしゃった。暗い望遠レンズにテレコン2Xを2つをつけてF22だったかな?涙ぐましい努力をされていたとのことだ。


 カヤックコウノトリの店長として、最後の漕ぎ場所が「イルカの噴水」ってのは、河野さんらしい。海でもなく激流でもなく何故かそれが似合うのだ。水上どこへでもの河野さんだが、プロらしからぬ「キワモノ」漕ぎで世間を震撼させてきた男の総決算というところか。

           
                   img488.jpg
 
 海や激流より似合うのは、山屋が「そこに山があるから」登るわけで、「そこに水があるから漕ぐ」わけであるか。カヤックに人生を捧げた漢といったところか。


 果敢に噴水に突入というより側を通る河野さん。

            img579_201512281356037d5.jpg     img580_20151228135505ddd.jpg   


 まあしかしこの日は穏やかでかつ雰囲気も湿っぽくなく、河野さん自身も内心いろいろと思われていただろうが、闘い切った男のすがすがしさといったところが見えた。私の写真でそれを感じ取ってもらいたい、いやもうちょっとうまく撮れよと言われそうであるが。
                     img581.jpg

 それにしても河野さんの接客等は傍から見ていると凄かった。自営である、商売である。時には自分の心を殺して「売って」利益を上げるのが商売というものだと自営業の私は思ったりするのだが、「容赦なしのアドバイス」(もちろんいい意味だ)、「なんでその値段のツアー料金」(安すぎる)その他嫌いなメーカー……これは書けん!傍から見ていてなかなかすごかった。うむ、私には真似できない。

 過剰サービスに慣れた日本人、特にチェーン店やコンビニなんかで偉そうにする馬鹿が少ないながらもいるが、ああいう奴等に河野さんの「ビシット」接客をやってほしいもだと何度か思ったものだ


 その3へ
 思えば以前河野さんが勤めていらした「バイエルン二色浜店」を訪れたのははるか昔に思えますが、せいぜい10年位前。
南海二色浜駅から徒歩10分ちょい位の道を歩いて通ったのがつい最近のように思われます。ダッキーで琵琶湖や海を漕ぐのは無謀故、海を漕げるファルトボートを手に入れるためアドバイスを求めようと行かせてもらったわけです。

 その時はまだどこのメーカーのどのカヤックにしようか悩んでいたのですが、とりあえず扱っていたフジタカヌーのシーショアか480スぺリオについて聞いてみたところ、「海行くのやったらシーショア」とのことでした。後日フジタカヌーの工場に行き、試乗させていただいた結果、シーショアに。

 河野さんのアドバイスは的確であったのですが、480スぺリオが好みでないのかな?なんて思っていたのですが、和歌山は片男波での「大試乗会」で480スぺリオを改めて乗られてから、「なかなかいいな」とおっしゃっていたので、何故かホッとしたものでした。ちなみに480スぺリオとシーショア、何度か書いてますが、見た目は姉妹のごとく似ていますが、性格はかなり違います。どちらもシーカヤックで安定性も高いので、海を漕ぐ安心感は抜群です。まあどちらを選ぶかは好みでいいかと。

 その後ちょくちょく店に行かせてもらったり、ツーリングに連れて行ってもらったり、ツアー参加もさせてもらったりした中での印象深いツーリングは、

 
 明石海峡横断       

 
 前日に突然の電話で「渡るけど行かない?」とのお誘いが。一人で行く度胸もなかったというより、考えもしなかったので飛びつきました。

 で当日。その当時は今よりも夜中まで仕事があり、ほぼ徹夜で身を削りながら漕いでました。今ではそれは無理です。それはともかく、眠いかつ組立で汗だくになりながら準備完了、出発。私はシングル艇で河野さんとSさんはタンデム艇・・・・・。
 これはしんどいことになりそうだと。ちなみに2人とも私よりはるかに漕げます、漕ぐのも速いです。余裕で手を抜きながら漕いでいる2と必死で漕いでいる私。
 潮も緩い日で潮どまりを狙って漕いだため、普段漕いでいる日生よりべた凪。船も少ないと。あっけなく、終了。まあ河野さんのリサーチのおかげではあるのですが。
 
