ファルトボート(フォールディングカヤック)についてあれこれ書いてます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                      IMG_0122.jpg 


 さて久々にブログ書きます。
 ゴールデンウィーク辺りから、頭痛地獄とプチ睡眠障害に悩まされ、へたっておりました。気がつけば当ブログも広告に占拠されている状態・・・・。まあ今度の連休明けに、役所主催?の健康診断受けて、それ以外にも今年中に脳をスキャン予定。さてさて何が見つかるやら。

 カヤックは5月いっぱい休んでましたが、6月は2回ほどちょい漕ぎ。7月の連休もどっかいってきます。

 まあそれはともかく、健康ってのは大事なものだとつくづく思いましたね。今年は完全復活と4月の時点では思ってましたが、まさか又おかしくなるとは。で私のパターン?なんですが、いろいろ調べても「理由不明」と出ると思われます。要するに「体質」・・・。

 まあ仕方ないので、今年も体調に合わせてカヤック行ったり、のんびり温泉にでも行ったり、おっさんらしく行くしかありませんね。
 さてと、この間の日曜日は、バタフライカヤックスの試乗会に行ってきました。それのレポートを書く前に、コーヒーブレイクです。

                     
IMGP0081_20130425163823.jpg

 シーショアをメンテしてました。久々に金属部分にCRSスプレー、今年は我が壱号艇でいろんな場所を漕ごうかと思っています。

 それはそうと、この2年ほど、体調を崩したのもあり、写真に目覚めたのもありで、趣味に対する熱意比率が

 写真:カヤックは3:1位でしたが、今年の3月頃から裏返って?1:3となってしまいました。まあ体調が大分良くなったのと(いきなり回復)、3月頃からあえて写真を撮らないで、カヤックに力を入れてみようと実験的?やってみたのが効を奏したようです。

 となると今度は写真を撮らなくなる心配が出てきました。バランスよくやっていくというのが苦手な私。というわけで写真に対する熱意を失わない為に、時々プリントをしています。やはりフィルム写真ってのは楽しいものです。今年はカヤック:写真を2:1くらいでやれればと思っていますが、もう少しカヤックよりになりそうな予感です。

 それはそうと、GWの前半はソロで某所に行って来ます。場所を書いてしまうと、何故か「荒れる」のであえて書かないで。予想天気図を見る限り、日曜日はカヤック日和、月曜日は風が日曜日より強くなりそうです。日曜日真面目漕ぎで、月曜日ちょい漕ぎもしくは陸上観光を考えています。久々のソロ遠征(というほどでもなし、デイツーリングですし)にちとわくわくしてます。

 まあしかしこの2年間、ソロ漕ぎはあまりしていませんでしたが、今年はカヤックを始めた頃を思い出し、私の基本?に戻りソロ漕ぎを増やそうかと思っています。



                       
IMGP0083_20130425163825.jpg

さて写真は「マミヤプレス」というプレスカメラです。当分最後のカメラという事で、大分前に手に入れたカメラで、ブローニーフィルムの6×9仕様カメラです。これでいつか日本中のアマチュアファルト「いかれぽんち」の皆さんをインタビューしに行き、撮影、そしてファルトボート雑誌に掲載という「99パーセント妄想」の野望を抱いています・・・・。
  ちょっと御無沙汰しておりました。忘年会シーズン突入で疲れ気味、及び写真のプリント開始にともなう・・・まあ言い訳ですが。それから未だに11月の連休に行った瀬戸内行を書かないとと思いつつ、それはまたいつか・・。とりあえず再開としてのワンクッション。


            img790.jpg     img797.jpg


 写真は家の近くにある「簡易宿泊所」「木賃宿」です。右は「デゴイチ」ですね。神戸駅近くに展示?されています。SL来年こそは乗ってみようかな?まあ相変わらず屋上からの景色じゃない!

 最近、カヤックのメンテはおざなりで、漕いで帰ってきてもザックをあけるまではいいのですが、そのまま入れっぱなし・・・反省しきりです。シーショアの金属パーツが疲労で割れてしまったので、来年のフジタカヌー工場見学にて治してもらうとしましょう。工場見学中にサックと直してもらう・・・いつもながらのことですが、あり難いものです。それにしても寒くなってきたので、さらにメンテをサボりそうですが、ちと頑張ってやるとしましょう。まてよとドライスーツを着ながらメンテ、これなら水がかかっても問題なし。いいかもしれないですね。そろそろドライの季節ですから。


 
 いなくなった「マリア」様

 自宅の近くに「木賃」宿があり(大分前に営業は終了)、戦後の雰囲気を色濃く残しているのです。よくここの写真を撮ってますが、ある日、うちの兄が「マリア像」あるぞ、やたら存在感があるぞと聞いていってみると、そこには木製のマリア像が木賃宿の前に立っておりました。それは神々しいというよりもなんともいえない「存在感」をかもし出しており、ついつい手を合わせたくなる像でした。

 光線状況や天気の問題もあり、3連休後に撮影しようと思っていたら、既に「いなく」なってました。それはそれは不思議な出来事、いや誰かが捨てて誰かが持っていったというだけといえばそれまでですが。凄く印象に残った出来事でした。まるで何かを私に伝えに来て、去っていったように・・・。


 超軽量ダッキー「パックラフト」

 以前御一緒させていただいた、さすプーさんが所有されていました。今度カヤックコウノトリにて取り扱うということです。早速スペリオ480ユーザーのS君に伝えると凄く興味を持った模様。しかしS君足が長いので、果たして乗れるかどうか?それが問題だ。

 それはともかく種類によって違うが、重めでも3kg台という超軽量ダッキー。てっきり小さな湖やそれなりの流れのある川用かと思いきや、ホワイトウォーター対応だとは。

            DSCF1130.jpg     DSCF1140.jpg

 で実際乗せていただく機会がありましたので、桜ノ宮にて試乗させていただきました。ええと、詳しくは次回に書きますが、やたらと楽しいカヤックです。指先一つでダウンならぬ、持ち上げられるのは素晴らしい。そしてコンパクトなのは言うまでも無いと。それから「山屋の執念」・・・・。このままうっかりインプレに突入しそうですが、とりあえず今回はこんな所で。いただいた写真2枚ほど載せて置きます。パックラフとに敬意を表して「ドライスーツ」にて試乗。ゆうなれば最敬礼といったところでしょうか?ちと欲しい物がふえてしまいました。

 まあ金額的にも手が出ないわけではないのですが、当方、折畳み自転車「プロンプトン」も欲しいし。そしてやってしまったのです・・・・


 白いレンズはキャノンの誇り「サンニッパ」


                P1080810.jpg

 「サンニッパ」・・写真を撮るものには最早説明不要の超望遠300mm 開放F2.8レンズのことです。電車や飛行機、鳥やスポーツ撮影を撮る人が良く使うレンズです。まあ鳥や飛行機はテレコンかますことが多いのでしょうが。

 カサラノデイの今年最終回に横断後上陸した浜に「超望遠」レンズで鳥を撮影されていた方々がいらっしゃったのですが、そのとき他のユーザーの方とサンニッパの必要性を何故か話し合ったりしてました。正直当方には必要はないかとそのときはいいましたが、。しかしいつか1本手に入れて使ってみるのもよいとは思っていたのです。

 その後機会がありキャノンのF-1を手に入れて、これがまた「こういうカメラを待っていた」というほど当方にあっていたりしたのです。そうであれば「サンニッパ」はF-1用でいいのではないかと。AFの最新式サンニッパは凄い値段ですが、F-1で使えるのはMFタイプで手が届かないほどでもない値段です。

 丁度そのときにいい出物があり、うっかりいってしまった次第。という事でとりあえず無理やり町中撮影開始・・・・・意外と使えます。300mmという焦点距離ですから、構図うんぬんはある程度あきらめないといけないですが、逆に面白かったりします。写りは秀逸なのは言うまでもありません。サンニッパはメーカーのプライドがかかっているレンズゆえに、性能面では少なくとも出た当初はレンズ界屈指の写りをします。まあ気分はスナイパーですなこれは。手持ち撮影も問題なし。当方の必殺?レンズの仲間入りです。

 
 と?こういうわけで金欠気味なわけです。後Gパも欲しいし。40になっても欲望は留まらず・・なんか一生このままで行ってしまいそうです、ほんと。 まあしかし久々にブログ書いてほっとしましたなあ・・。

                     IMGP0003_20120928125046.jpg

 この前の土日はグランストリーム主催のイベント「ナイトパドリング」「カサラノデイ」と2日連続で参加してきました。それについてそろそろ書こうかと思ってましたが、仕事がいそがしくなったり、その他の面倒な用事等でちと疲れ気味。というわけで息抜きともいうべき「屋上からの景色」です。


                     IMGP0001_20120928125047.jpg

 写真は愛用テント、アライテントの「トレックライズ1」です。土曜から日曜日にかけて、琵琶湖の某所にてキャンプ。暑がりの僕は、フライをつけずにインナーだけ起てて寝てましたが、夜間に雨がかなり降り、仕方無しにおきだしてフライをかけた次第。インナーだけでも開口部以外は浸水無し。流石はトレックライズでした。ただ正直もう少し前室が広ければいいのですが。タープ併用が吉ですね。まあそれにしてもまだまだ昼は気温が高いので、すぐに乾きます。