 明石海峡を越えたという印象より「きつかった」印象がいまだにのころ思い出のツーリングでした。まあしかしなかなかよかったなあ。

 
 カヤックコウノトリまでファルトで行こう

              DSC_0040.jpg


 大阪港であります。どっかから乗ってカヤックコウノトリ近くまで行こうという事でアルピナ2-430で行くことに。
 神戸港程ではないが手ごわそうな大阪港、なかなかにスリルがありました。近くを通る動力船の引き波が岸壁にあたりデカい反射波・・・・・アルピナ2-430が
ばっしゃんばっしゃんと前後に揺れ波を叩きます。こうなるとスピードが出ない。なるほど波が大きい時はやはりアルピナ2-460党などの剛性が強い艇が有利なのかなんて
インプレションに書ける経験もし、監視艇に「ここ通らないで」と注意され、最後ははしご登って上陸。まさにファルトの醍醐味あふれるツーリング。
上陸後はとっとと折りたたんで事務所に。書いているうちにかつて普通にやっていた、はしごを降りて出艇、はしごを登って撤退という「3Dカヤック」がやりたくなってきた・・・・
けれど最近全然漕いでないです。

 
 実は「バイエルン二色浜店当時の写真を探していたのですが、全然撮っていない!そういえばあの頃はカメラに興味がなかったんですね、

 その2へ。

 

 いや戦ったわけではないですが。
 宮ヶ浜といえば琵琶湖東岸で国民宿舎のあるところ。駐車場も広く、浜も感じよく、カヤックの集まりには最適の場所。実際カヤッカーを多く見かけます。沖合すぐに沖島あり、沿岸漕いでてもそれなりに良し。しかし意外と風が出る。適当に特徴を並べましたが、、まあこんな感じでしょう。

 もともとアルピナ2-430のキールフレームを二重管にして、そのテストツーリングについて書く予定でしたが、今までの思い出でも書くとします。 というわけで今までの宮ヶ浜近辺におけるツーリングの思い出も簡潔に書いてみます。

 
 
 カズさんとの思い出ツーリング。

 カヤック同期ともいえるカズさんとのツーリングでしたが、2月というのもあり、天候が目まぐるしく変わり(晴れたと思ったら雪が降り、またすぐ晴れて)、
最後は風で荒れ始めるというなかなか印象深いツーリング。琵琶湖の天候急変を体で覚えました。懐かしい!

 

 最初で最後かも カサラノサミット

                IMGP0084_201509301643470ca.jpg

 フェザークラフトのカサラノユーザーおよびそのカヤック仲間たちの集まりでした。今と違いたしか8年くらい前でしたでしょうか?
 この当時はそれほどカサラノユーザーがいなかった?のかフィールドではあまり見かけることがなかったカサラノが、3艇とはいえ集まったのは印象的でした。
 
 腕利きのリジットユーザーも参戦。カサラノですら安定していると思える、不安定なリジットシーカヤックあり、サーフカヤックあり。

 さて次回はいつになるやら。カサラノサミットもう一度やってみたいものです。その前にカサラノそろそろ乗らないと。


 竹生島弁財天降臨!?

                IMGP2367.jpg

 
Oeさんとのツーリングでしたが、宮ヶ浜から沖島にわたり、沖島を巡っているとき、神社に続く階段から眩しい微笑みをたたえて美女が下りてきました。
 何故か後光が差したように思え、まるで弁財天が降臨なされたよう。男のスケベごごろなど湧こう筈もなく、男女云々を超えた神々しさのようなものがありました。
 
 あれは本当に不思議な経験でした。話す機会があったので聞いてみると、関東の方から友達を訪ねてきて、帰る前に寄ってみたとのこと。一人旅できる女性ってのは素敵なものです。



 アルピナ2-430改で強風沖島行き

 久々にアルピナ450ハイブリッド乗りのT君をアルピナ2-430改のバウに乗せて、S君の480スぺリオと供に行ったのですが、まあ風が強かった。
 ただ行けるところまで行こうという事で、とりあえず様子を見つつ宮ヶ浜から沖島に渡ったのはいいものの、帰りはさらに風がパワーアップ、スカッと艇が風上に回されて、
風で水しぶきが飛ぶ状況。波も結構出てきて、なかなかきつい状況でした。ただその状況故に、キールを二重管に改造したアルピナ2-430のタンデム利用における、
ノーマルとの違いがわかったような気がするのは良かったですが。まあカヤックという遊びはどこで漕ごうとなめてはいけないというの実感したツーリングでありました。