          
                     
                        IMGP0004_20120928125046.jpg

 この前の熊本といい、今回のイベントといい9月はカヤックはかなり充実していますが、写真はあまり撮れていません。しかしこっそりプリント準備?進行中。写真の引き伸ばし機、盆に東京の某中古カメラ店にて購入。値段はなんと3150円也・・・・。嬉しいやら悲しいやらです。後の必要品は殆どオークションにて手に入れました。連戦連敗でしたが、何故か最近安めの入札金額でもあっさり落札しまくりで、11月の自家プリント?開始まで全必要品が間に合いそうです。まあしかし大阪の中古店、そこそこありますが、暗室用品が殆ど売ってない(もしかしたら当方が知らないだけかも)ので、そのあたりの強い東京が羨ましい限りです。

 まあしかし今からはじめる銀塩プリント・・・・この時代逆行感がなんともいえません。

 
 ついでに盆に東京の友達とスカイツリーにいったものの、午後1時に受付で聞いたら「6時からのチケットあります」とのこと。
 5時間待ちですか!まあ予想はしていましたが。勿論待ちませんでした。


                     img789.jpg

 それからこの写真。左はスカイツリー、右はマスコミの社屋(だったかな)。真ん中の「金色のファルコ」は何者なのでしょう?

 それはそうと10月も今のところカヤック三昧となりそうです。まあ写真はもしかすると11月の3連休あたりに、再度熊本にでもいって「隠れキリシタンの里」でも撮ろうと企んでいるので、それくらいまではカヤック優先で行こうかと。まあそれにしても休みが増えたのはありがたいものです。さて次はいい加減「ナイトパドリングについて書いてみます。

 まあまあ久々の屋上からの景色です。うちの屋上はもしかしたら「てっちゃん」(鉄道マニア)には堪らないかも知れない場所です、どうでもいいことですが。


           IMG_0004.jpg     IMG_0009.jpg
 
 これは数日前の画像ですが、K2の船体布乾してました。梅雨明けで一気に暑くなってしまったので、あっという間に乾燥。そういった意味ではいいんですが、8月の日本海、もしかすると40℃オーバーなんてあるんじゃないかと思っていたりします。たまらんなあ・・。

 それからついに四十路突入となりました。その前後であれこれといろいろありまして、出費が嵩み、結構金欠状態かつ諸問題が積みあがりました。まあ別に深刻な案件があるわけではないのですが。

 この3連休は天気予報が二転三転、遠方に行かず携帯を「アイフォーン」に変えたのと写真撮影に行ったくらい。暑過ぎてフィルム2本くらいしか撮れませんでしたが。まあしかしアイフォーンへの移行が結構手間取り、結局これで休みの半分はとびました。7月22日に使用している携帯が電波の問題で使えなくなるので、どうせならスマホがいいだろうということで。カヤックでも天気予報が大きな画面で見れますので、強い力となりそうです。

 連休中は母校(大学)の近くにある、僕が「日本で一番おいしいと思っている」カレー店に行ってきました。それから母校をモノクロで撮影。構内にて高校生に道を聞かれて、何故か「僕が在校中、もしかしたらこの子達はまだ生まれていなかったのかもしれない」なんて思うと、卒業してから相当な年月が経っていることを改めて実感、ほんと早いもんです。人生後精々30年程度か。まさに「泡沫の夢」というやつですね。

 それからついにフェザークラフトから「カレント」がデビューしました。もともと確か6月半ばくらいだったはずですが。最後の詰めに時間をかけたのかな?それとも各地からのフィードバックを反映でもしたのかな?

 インプレッションはそのうち試乗させていただいてから書くとして、基本スペックはグランストリームHPを参照してください。船体布は信号色の青、黄、赤ですが、いきなり特別色?がHPに載ってます。これは「要相談」ということでしょうか?

 以前聞いていたのと違い「サイブレースバー」(膝をかけるフレームのこと)が標準装備というのが嬉しいところです。もともと操作性の高いカヤックですが、これでよりアップしますね。

 以前にも書きましたが、国産艇とフェザークラフト艇をともに検討している人の話を聞くと、大体どちらかは「とりあえず」検討しているという印象を受けてましたが(と言いつつ最近その予想が外れてきてます)、カレントが出ることにより、相当混迷を極めそうです。なかなか面白くなってきました、私的には。

 コンパクトかつ超軽量で組み立てが楽故に、二艇目以降の艇として手に入れる人にとって危険なのは、ついついカレントばっかり使ってしまうことでしょうか。

 今回はこんなところで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。