 まあしかし宮ヶ浜は集まって漕ぐのはいい場所ですね。
ちなみに写真は適当です。宮ヶ浜で漕いだ時の写真ではありません、あしからず。

 


 


 
 サボってたブログ、久々に書くとしましょう。

 月に1度か2度、まあ一応漕いでます。先日の日曜日も、くそ暑い中、兵庫県の室津、大浦海岸から出艇、漕いできました。それはさておき、カヤック漕いでて若しくわ上陸時にであった動物達について、リハビリがてら?書いてみます。


 やっとであった「スナメリ」

                DSCF4114.jpg

 カヤックを初めて、出会ってみたい動物における「最高クラス」がスナメリでした。カヤック歴11年(だったかな?)、ようやく出会いました。写真ではさっぱりわかりません。というより撮れなかったので想像してください!

 場所は笠岡諸島の北木島と真鍋島間。「大きな獣じみたあくび」のような音がしたと思うと、のっそりと水面から。その小ささと身体的特徴から「スナメリ」だと断定。
 まあ感動ものでしたね。ちょうどこの日は、体調微妙でろくに漕げなかったので、まあ「救われた」感じがしました。

 ついでに定期船で笠岡に戻る途中にもう一度。


 ガサガサいう音がして、木々の間から出し者は


        DSCF4173.jpg   DSCF4177.jpg

 先日の大浦にて。食事中ガサガサいう音が背後から。人間が隠れるスペースもないし。そして奴は現れました。「コンタ君」でありました。

 結構痩せていたので、食事をおすそ分け。いくらか食べた後、パンを進呈。するとパンの一つを穴を掘って保存しているではないか!なかなかどうして賢いキツネです。

 寝たふりして観察していると、足元に因ってきていきなりカヤックシューズをはいた足に「ガブリ」。食べ物と勘違いしたのかな?

 まあなかなかやんちゃなやつです。この日、暑すぎてまともに漕げない天気でしたが、海水浴もできたし、「コンタ君」にも会えたしで、ラッキーでした。

 そういえば、コンタといえばあの「バービーボーイズ」の男性ボーカリストを思い出します。私が生まれて初めて購入したCDが「バービーボーイズ」でした。まあどうでもいい話ですが。

 しかしもしかすると私は大変な思い違いをしていたのかもしれません。コンタ君ではなくもしかしたら「コンコ」ちゃん「コンミ」ちゃんかもしれない・・・。

 


 まあ家庭のちょっとした事情をある程度クリアーしたので、ぼちぼちブログを書いていきます
、多分ですが。
 という事で、この間の土曜日、船体布を水洗いした後、干してました。
 ついでに夕日に照らされた「ビルディング」たち。

         DSCF1622.jpg     DSCF1623.jpg

 ドッグ入りといっても、「ぶっ壊れて使用不能状態」というわけではありません。
 経年でダメになったパーツもありますが、フジタカヌーから取り寄せれば、ドライバー1本あれば直せる箇所。

 まあそのキールを二重管にするためにドッグ入りさせた次第です。二重管はアルピナ2-460やアルピナ450ハイブリッドで採用されています。剛性が上がりスピードも上がるかと。

 そもそもシーショア、カサラノ、エルズミア、K2と、海での使用においては、アルピナ2-430よりも適しているであろうシーカヤックを持っているのに、なぜこれをしようと思ったかというと、それはまあ気分の問題です。これでアルピナ2-430改となるわけで、何かわからん「わくわく」感がわいてきます。

 その他はテンション掛けをよりしやすくするため、スターン側テンション掛けベルト?を長い奴に交換してもらう予定ですが、場合によっては別の方法をとるかもしれません。

 さてさて乗り味がどう変わるのか?楽しみです。

 次の日は恒例のフジタカヌー工場見学だったのですが、その日に担いで持っていき無事ドッグ入り。
 工場見学については、写真の現像が終わり次第アップするとします。今回の工場見学は、いつもとすごく違っていました。というよりも「フジタカヌーの新兵器」登場といったところです。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。